亀井俊介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

亀井 俊介(かめい しゅんすけ、1932年8月14日 - )は日本比較文学者、アメリカ文学者、アメリカ大衆文化研究者、東京大学教養学部名誉教授、岐阜女子大学教授。

来歴・人物[編集]

岐阜県中津川市生まれ。新制岐阜県立中津高等学校卒業。1953年、東京大学文学部英文科卒。1952年、同大学院比較文学比較文化専攻修士課程修了。はじめ詩人を目指していた。

同大学院比較文学比較文化専攻博士課程在学中に休学し、セントルイスのワシントン大学に留学[1]。メリーランド大学大学院などをへて、1962年に帰国して大学院に復学。1963年、東京大学大学院比較文学比較文化専攻博士課程、単位取得退学。

1963年東大教養学部助教授、84年教授、93年定年退官、名誉教授、東京女子大学教授、2003年岐阜女子大学教授。師の一人に島田謹二がいる。

1971年に『近代文学におけるホイットマンの運命』で日本学士院賞を受賞している。1973年には日本学術振興会派遣海外研究員として、ニューヨーク州立大学オルバニー校に留学して、アメリカ大衆文化研究の先駆けとなった。

著書多数あり、アメリカ大衆文化に詳しく、性革命に関する著作もあり、『マリリン・モンロー』を出したときは、東大教授が岩波新書から出したというので話題になった。

司馬遼太郎の愛読者でもあり、新潮文庫版の『』や『アメリカ素描』の解説を書いている。また日本女子大学教授だった妻亀井規子(旧姓山名、規子の父は法学者の山名寿三)の死後、遺著「ヴィクトリア朝の小説」(研究社)を刊行している。手記『わが妻の「死の美学」』を出した。

2007年にはその研究活動の出発点であった「アメリカ産の日本詩人」ヨネ・ノグチ(日本名野口米次郎イサム・ノグチの父)の復権を目指し、『ヨネ・ノグチ英文著作集』全6巻を編集、別冊日本語解説を書いた。

受賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『近代文学におけるホイットマンの運命』研究社出版 1970
  • 『ナショナリズムの文学』研究社出版 1971、講談社学術文庫 1988
  • 『アメリカの心日本の心』日本経済新聞社 1975、講談社学術文庫 1986
  • 『サーカスが来た! アメリカ大衆文化覚書』東京大学出版会 1976、文春文庫 1980、岩波同時代ライブラリー 1992、平凡社ライブラリー 2013
  • 『内村鑑三 明治精神の道標』中公新書 1977
  • 『摩天楼は荒野にそびえ わがアメリカ文化誌』日本経済新聞社 1978、旺文社文庫 1984
  • 『自由の聖地 日本人のアメリカ』研究社出版 1978
  • 『メリケンからアメリカへ 日米文化交渉史覚書』東京大学出版会 1979
  • 『バスのアメリカ』冬樹社 1979、旺文社文庫 1984
  • 『カバンひとつでアメリカン』冬樹社 1982
  • 『本のアメリカ』冬樹社 1982
  • 『アメリカのイヴたち』文藝春秋 1983
  • 『ハックルベリー・フィンは、いま』講談社 1985、講談社学術文庫 1991
  • 『マリリン・モンロー』岩波新書 1987
  • 『ピューリタンの末裔たち アメリカ文化と性』研究社出版 1987
  • 『亀井俊介の仕事』全5巻 南雲堂
1 荒野のアメリカ 1987
2 わが古典アメリカ文学 1988
3 西洋が見えてきた頃 1988
4 マーク・トウェインの世界 1995
5 本めくり東西遊記 1990
  • 『性革命のアメリカ ユートピアはどこに』講談社 1989
  • 『「金メッキ時代」への私的考察』PHP研究所 1990
  • 『アメリカ人の知恵 荒野と摩天楼の夢案内』ベストセラーズ(ワニ文庫) 1990
  • 『現代の風景 亀井俊介コラム集』河合出版 1991
  • 『わが妻の「死の美学」』リバティ書房 1993
  • アメリカン・ヒーローの系譜』研究社出版 1993
  • 『アメリカの歌声が聞こえる』岩波書店 1994
  • 『アメリカ文学史講義』(全3巻)南雲堂 1997~2000
  • 『アメリカ文化と日本 「拝米」と「排米」を超えて』岩波書店 2000
  • 『ニューヨーク』岩波新書 2002
  • 『わがアメリカ文化誌』岩波書店 2003
  • 『ひそかにラディカル? わが人生ノート』南雲堂 2003
  • 『アメリカでいちばん美しい人 マリリン・モンローの文化史』岩波書店 2004
  • 『わがアメリカ文学誌』岩波書店 2007
  • ハックルベリー・フィンのアメリカ 「自由」はどこにあるか』中公新書 2009
  • 『英文学者 夏目漱石松柏社 2011
  • 『ヤンキー・ガールと荒野の大熊 アメリカの文化と文学を語る』南雲堂 2012
  • 有島武郎 世間に対して真剣勝負をし続けて』ミネルヴァ書房「ミネルヴァ日本評伝選」 2013
  • 『日本近代詩の成立』南雲堂 2016
  • 『亀井俊介 オーラル・ヒストリー』研究社 2017 

共著・編著[編集]

  • 編『現代比較文学の展望』研究社出版 1972/「現代の比較文学」講談社学術文庫 1994
  • 芳賀徹平川祐弘小堀桂一郎共編『講座比較文学』全8巻 東京大学出版会 1973-76
  • 斎藤真本間長世と責任編集『日本とアメリカー比較文化論』全3巻 南雲堂 1973
  • 本間長世共編『アメリカの大衆文化』研究社出版 1975
  • 平川祐弘・小堀桂一郎共編『文章の解釈』東京大学出版会 1977
  • 加藤秀俊共編『日本とアメリカ』日本学術振興会 1977
  • 編『アメリカ古典文庫23 日本人のアメリカ論』研究社出版 1977
  • 鶴見俊輔共著『アメリカ』文藝春秋 1980
  • 編『横断鉄道の時代 (人物アメリカ史 3)』集英社 1984
  • 編『日米文化交流事典』南雲堂 1988
  • 編『パチンコけんけん学々』善本社 1990
  • 鈴木健次共編『自伝でたどるアメリカン・ドリーム』河合出版 1992
  • 編『アメリカの文化 現代文明をつくった人たち』弘文堂 1992
  • 編著『アメリカン・ベストセラー小説38』丸善ライブラリー 1992
  • 編『近代日本の翻訳文化 (叢書比較文学比較文化 3)』中央公論社 1994。退官記念論文集
  • 紀平英作共著『世界の歴史23 アメリカ合衆国の膨張』中央公論新社 1998、中公文庫 2008
  • 小池滋川本三郎共著『文学を旅する』朝日選書 2002
  • 沓掛良彦共著『名詩名訳ものがたり 異郷の調べ』岩波書店 2005
  • 編『ヨネ・ノグチ(野口米次郎)英文著作集:詩集・小説・評論』東京:Edition Synapse, 2007
    • 全6巻+別冊解説 Collected English Works of Yone Noguchi: Poems, Novels and Literary Essays
  • 編『アメリカ文化史入門 植民地時代から現代まで』昭和堂 2006
  • 編『アメリカの旅の文学 ワンダーの世界を歩く』昭和堂 2009
  • 編『「セックス・シンボル」から「女神」へ-マリリン・モンローの世界』昭和堂 2010

翻訳[編集]

  • ルーシー・M・ボストン『グリーン・ノウ物語』評論社
1、グリーン・ノウの子どもたち 1972
2 グリーン・ノウの煙突 1977
3 グリーン・ノウの川 1970
4 グリーン・ノウのお客さま 1968
5 グリーン・ノウの魔女 1969

監修[編集]

  • 『アメリカ古典大衆小説コレクション』巽孝之と共同監修 松柏社、2003-07年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『亀井俊介オーラル・ヒストリー 戦後日本における一文学研究者の軌跡』

参考[編集]

  • 『わが妻の「死の美学」』(半自伝)
  • 「亀井俊介教授著作目録:1953年-1992年」『比較文學研究』(63)1993-06
  • 「亀井俊介教授著作目録1993-2003年」 (亀井俊介教授古稀記念号)『Aurora』(8), 2004
  • 小谷野敦『東大駒場学派物語』新書館