和辻哲郎文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

和辻哲郎文化賞(わつじてつろうぶんかしょう)は、1988年兵庫県姫路市が市制百年記念と和辻哲郎生誕百年を記念して創設した学術賞。一般部門と学術部門に分かれる。かつて司馬遼太郎が選考委員を務めた。正賞の「蒔絵源氏絵千姫羽子板」と副賞100万円などが贈られる。

部門と選考委員[編集]

以下、※は故人。

一般部門[編集]

和辻哲郎が文学、歴史、芸術などさまざまな領域において横断的かつユニークな著作を世に問い、広範な読者に訴えかけたスケールの大きな学者であったことに鑑み、文化一般におけるすぐれた著作に与えられる。

選考委員[編集]

学術部門[編集]

和辻哲郎が専門とした哲学倫理学宗教思想比較文化といった領域での学術的水準を備えた、すぐれた論文に与えられる。

選考委員[編集]

受賞者[編集]

外部リンク[編集]