咸臨丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
咸臨丸
1960年発行、日米修好通商百周年記念切手のうち、咸臨丸を描く切手
1960年発行、日米修好通商百周年記念切手のうち、咸臨丸を描く切手
基本情報
建造所 船体:ホップ・スミット造船所[1](オランダ・キンデルダイク[2])
その他:ヘレフートスライス海軍工廠[1]
運用者 江戸幕府[2]
艦種 コルベット[2]
建造費 買価:100,000ドル[3]
艦歴
発注 1855年江戸幕府[2]
起工 1855年[4]
竣工 1857年3月[5](安政4年2月[1])
就役 安政4年9月5日受領[3]
最期 1871年沈没
要目(出典の無い値は[1]による)
排水量 625英トン
トン数 620トン[6]
全長 48.80m(船首飾の先端から船尾端まで)
垂線間長 41.00m(中甲板と船首材の交点から船尾端まで)
型幅:8.50m
最大幅 8.74m
深さ 5.60m(キール下面から上甲板下面まで)
5.00m(キール上面から同)
吃水 前部:3.40m、後部:3.85m
ボイラー 箱型煙管式(鉄製) 2基
主機 2気筒横置傾斜直動機関 1基
推進 2翼引き上げ式プロペラ、1軸
出力 100馬力(公称馬力と推定)
帆装 3檣バーク
速力 6ノット[7]
燃料 石炭
乗員 オランダ海軍定員:85名
江戸幕府時:約95名
太平洋横断時:96名
兵装 砲 12門[8]
1857年推定:30ポンド・カロネード砲 8門、12ポンド長カノン砲 4門[注釈 1]
その他 船材:
テンプレートを表示

咸臨丸(かんりんまる)は、幕府海軍が保有していた軍艦木造バーク式の3本マストを備えた蒸気コルベットである。旧名(オランダ語名)、Japan(ヤパン号。ヤッパン号、ヤーパン号とも)。「咸臨」とは『易経』より取られた言葉で、君臣が互いに親しみ合うことを意味する。

概要[編集]

洋式の軍艦としては、観光丸(外輪船)に次ぐ2番艦であるが、洋式のスクリューを装備する船としては初の軍艦である(スクリューは入出航時に主に使用され、航海中は抵抗を減らすため水線上に引き上げる構造になっていた)。

姉妹艦には朝陽丸(旧称エド号)及び電流丸(旧称ナガサキ号)がある。

幕府の船として初めて太平洋を往復したことから名を知られる。幕府の練習艦として用いられた後、戊辰戦争に参加するものの、軍艦としての機能は他艦に劣り、既に運送船の役割を担っていた咸臨丸は新政府軍によって拿捕される。明治政府に接収された後、開拓使の輸送船となった。

艦型[編集]

1989年に同型艦「バリ」の図面などがオランダで見つかり、2005年に公表されるなどにより[9]、従来不明であった船体寸法などが明らかになってきた[1]。 その内容は右表の通り。

なお、それ以前に伝えられていた主な要目は以下の通り。

  • 『日本近世造船史 明治時代』:長さ163 ft (49.68 m)、幅24 ft (7.32 m)、3檣スクーナー型、100馬力[2]
  • 『日本海軍艦船名考』:長さ27間半(約50.0m)、幅4間(約7.27m)、100馬力[8]
  • 「日本とIHCオランダ社の海事交流の歴史」:長さ48.80m、幅8.74m、高さ5.60m、トン数620トン、3檣ダブル・トップスル・スクーナー[6]

艦歴[編集]

サラキ岬にある、「咸臨丸終焉の地」を示す案内板。

江戸幕府[編集]

米国派遣[編集]

日米修好通商条約の批准書を交換するため、遣米使節団が派遣されることになった際、正使一行はアメリカ軍艦ポーハタン号に乗艦することになっていたが、同艦の随伴艦として、幕府海軍の練習航海も兼ねて、本艦も派米された。士官はいずれも長崎海軍伝習所の教員がそのまま乗船していたが、出発前に「軍艦奉行」に昇進して遣米副使としての任も与えられた木村摂津守を除いて、艦内組織は未整頓のままであり、教員の主席にあたる「軍艦操練所教授方頭取」であった勝海舟が先任士官として運用の実質的責任者となったものの、指揮系統の混乱を招いた[10]。なお対外的には、通訳の中浜万次郎(ジョン万次郎)は勝が艦長、木村が提督との説明で押し通している[11]

旧暦1月13日品川を出帆、旧暦1月19日浦賀を出港し、旧暦2月26日(太陽暦3月17日)にサンフランシスコに入港した。往路は38日間・4,629海里 (8,573 km)の航海であったが、出港直後から荒天に見舞われ、艦の各所が破損したほか、日本人の乗員は疲労と船酔いでほとんど行動不能に陥り、艦の運用は、技術アドバイザーとして乗船していたジョン・ブルック大尉指揮下のアメリカ人乗員が代行した。また上記の指揮系統の未整頓もあって、当初は組織だった当直体制が確立されておらず、荒天下での艦の運用に支障を来した[10]

復路はハワイ経由での航海となった。往路で同乗したアメリカ人水夫のうち5名を雇った以外は日本人のみでの運用となっており、往路の反省から、アメリカ滞在中に得た知見も踏まえて、当直などの運用体制が整備されたものの、45日間・6,146海里 (11,382 km)の航海はおおむね好天に恵まれ、その練度向上を確かめる機会はなかった[10]

この派米任務は、往復83日間・合計10,775海里 (19,955 km)の大航海を成功させたことで、幕府海軍に大きな自信を与えた。しかし一方で、往路でのアメリカ人乗員による助力は過小評価され、航海・運用の技量不足という重大な問題点が見過ごされたことは、蝦夷共和国時代に艦隊主力を海難で喪失する遠因となるなど、大きな禍根を残すこととなった[10]

小笠原派遣[編集]

戊辰戦争[編集]

明治政府[編集]

その後[編集]

  • 1887年(明治20年)、清水次郎長が清水市興津の清見寺に咸臨丸乗組員殉難碑を建立。
  • 1984年(昭和59年)、サラキ岬沖で鉄製の朽ちたが発見され、咸臨丸のものかと話題になる。
  • 2006年(平成18年)9月20日、錨は咸臨丸のものと発表される[13][14]

特記事項[編集]

伝『1860年 桑港碇泊中の咸臨丸』
軍艦筑波
  • 右の白黒写真は、咸臨丸が1860年(安政7年)にサンフランシスコ(桑港)で碇泊中に撮影されたものとして、1926年(大正15年)にサンフランシスコで開催された在米日本人発展史料展覧会において公表されたものである。しかし、咸臨丸について徹底した調査を行った文倉平次郎は、この写真は咸臨丸ではなく、イギリスから購入した軍艦筑波1887年(明治20年)に同地で碇泊しているときに撮影されたものであると指摘した。
  • 与島にかつて存在した瀬戸大橋フィッシャマンズワーフに同名の観光船が就航していた。これは、地元の塩飽諸島から35名の水夫が咸臨丸に乗り組んだ歴史的背景にちなむものである。1988年から2008年まで就航していたが、採算性の悪化や各部の劣化によって運行停止となった[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ #元綱(2010-11)による。姉妹船朝陽丸と同一砲と推定。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 合田, 一道『咸臨丸 栄光と悲劇の5000日』北海道新聞社〈道新選書 37〉、2000年11月。ISBN 4-89453-125-9
  • 浅井将秀/編『日本海軍艦船名考』東京水交社、1928年12月。
  • 片桐一男「幕末の異国船に対する検問書類と咸臨丸」『海事史研究第9号』1969年10月。
  • 金澤, 裕之『幕府海軍の興亡:幕末期における日本の海軍建設』慶應義塾大学出版会、2017年、71-99頁。ISBN 4766424212
  • 造船協会『日本近世造船史 明治時代』明治百年史叢書、原書房、1973年(原著1911年)。
  • 土居, 良三咸臨丸 海を渡る中央公論社〈中公文庫〉、1998年12月18日。ISBN 4-12-203312-8 - 和辻哲郎文化賞受賞。
  • 日本舶用機関史編集委員会/編『帝国海軍機関史』明治百年史叢書 第245巻、原書房、1975年11月。
  • 橋本, 進『咸臨丸還る 蒸気方 小杉雅之進の軌跡』中央公論新社、2001年2月。ISBN 4-12-003107-1
  • 文倉, 平次郎『幕末軍艦咸臨丸』巌松堂、1938年。
  • 松浦, 玲勝海舟筑摩書房、2010年。ISBN 978-4-480-88527-2
  • 元綱数道「近年明らかになった咸臨丸の主要目、構造等について」『LA MER2010 11-12』2010年11月。
  • 聞き手・山田廸生「長年の執念で咸臨丸の図面を入手 小川 一男 さん」『LA MER2010 11-12』2010年11月。
  • 咸臨丸の仕様/要目」。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]