熊野純彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

熊野 純彦(くまの すみひこ、1958年11月10日[1] - )は、日本哲学者倫理学者東京大学大学院人文社会系研究科教授神奈川県出身。

経歴[編集]

神奈川県横須賀市生まれ、鎌倉市に育つ。栄光学園中学校・高等学校を経て、東京大学に入学、1981年文学部倫理学専修課程卒業、1986年同大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。1990年北海道大学助教授1996年東北大学助教授、2000年東京大学助教授、2007年教授。2015-17年度文学部長・人文社会系研究科長。2018年-東京大学附属図書館長。

レヴィナスカントマルクスなど、ドイツ、フランスの近代の哲学者を中心に論じており、哲学史に関する著作や翻訳も多い。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『レヴィナス-移ろいゆくものへの視線』岩波書店、1999年、新装版2012年/岩波現代文庫、2017年
  • 『レヴィナス入門』ちくま新書、1999年
  • ヘーゲル <他なるもの>をめぐる思考』筑摩書房、2002年
  • 『カント 世界の限界を経験することは可能か <シリーズ・哲学のエッセンス>』日本放送出版協会、2002年
  • 『差異と隔たり 他なるものへの倫理』岩波書店、2003年
  • 『戦後思想の一断面 哲学者廣松渉の軌跡』ナカニシヤ出版、2004年
  • メルロ=ポンティ 哲学者は詩人でありうるか? <シリーズ・哲学のエッセンス>』日本放送出版協会、2005年
  • 『西洋哲学史-古代から中世へ』岩波新書、2006年
  • 『西洋哲学史-近代から現代へ』岩波新書、2006年
  • 和辻哲郎-文人哲学者の軌跡』岩波新書、2009年
  • 埴谷雄高-夢みるカント』講談社〈再発見日本の哲学〉、2010年/講談社学術文庫、2015年
  • 『マルクス 資本論の思考』せりか書房、2013年
  • 『カント-美と倫理とのはざまで』講談社、2017年
  • 『マルクス 資本論の哲学』岩波新書、2018年
  • 本居宣長作品社、2018年

共編著[編集]

  • 『倫理学を学ぶ人のために』宇都宮芳明共編、世界思想社、1994年
  • 『カント哲学のコンテクスト』宇都宮芳明、新田孝彦共編 北海道大学図書刊行会、1997年
  • 『差異のエチカ』吉澤夏子共編 ナカニシヤ出版、2004年
  • 『悪と暴力の倫理学』麻生博之共編 ナカニシヤ出版、2006年
  • 『死生学2 死と他界が照らす生』 下田正弘共編 東京大学出版会、2008年 
  • 『廣松渉哲学論集』編 平凡社ライブラリー、2009年
  • 『現代哲学の名著-20世紀の20冊』編 中公新書、2009年
  • 『日本哲学小史-近代100年の20篇』編 中公新書、2009年
  • 『近代哲学の名著』編 中公新書、2011年
  • 『西洋哲学史』神崎繁鈴木泉共編 講談社選書メチエ(全4巻)、2011-2012年
  • 『人文知3 境界と交流』佐藤健二共編 東京大学出版会、2014年

監修ほか[編集]

  • 『岩波講座「哲学」』(全12巻) 岩波書店、2008-2009年。編集委員
  • 『高等学校 新倫理』 山田忠彰菅野覚明と共同監修 清水書院、2014年

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年

外部リンク[編集]