勝海舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
勝 海舟 / 勝 安芳
Kaishu Katsu 2.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政6年1月30日1823年3月12日
死没 明治32年(1899年1月19日
改名 麟太郎(通称・幼名)、義邦、安芳
別名 海舟(号)
戒名 大観院殿海舟日安大居士
墓所 洗足池公園
官位 従五位下安房守外務大丞、兵部大丞、
海軍大輔、従四位参議海軍卿正四位元老院議官伯爵従三位枢密顧問官
正三位従二位正二位
幕府 江戸幕府
異国応接掛附蘭書翻訳御用、
海軍伝習重立取扱、講武所砲術師範役、
天守番頭過人、蕃書調所頭取助、
天守番頭格、
二の丸留守居格軍艦操練所頭取、
軍艦奉行並、海軍伝習掛、海軍奉行並、
陸軍総裁、軍事取扱
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
氏族 勝氏
父母 父:勝小吉、母:勝信子
兄弟 海舟順子佐久間象山室)
正妻:民子
妾:梶玖磨、増田糸、小西かね、清水とよ、森田米子
内田夢、疋田孝子、小鹿、目賀田逸子、四郎、梶梅太郎、八重、岡田七郎、妙子

勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし、文政6年1月30日1823年3月12日〉 - 明治32年〈1899年1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士幕臣)、政治家位階勲等爵位正二位勲一等伯爵

山岡鉄舟高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。

概要[編集]

幼名および通称麟太郎(りんたろう)。義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん−ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホゥ」とも読めると言っている。海舟はで、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。海舟という号は元は誰のものであったかは分からないという。

父は旗本小普請組(41石)の勝小吉、母は勝元良(甚三郎)の娘信。幕末剣客男谷信友(精一郎)は血縁上は又従兄で、信友が海舟の伯父に当たる男谷思孝(彦四郎)の婿養子に入ったことから系図上は従兄に当たる[1]家紋は丸に剣花菱

10代の頃から島田虎之助に入門し剣術を学び直心影流剣術免許皆伝となる。16歳で家督を継ぎ、弘化2年(1845年)から永井青崖に蘭学を学んで赤坂田町に私塾「氷解塾」を開く。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後に軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は参議海軍卿枢密顧問官を歴任し、伯爵に叙せられた。

李鴻章を始めとするの政治家を高く評価し、明治6年(1873年)には不和だった福澤諭吉らの明六社へ参加、興亜会亜細亜協会)を支援。また足尾銅山鉱毒事件田中正造とも交友があり、哲学館(現:東洋大学)や専修学校(現:専修大学)の繁栄にも尽力し、専修学校に「律は甲乙の科を増し、以て澆俗を正す。礼は升降の制を崇め、以て頽風を極(と)む」という有名な言葉を贈って激励・鼓舞した。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

文政6年(1823年)、江戸本所亀沢町[注釈 1]の生まれ。父・小吉の実家である男谷家で誕生した[注釈 2]

曽祖父・銀一は、越後国三島郡長鳥村[注釈 3]の貧農の家に生まれた盲人であったが、江戸へ出て高利貸し(盲人に許されていた)で成功し巨万の富を得て、朝廷より盲官の最高位検校を買官し「米山検校」を名乗った。銀一は三男の平蔵に御家人・男谷(おだに)家の株を買い与えた[注釈 4]。 銀一の孫で男谷平蔵の末子が海舟の父・勝小吉であり、小吉は三男であったため、男谷家から勝家に婿養子に出された。勝家は小普請組という無役で小身の旗本である。勝家は天正3年(1575年)以来の御家人であり、系譜上海舟の高祖父に当たる命雅(のぶまさ)が宝暦2年(1752年)に累進して旗本の列に加わったもので、古参の幕臣であった。

幼少時の文政12年(1829年)、男谷の親類・阿茶の局の紹介で江戸幕府11代将軍徳川家斉の孫・初之丞(家斉の嫡男で後の12代将軍徳川家慶の五男、後の一橋慶昌)の遊び相手として江戸城へ召されている。一橋家の家臣として出世する可能性もあったが、慶昌が天保9年(1838年)に早世したためその望みは消えることとなる。同年、父の隠居で家督を相続[3]

生家の男谷家で7歳まで過ごした後は、赤坂へ転居するまでを本所入江町(現在の墨田区緑4-24)で暮らした。

修行時代[編集]

剣術は、実父・小吉の実家で従兄の男谷信友の道場、後に信友の高弟・島田虎之助の道場[注釈 5]で習い、直心影流の免許皆伝となる。師匠の虎之助の勧めによりも学んだ。兵学は窪田清音の門下生である若山勿堂から山鹿流を習得している[4]蘭学は、江戸の蘭学者・箕作阮甫に弟子入りを願い出たが断られたので、赤坂溜池の福岡藩屋敷内に住む永井青崖に弟子入りした。弘化3年(1846年)には住居も本所から赤坂田町に移り、更に後の安政6年(1859年)7月に氷川神社の近くに移り住むことになる。

この蘭学修行中に辞書ドゥーフ・ハルマ』を1年かけて2部筆写した有名な話がある。1部は自分のために、1部は売って金を作るためであった。蘭学者・佐久間象山の知遇も得て[注釈 6]、象山の勧めもあり西洋兵学を修め、田町に私塾(蘭学と兵法学)を開いた。開塾は嘉永3年(1850年)とされているが、それがいつなのかはっきりしない。後に日本統計学の祖となる杉亨二が塾頭となるが、こちらも年代が特定出来ず、安政元年(1854年)に入塾した佐藤政養と同じ頃と推定されている[注釈 7][6]

長崎海軍伝習所[編集]

嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊が来航(いわゆる黒船来航)し開国を要求されると、幕府老中首座阿部正弘は幕府の決断のみで鎖国を破ることに慎重になり、海防に関する意見書を幕臣はもとより諸大名から町人に至るまで広く募集した。これに海舟も海防意見書を提出、意見書は阿部の目に留まることとなり、目付海防掛だった大久保忠寛(一翁)の知遇を得たことから安政2年(1855年1月18日、異国応接掛附蘭書翻訳御用に任じられて念願の役入りを果たし、海舟は自ら人生の運を掴むことができた。

同月から洋学所創設の下準備、1月23日から4月3日にかけて勘定奉行石河政平と一翁が命じられた大阪湾検分調査の参加を経て7月29日長崎海軍伝習所に入門した。伝習所ではオランダ語がよくできたため教監も兼ね、伝習生とオランダ人教官の連絡役も務めた。この時の伝習生には矢田堀鴻(景蔵)、永持亨次郎らがいる。しかし、海軍知識はほとんど無かったため、本心では分野違いの長崎赴任を嫌がっていたが(8月20日の象山宛の手紙より)、幕府の期待に応えない訳にも行かず、10月20日に船で長崎へ来航、以後3年半に渡り勉強に取り組むことになる。長崎に赴任してから数週間で聴き取りもできるようになったと本人が語っているためか、引継ぎの役割から第一期から三期まで足掛け5年間を長崎で過ごす[7]

海舟の学問成果については賛否両論で、藤井哲博は海舟の成績は悪く安政4年(1857年)3月に一期生が江戸へ戻ったのに海舟が長崎に残った点を挙げて落第したと書いたが、松浦玲は藤井の記述に反論、安政3年(1856年)6月に海舟が伝習所の成果に見切りをつけて江戸へ帰府の伺いを提出し、翌4年1月に江戸に軍艦教授所(後の軍艦操練所)を創設することを幕府が考案、帰府が決まった所、一転して残留に変更したことを詳細に記し、落第留年ではないと主張している[注釈 8]。しかし、海舟が頻繁に船酔いに苦しんでいたことと、思うように勉強がはかどらなかった(特に数学が苦手)ことは事実であり、海舟が船乗りにとても向かない体質から帰府の話が浮上する理由があった[8]。いずれにせよ、海舟は安政4年の時点ではまだ江戸へ戻れず、更に2年を長崎で過ごすことになる。

この時期に当時の薩摩藩主・島津斉彬の知遇も得ており、安政5年(1858年)3月と5月に海舟は薩摩を訪れて斉彬と出会う。2人は初対面ではなく藩主になる前の斉彬が江戸で海舟と交流していたが、後の海舟の行動に大きな影響を与えることとなる[9]

著名作(新版)[編集]

関連書籍[編集]

勝海舟を主題とした作品[編集]

小説
映画
テレビドラマ
歌謡曲

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の東京都墨田区両国の一部。当時の本所亀沢町と現在の墨田区亀沢とは町域が重なっていない。
  2. ^ 墨田区立両国公園(両国4-25)内に「勝海舟生誕之地」碑が建っている。また、墨田区役所敷地(吾妻橋1-23)内には勝海舟像が建つ。
  3. ^ 現在の新潟県柏崎市の一部。
  4. ^ 男谷家は平蔵が継ぎ旗本となり、次男で小吉の兄彦四郎思孝、その次は思孝の従甥で男谷忠之丞の子信友(下総守、剣聖・精一郎)が継いだ[2]
  5. ^ 浅草新堀。現在の台東区元浅草、三筋付近。
  6. ^ 後に妹の順子は象山に嫁いでいる。
  7. ^ 富田鉄之助作成の年譜で開塾が海舟の父が死んだ同年9月と一緒に記録されているため、年は特定出来ても月日が分からない。また、杉と佐藤の入門時期は佐藤が安政元年10月28日と記録に書かれているが、杉は諸説ありはっきりしない[5]
  8. ^ 第一期から三期まで在籍したことを「勝は成績が悪く、三度落第した」とする文献もある。航海術に必要な数学(算数)が苦手だったようである。ただし、これは反勝派の旧幕臣から出たものであり、事実とは言いがたいという反論もある。オランダ教官からは非常に評価されているとのことである。

出典[編集]

  1. ^ 石井 1974, p. 258、小西 1985, p. 262、松浦 2010, p. 30
  2. ^ 石井 1974, p. 2、小西 1985, pp. 46-47, 50
  3. ^ 小西 1985, p. 14、松浦 2010, pp. 32-35
  4. ^ 「武士道教育総論」P155 - P182。
  5. ^ 松浦 2010, pp. 54, 764-765, 767-768
  6. ^ 石井 1974, p. 4、松浦 2010, p. 132
  7. ^ 石井 1974, pp. 5-10、小西 1985, pp. 17-19、松浦 2010, pp. 61-63, 75-82, 88-94
  8. ^ 藤井 1985, p. 45、松浦 2010, pp. 99-101, 770-771
  9. ^ 石井 1974, pp. 11-13、松浦 2010, pp. 48, 113-122

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

爵位
先代:
叙爵
伯爵
勝家初代
1887年5月9日 - 1899年1月19日
次代:
勝精