松村一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松村 一人(まつむら かずと、1905年7月11日 - 1977年6月22日)は、日本の哲学者法政大学名誉教授。

来歴[編集]

山口県出身。1933年東京帝国大学哲学科卒。プロレタリア科学研究所唯物論研究会に参加。戦後は民主主義科学者協会哲学部会の雑誌「理論」の編集に関わる。64年法政大教授毛沢東主義者であった。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大事典:[1]