藤田正勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤田 正勝(ふじた まさかつ、1949年 - )は、日本哲学者思想史研究者。京都大学名誉教授

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルフリードリヒ・シェリングを中心としたドイツ哲学、思想史、日本哲学史を専門にしており、近年[いつ?]は主に西田幾多郎の研究を行っている。西田幾多郎全集(第3期)編集委員。日本哲学史フォーラム代表、日本シェリング協会会長、西田哲学会理事などを務める。

経歴[編集]

三重県出身。1972年に京都大学文学部哲学科卒業、1978年、同大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。1982年、西ドイツ・ボーフム大学大学院博士課程修了、博士号取得。

1983年に名城大学講師、次いで1988年京都工芸繊維大学助教授に就任。1991年、京都大学文学部助教授、1996年に京都大学文学研究科教授となる。2000年「経験・言葉・表現:日本哲学史研究の試み」で京都大学より文学博士を受けた。2015年定年退職。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『若きヘーゲル』創文社、1986年
  • 『現代思想としての西田幾多郎』講談社選書メチエ、1998年
  • 『西田幾多郎 生きることと哲学』岩波新書、2007年
  • 『西田幾多郎の思索世界 純粋経験から世界認識へ』岩波書店、2011年
  • 『哲学のヒント』岩波新書、2013年 
  • 清沢満之が歩んだ道 その学問と信仰』法藏館、2015年
  • 九鬼周造 理知と情熱のはざまに立つ〈ことば〉の哲学』講談社選書メチエ、2016年
  • 『日本文化をよむ 5つのキーワード』岩波新書、2017年

共著・編著[編集]

  • 『シェリングとヘーゲル』高山守共編著 晃洋書房、1995年
  • 『日本近代思想を学ぶ人のために』世界思想社、1997年(編集)
  • 『欲望・身体・生命』松丸壽雄共編、昭和堂、1998年
  • 『新しい教養のすすめ宗教学』細谷昌志共編、昭和堂、1999年
  • 『転換期としての日本近代』〈叢書転換期のフィロソフィー〉茅野良男共編、ミネルヴァ書房、1999年
  • 『知の座標軸 日本における哲学の形成とその可能性』〈シリーズ近代日本の知〉晃洋書房、2000年(編集)
  • 『京都学派の哲学』昭和堂、2001年(編集)
  • 『清沢満之――その人と思想』安冨信哉共編、法蔵館、2002年
  • 『九鬼周造の世界』坂部恵鷲田清一共編著、ミネルヴァ書房、2002年
  • 『東アジアと哲学』卞崇道高坂史朗共編、ナカニシヤ出版、2003年
  • 『世界のなかの日本の哲学』ブレット・デービス共編、昭和堂、2005年
  • 田辺元哲学選』全5冊、岩波文庫、2010年(編集)
  • 『『善の研究』の百年 世界へ/世界から』、京都大学学術出版会、2011年(編集)
  • 『思想間の対話 東アジアにおける哲学の受容と展開』 法政大学出版局、2015年(編集)
  • 『理解しやすい倫理 シグマベスト』文英堂、2015年(教科書編集)
  • 『総合生存学 グローバル・リーダーのために』京都大学学術出版会、2015年。川井秀一池田裕一共編

翻訳[編集]

  • W.イェシュケ編『論争の哲学史 カントからヘーゲルへ』高山守共監訳、理想社、2001年
  • 清沢満之『宗教哲学骸骨 現代語訳』法藏館、2002年
  • 九鬼周造『「いき」の構造』全注釈、講談社学術文庫、2003年
  • 清沢満之『他力門哲学骸骨 現代語訳』法藏館、2003年
  • 清沢満之『精神主義 現代語訳』法藏館、2004年
  • 清沢満之『わが信念 現代語訳』法藏館、2005年
  • 清沢満之『在床懺悔録 現代語訳』法藏館、2007年
  • 『シェリング著作集 第4a巻 自由の哲学』薗田坦岡村康夫共訳、燈影舎、2011年

外部リンク[編集]