宇都宮芳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇都宮 芳明(うつのみや よしあき、1931年 - 2007年)は、日本の哲学者・倫理学者。北海道大学名誉教授。実存主義研究、カント研究を専門とし、多数の業績を残した。岩波書店から上梓した『カントと神 理性信仰・道徳・宗教』で第12回(1999年度)和辻哲郎文化賞を受賞する。

来歴[編集]

東京生まれ。1954年東京大学文学部哲学科卒業、1959年同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学助手、北海道大学専任講師。助教授、教授を経て、95年定年退官、名誉教授。放送大学客員教授、北海道情報大学教授。教え子に、カント研究者の新田孝彦などがいる。

著書[編集]

  • ヤスパース 人と思想』(清水書院センチュリーブックス、1969、新装版2014)
  • 『哲学の視座』(弘文堂選書、1978)
  • 『人間の間と倫理―倫理基準の検討と倫理理論の批判』(以文社、1980)
  • フォイエルバッハ 人と思想』(清水書院センチュリーブックス、1983、、新装版2016)
  • 『倫理学入門』(放送大学、1997/ちくま学芸文庫、2019)
  • 『カントと神 理性信仰・道徳・宗教』(岩波書店、1998)
  • 『テキスト哲学』(丸善プラネット、2002)
  • 『カントの啓蒙精神―人類の啓蒙と永遠平和にむけて』(岩波書店、2006)
  • 『人間の哲学の再生にむけて―相互主体性の哲学』(世界思想社、2007)

編著[編集]

  • 『西洋倫理思想―その歴史と形態』(弘文堂、1980)(弘文堂入門双書)
  • 倫理学を学ぶ人のために』熊野純彦共編(世界思想社、1994)
  • 『カント哲学のコンテクスト』熊野純彦・新田孝彦共編(北海道大学図書刊行会、1997)

翻訳[編集]