竹田篤司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹田 篤司(たけだ あつし、1934年 - 2005年6月3日)は、日本の哲学者、元明治大学教授。

愛知県生まれ。東京教育大学哲学科卒、同大学院仏文学専攻博士課程中退。明治大学教養部教授を務め、2005年定年退任後、膵臓癌のため死去した。

フランスのデカルトパスカルなどモラリスト哲学者を研究し、『怪傑デカルト』の型破りな翻訳も話題になった。

京都学派についても研究を進め、『往復書簡』(岩波書店 2002/岩波現代文庫(上下) 2012)を編み、野上弥生子田辺元の恋愛関係などを明らかにした。

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 省察と箴言 ヴォーヴナルグ 世界人生論全集 第9 筑摩書房 1963
  • モナドロジー ライプニッツ 清水富雄共訳 世界の名著 25 中央公論社 1969/中公クラシックス 2005
  • デカルト著作集 3 書簡集 白水社 1973、新版1993、増補版2003
  • 哲学講義 2 ポール・フルキエ 足立和浩共訳 筑摩書房 1976/ちくま学芸文庫 1997
  • ライプニッツ著作数8『アルノーとの往復書簡』 工作舎 1990 ISBN 978-4-87502-175-9
  • みつごのおてんばむすめ メルセ・コンパニュ 辻昶共訳 DEMPAペンタン
    • すてきないろのまち 1986
    • ちびっこオーケストラ 1986.11
    • もうすぐクリスマス 1986.11
    • おかねもうけはたいへん 1987.11
    • スポーツだいすき 1987.11
    • たのしいキャンプ 1987.11
    • いたずらだいすき 1989.9
    • いよいよようちえん 1989.9
    • こんにちはみなさん 1989.9
  • デカルトさんとパスカルくん 劇的対話 ジャン=クロード・ブリスヴィル 石井忠厚共訳 工作舎 1989
  • どこにいるのダビドくんシリーズ ドローレス・マヨルガ 辻昶共訳 ペンタン
    • ダビドくんといろいろなおはなし 1991.9
    • ダビドくんまちへいく 1991.9
    • ダビドくんのなつやすみ 1992.12
    • ダビドくんたびにでる 1992.12
  • 快傑デカルト 哲学風雲録 ディミトリ・ダヴィデンコ 中田平共訳 工作舎 1992.4
  • 裸眼のスペイン 燃えあがる「史」の開顕 フリアン・マリーアス 西沢竜生共訳 論創社 1992
  • パスカルの哲学 ジャン・ブラン 白水社・文庫クセジュ 1994.7
  • 憎悪の樹 アングロvsイスパノ・アメリカ フィリップ・ウェイン・パウエル 西沢竜生共訳 論創社 1995.6
  • 父が子に語る人間の生き方 1・2 フェルナンド・サバテール 河出書房新社 1996-1997