三浦篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 篤(みうら あつし、1957年5月20日 - )は、日本の美術史学者、東京大学教授。専門は西洋近代美術史、日仏美術交流史。

経歴[編集]

島根県大田市生まれ[1]1981年、東京大学教養学部教養学科フランス科卒業。1990年、同大学大学院美術史学博士課程中退。パリ第4大学美術考古学研究所で西洋美術史を学び、1997年博士号取得。1993年、東京大学教養学部助教授。2006年、同総合文化研究科教授。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 『まなざしのレッスン① 西洋伝統絵画』(東京大学出版会、2001)
  • 『近代芸術家の表象 マネファンタン=ラトゥールと1860年代のフランス絵画』(東京大学出版会、2006)
  • 『名画に隠された「二重の謎」』(小学館101ビジュアル新書、2012) 
  • 『まなざしのレッスン② 西洋近現代絵画』(東京大学出版会、2015)
  • 『西洋絵画の歴史3 近代から現代へと続く問いかけ』(小学館101ビジュアル新書、2016)。高階秀爾監修
  • 『エドゥアール・マネ 西洋絵画史の革命』(角川選書、2018)

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ゴッホ』パスカル・ボナフ、渡部葉子共訳(中央公論社、1991)
  • マネ』ジョン・リチャードソン、田村義也共訳(西村書店、1999、新装版2012)
  • ジョン・リウォルド『印象派の歴史』坂上桂子共訳(角川学芸出版、2004)
  • ジェームズ・H.ルービン『クールベ岩波書店〈岩波世界の美術〉、2004)
  • ナタリー・エニック『ゴッホはなぜゴッホになったか-芸術の社会学的考察』(藤原書店、2005)
  • ゾラ・セレクション9 美術論集』藤原貞朗共訳(藤原書店、2010) 

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.344

外部リンク[編集]