ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハ
Ludwig Andreas Feuerbach
フォイエルバッハ
生誕 (1804-07-28) 1804年7月28日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国バイエルン選帝侯領 ランツフート
死没 (1872-09-13) 1872年9月13日(満68歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 レッヒェンベルク
時代 19世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 青年ヘーゲル派
唯物論無神論
ヒューマニズム
研究分野 宗教哲学キリスト教神学
唯物論唯心論
テンプレートを表示

ルートヴィヒ・アンドレアス・フォイエルバッハLudwig Andreas Feuerbach, 1804年7月28日 - 1872年9月13日)は、ドイツ哲学者青年ヘーゲル派の代表的な存在である。刑法学者のアンゼルム・フォイエルバッハの四男。

ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの哲学から出発し、のちに決別。唯物論的な立場から、特に当時のキリスト教に対して激しい批判を行った。また現世的な幸福を説くその思想は、カール・マルクスフリードリヒ・エンゲルスらに多大な影響を与えた。

生涯[編集]

現在のバイエルン州ランツフートに生まれる。1823年ハイデルベルク大学、翌年にはベルリン大学にて神学を学ぶ。ベルリン大学でヘーゲルの講義を聴き、影響を受ける。その後も哲学の研究に勤しむとともに、エアランゲン大学にて生理学をはじめとする自然科学にも親しむ。1828年にはエアランゲン大学にて「統一的・普遍的・無限的理性について」で博士号を取得、翌年より同大学で私講師を勤める。

しかし、1830年に匿名で出版した『死および不死についての考察』[1]が、伝統的なキリスト教の批判をした部分が問題となり、これが原因で失職。以後は著述家として生計を立てる。1837年陶磁器工場を経営する女性と結婚。工場経営にも生活の糧を求めた。

1839年には青年ヘーゲル派の機関誌『ハレ年報』において、『ヘーゲル哲学批判のために』を発表[2]1841年には主著『キリスト教の本質』を刊行。たちまち、青年ヘーゲル派の人をはじめ、多くの若年の学者に歓迎される一方で、保守的な学者や神学者から激しい非難を受けた。

また1843年には、『哲学改革のための暫定的テーゼ』『将来の哲学の根本命題』を刊行[3]人間主義的唯物論の代表的な存在になる。ただ、1860年に妻の経営する工場が破綻、経済事情が一気に悪化する。その後1866年には『唯心論と唯物論』を発表するが、以後は病床に就き、貧困のうちにニュルンベルク近郊のレッヒェンベルク (Rechenberg)で死去した。

思想[編集]

フォイエルバッハはかねてから、かつての師ヘーゲルの抽象的な精神・理念を主体として捉えて、その自己展開の過程によって歴史や自然・世界を見る考え方に疑問を抱いていた。これら抽象的な精神は元々人間の働きであるものなのに、ヘーゲル哲学では独立して考えられていると考え「人間の自己疎外」という表現で批判する。著述家になってからフォイエルバッハは、このヘーゲルの哲学批判を開始する。

1848年3月革命には関心を示したが、基本的に生涯を通じてフォイエルバッハは、政治的・社会的な立場には関心がなかった。そのためマルクスら革命家政治家と行動をともにすることはなかったが、マルクスらの史的唯物論への影響は大きい。その晩年には、アウグスト・ベーベルらの結成したマルクス主義政党・ドイツ社会主義労働者党に入党した。

主な著作[編集]

  • 『ヘーゲル哲学の批判―他1篇』佐野文夫訳、岩波文庫、1933年。
  • 『キリスト教の本質』上巻・下巻、船山信一訳、岩波文庫、1965年。
  • 『将来の哲学の根本命題――他二篇』松村一人和田楽訳、岩波文庫、1967年。
  • 『唯心論と唯物論』船山信一訳、岩波文庫、1977年。

参考文献[編集]

  1. ^ ズィモン・ラヴィドヴィッツ 『ルードヴィヒ・フォイエルバッハの哲学 上』 新地書房、1983年、14p。
  2. ^ ズィモン・ラヴィドヴィッツ 『ルードヴィヒ・フォイエルバッハの哲学 上』 新地書房、1983年、82p。
  3. ^ ズィモン・ラヴィドヴィッツ 『ルードヴィヒ・フォイエルバッハの哲学 上』 新地書房、1983年、135p。
  • 石塚正英・河上睦子・柴田隆行編『神の再読・自然の再読:いまなぜフォイエルバッハか』理想社、1995年、参照。
  • フォイエルバッハの会編『フォイエルバッハ:自然・他者・歴史』理想社、2004年、参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]