石井孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石井 孝(いしい たかし、1909年10月25日 - 1996年5月6日)は、日本史学者。幕末維新期対外関係が専門。

経歴[編集]

東京に生まれた。実家は栃木県安蘇郡田沼町戸奈良(現佐野市)の豪農であったという[1]

1933年東京帝国大学文学部国史学科卒業。東京大学史料編纂所所員を勤め、これから約10年間、『大日本古文書・幕末外国関係文書』の編集に従事した。1930年代は、外国に所在する資料の調査・収集も開始され、国内外の一次史料をいち早く利用することが可能だった。このことが石井の研究スタイルを決定づけた[1]

戦後大阪大学教授、1953年横浜市立大学教授、1960年東北大学教授、津田塾大学教授。幕末維新期の研究に多くの成果を残した[† 1]

石井の学風は、徹底した史料に依拠して論じる実証史学であった[† 2]。『横浜市史』の総括責任者として膨大な資料をまとめたことが特記される[2]

文学博士。1996年5月6日に没した。享年87。

岩倉具視による孝明天皇毒殺説を唱えて、原口清(当時名城大学商学部教授)と論争した。また大岡昇平森鴎外の作品「堺事件」を批判する際、論拠としたのが『明治維新の国際的環境』である。

著書[編集]

  • 幕末貿易史の研究 日本評論社 1944(日本歴史学大系 第4巻)
  • 幕末の外交 三一書房 1948(新日本歴史双書 近世 第5)
  • 明治維新の国際的環境 吉川弘文館 1957
  • 明治維新の舞台裏 岩波新書 1960
  • 学説批判 明治維新論(編)吉川弘文館 1961
  • 維新の内乱 至誠堂 1968
  • 日本開国史 吉川弘文館 1972(2010年に復刻版 ISBN 978-4-642-06361-6
  • 勝海舟 吉川弘文館 1974(人物叢書)
  • 港都横浜の誕生 有隣堂 1976(有隣新書)
  • 明治初期の国際関係 吉川弘文館 1977
  • 幕末維新期の研究(編)吉川弘文館 1978
  • 幕末非運の人びと 有隣堂 1979(有隣新書)
  • 明治初期の日本と東アジア 有隣堂 1982
  • 横浜売込商甲州屋文書(編)有隣堂 1984
  • 戊辰戦争論 吉川弘文館 1984
  • 幕末開港期経済史研究 有隣堂 1987
  • 明治維新と自由民権 有隣堂 1993
  • 明治維新と外圧 吉川弘文館 1993
  • 近代史を視る眼 開国から現代まで 吉川弘文館 1996
  • 幕末維新論集6 維新政権の成立 吉川弘文館 2001
  • 幕末維新論集3 幕政改革 吉川弘文館 2001
  • 戊辰戦争論 歴史文化セレクション 2008

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『幕末貿易史の研究』 日本評論社 1944年・『明治維新の国際的環境』 吉川弘文館 1957年・『日本開国史』 吉川弘文館 1972年・『明治維新の国際的環境』 吉川弘文館 1957年・『明治初期の日本と東アジア』 有隣堂 1982年・『戊辰戦争論 吉川弘文館』 1984年など
  2. ^ 歴史学における実証主義参照

出典[編集]

  1. ^ a b 保谷徹「『日本開国史』を読む」(石井孝 『日本開国史』 吉川弘文館 2010年復刻版 407ページ)
  2. ^ 保谷徹「『日本開国史』を読む」(石井孝 『日本開国史』 吉川弘文館 2010年復刻版 408ページ)

参考文献[編集]

関連項目[編集]