善の研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

善の研究』は、日本哲学者である西田幾多郎が著した哲学書。1911年(明治44年)刊。

特徴[編集]

西田哲学の最初期のもので、日本初の独創的な哲学体系。 当初は『純粋経験と実在』という題名のもとに構想されていたが、出版社の弘道館が反対したため、この名に改題された。 観念論唯物論の対立などの哲学上の根本問題の解決を純粋経験に求め、主客合一などを説いて、知識道徳宗教の一切を基礎づけようとした。 イマヌエル・カントの『純粋理性批判』と並び、戦前の日本では学生の必読書とされた[1]

構成[編集]

  1. 第一編 純粋経験
    1. 第一章 純粋経験
    2. 第二章 思惟
    3. 第三章 意志
    4. 第四章 知的直観
  2. 第二編 実在
    1. 第一章 考究の出立点
    2. 第二章 意識現象が唯一の実在である
    3. 第三章 実在の真景
    4. 第四章 真実在は常に同一の形式を有つて居る
    5. 第五章 真実在の根本的方式
    6. 第六章 唯一実在
    7. 第七章 実在の分化発展
    8. 第八章 自然
    9. 第九章 精神
    10. 第十章 実在としての神
  3. 第三編 善
    1. 第一章 行為上
    2. 第二章 行為下
    3. 第三章 意志の自由
    4. 第四章 価値的研究
    5. 第五章 倫理学の諸説其一
    6. 第六章 倫理学の諸説其二
    7. 第七章 倫理学の諸説其三
    8. 第八章 倫理学の諸説其四
    9. 第九章 善(活動説)
    10. 第十章 人格的善
    11. 第十一章 善行為の動機(善の形式)
    12. 第十二章 善行為の目的(善の内容)
    13. 第十三章 完全なる善行
  4. 第四編 宗教
    1. 第一章 宗教的要求
    2. 第二章 宗教の本質
    3. 第三章 神
    4. 第四章 神と世界
    5. 第五章 知と愛

書誌情報[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧制高校卒の三浦朱門は、本著などが旧制高校生の必読書とされていたと述懐している。三浦朱門.【書評】『旧制高校 真のエリートのつくり方』喜多由浩著産経新聞2013年(平成25年)7月28日,11面12版.
執筆の途中です この「善の研究」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。