清見寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清見寺
Seikenji temple-02.JPG
総門
所在地 静岡市清水区興津清見寺町418-1
位置 北緯35度2分51.45秒
東経138度30分47.15秒
座標: 北緯35度2分51.45秒 東経138度30分47.15秒
山号 巨鼇山(こごうさん)
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 釈迦如来
創建年 (伝)白雉年間(650年 - 654年
中興年 弘長2年(1262年
中興 関聖、円爾(勧進中興)
正式名 巨鼇山 清見興国禅寺
文化財 宋版石林先生尚書伝(重要文化財)
朝鮮通信使遺跡清見寺境内(国の史跡)
庭園(国の名勝)
テンプレートを表示

清見寺(せいけんじ)は、静岡市清水区にある臨済宗妙心寺派の寺院山号は巨鼇山(こごうさん)、正式には『巨鼇山 清見興国禅寺』(こごうさん せいけんこうこくぜんじ)と称する。

歴史[編集]

寺伝では奈良時代の創建と伝える。鎌倉時代に禅寺として復興し、足利尊氏今川義元の帰依を受けて繁栄した。また、その頃、徳川家康今川氏に人質としてあったが、当寺の住職太原雪斎に師事し、当寺で勉強していた。

江戸時代には徳川氏の庇護を受けたほか、東海道の目の前にあることから、朝鮮通信使琉球使の接待がここで行われた。広島県福山市鞆町にある福禅寺岡山県瀬戸内市牛窓町にある本蓮寺と共に朝鮮通信使遺跡として国の史跡に指定[1]されている。また庭園も国の名勝に指定[2]されている。

また、駿河湾を望む風光明媚な高台にあり、室町時代には雪舟が、明治時代には夏目漱石高山樗牛島崎藤村が訪れている。

なお、寺の境内を東海道本線の線路が横切っている。その経緯については興津駅の歴史を参照。

年表[編集]

伽藍[編集]

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 宋版石林先生尚書伝 自巻第一至第四 紹興二十九年仲夏刊記

史跡(国指定)[編集]

  • 朝鮮通信使遺跡興津清見寺境内[1]

名勝(国指定)[編集]

  • 清見寺庭園[2]

その他[編集]

所在地[編集]

静岡市清水区興津清見寺町418-1

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]