甲陽鎮撫隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)は、慶応4年(1868年)に新選組が旧幕府から甲州鎮撫を命ぜられた後の名称である。

名称について[編集]

当時、甲陽鎮撫隊の名称を用いた文献は存在しない。大正年間に佐藤彦五郎の長男俊宣が記した『今昔備忘記』に初出が確認され、それを参考資料として子母沢寛が『新選組始末記』で発表したことから定説化した。但し、俊宣自身が隊に関与しており、一概に隊名の批判はできない。

沿革[編集]

任命[編集]

鳥羽・伏見の戦い以来、陸軍総裁勝海舟(供述書では会計総裁大久保一翁)は前将軍徳川慶喜から全権を委任されて事態の収拾に当たっていたが、官軍江戸へ入る前に脱走歩兵等の鎮撫が必要だった。当初、市中取締の彰義隊に打診したが、頭取の渋沢成一郎に拒否されたことから、当時、上野寛永寺で謹慎していた慶喜の警護に従事していた新選組に白羽の矢が立った。

慶応4年3月、幕府は新選組局長・近藤勇に甲州鎮撫を命じた。一説によれば、江戸城無血開城を実現しようとする勝が、抗戦派と目された新選組を江戸から排除するための策であったとされる。

新選組と弾左衛門配下の混成部隊[編集]

近藤は当初、幕府から5000両の資金と大砲2門(6門だったが重かったので2門にした)と銃500挺を受領する。しかし、新選組は相次ぐ戦闘や脱走による兵力の減少が著しく、兵力の補強が急務であったため、浅草新町の弾左衛門に協力を要請する。弾左衛門の配下は関東一円から甲州・伊豆にかけて10万人ともいわれ、かねてから身分の引き上げを念願にしており、幕府御典医松本良順は弾左衛門の隠居(12代目)が疫病にかかったのを往診したことから親しくなっていた。

3月1日、70余人の新選組は、春日隊40人と弾左衛門配下の被差別民200人を加えて甲陽鎮撫隊と改称し、大砲2門・小銃500挺・軍資金5000で甲州へ進軍した。幕命により、近藤は大久保大和守剛土方歳三内藤隼人と称した。近藤らは甲府城への入城を目指したが、進軍の途中、幕府から得た5000両を使って大名行列のように派手に豪遊しながらの行軍をしたため時間を空費し、板垣退助率いる官軍迅衝隊(東山道先鋒総督軍)に、一日早く入城されてしまう。

東山道先鋒総督軍側の動向[編集]

東山道先鋒総督軍は3月1日(太陽暦3月24日)、東山道(現・中山道)を進軍し、下諏訪で本隊と別働隊に分かれた。伊地知正治率いる本隊はそのまま中山道を進んだが、板垣退助の率いる別働隊(迅衝隊)は、案内役の高島藩一箇小隊を先頭に、土佐迅衝隊(約100人[注釈 1])、因幡鳥取藩兵(約300人[注釈 1])らと共に甲州街道を進み、幕府の天領であった甲府を目差した。甲府城入城が戦いの勝敗を決すると考えた板垣退助は、「江戸~甲府」と「大垣~甲府」までの距離から東山道先鋒総督軍側の圧倒的不利を計算した上で、急ぎに急ぎ、あるいは駆け足で進軍し、3月5日(太陽暦3月28日)、甲府城入城を果した[1]

その後、勝沼字柏尾(山梨県甲州市、旧勝沼町)において板垣ら東山道先鋒総督軍と交戦した鎮撫隊は、兵力・武力とも官軍と比べ脆弱で、わずか2時間の交戦で壊滅した(甲州勝沼の戦い)。鎮撫隊の残党は上野原(現山梨県上野原市)まで退却後、各自勝手に江戸まで敗走した。

勝敗を分けた理由[編集]

甲陽鎮撫隊がこのように戦略を軽んじ、無様に敗走することとなった原因のひとつに、甲府は幕府の直轄領であり容易く官軍の手に渡らないだろう、城に入りさえすれば軍備も補充できるだろうと、楽観的に考えていたことが挙げられる。しかし、甲府城代を勤める役割は「山送り」と呼ばれ、幕府役人の左遷先のように扱われており、幕府への忠誠心が高くなかった。

また、領民たちも徳川治世を快く思わず、旧武田家の治世を懐かしむ気風があったことに加え、板垣ら率いる主力部隊の迅衝隊が討幕を目指して軍事教練を行ってきた士気の高い職業軍人たちであったのに比して、近藤らの率いる甲陽鎮撫隊は、剣術などの腕はあっても近代戦の知識の乏しい部隊であった。部隊の構成も、弾左衛門配下の被差別民を「武士にしてやる」とスカウトして集めた俄か仕立の兵卒たちで、武器の扱いにも不慣れで士気も高くなかった。行軍当初から不満が充満しており、彼らを宥(なだ)めて武士の生活を垣間見せ、士気を上げようとしたのが贅沢に豪遊しながらの行軍であったが、近藤自身も武士の出身ではなく、あくまでイメージの中の武士を演じたのである。

実際には、生粋の武士たちの生活は、庶民が考えるほど豪華なものでは無く、自らを律する品行方正なものであった。それら武士の集団であった迅衝隊は、軍律厳しく、飲酒は厳禁されており、隠れて飲んだ者は軍律違反者として斬首された。酒豪の多い土佐人に、禁酒させることは並大抵ではないが、彼らは規律を守り、泥濘に足を取られながらも必死の行軍を続けて、勝利を得たのである[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 土佐藩兵2個小隊:小笠原謙吉(迅衝隊三番隊)、谷重喜(迅衝隊四番隊)、北村重頼(迅衝隊砲兵隊)(7門)鳥取藩兵6個小隊:佐分利九允銃士隊、天野祐次隊、藤田束隊、宮脇縫殿隊、建部半之丞隊、山国隊(丹波農民有志による義勇兵)、佐分利鉄次郎砲兵隊(2門)、高島藩半小隊(伍長岩本順吉郎指揮)

出典[編集]

  1. ^ 戊辰戦争における東山道総督府総督・板垣退助”. 埼玉県立久喜図書館 (2110009) (2017年6月7日). 2017年9月17日閲覧。
  2. ^ 『板垣退助君戊辰戦略』上田仙吉編、明治15年刊(一般社団法人板垣退助先生顕彰会再編復刻)

参考文献[編集]

  • 松浦玲 『新選組』岩波書店、2003年9月20日。ISBN 978-4004308553 
  • 『復古記』東京帝国大学、1930年
  • 『板垣退助 -板垣死すとも自由は死せず-』高知市立自由民権記念館、1994年
  • 『迅衝隊出陣展』中岡慎太郎館編、2003年
  • 板垣精神』一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 編纂、2019年、ISBN 978-4-86522-183-1 C0023

関連項目[編集]