武田観柳斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 観柳斎(たけだ かんりゅうさい、生年不詳 - 慶応3年[1]6月22日1867年7月23日))は、新選組隊士・五番隊組長[2](文学師範)。本名は福田廣(ふくだ ひろし)[1]は徳裕(のりひろ)[1]

来歴[編集]

生まれは松江藩の支藩である母里藩の医学生と言われる[3]。一説には藤本鉄石と交流し、投獄されたが脱獄したとも言う。後に脱藩。江戸へ行き、福島伝之助に学び、甲州流軍学長沼流)を修める。甲斐武田氏に因んで「武田観柳斎」を称した。「新選組金談一件」でも西村兼文が伊東と並ぶ「武芸の達者」と発言している。新選組初期の軍事演習では軍師として活躍していた[2]

文久3年(1863年)後半に新選組に参加[1]。一説には滋賀右馬允の斡旋があったと言う。甲州流軍学を修め軍学者と隊士との文武両方面で近藤勇に重用された[1]元治元年(1864年)には副長助勤に抜擢される。後に五番組組長や文学師範、軍事方といった地位に就き、甲州流軍学による調練を担当した。

しかし、隊内の立振舞は弁が立ち近藤および土方歳三に対する媚びへつらう様子があからさまで、永倉新八らから目の敵にされていた[3]

1864年7月8日(元治元年6月5日)の池田屋事件で、古高俊太郎を捕縛したとされる「竹田勘兵衛」を武田のことだとする説がある。褒賞金20両を賜り、また明保野亭事件でも隊士を率い出動した[1]

藤堂平助の推薦により入隊が決定した尊皇攘夷論者の伊東大蔵(いとうおおくら、後の伊東甲子太郎)の元へ局長近藤自ら足を運んで入隊を促した1864年(元治元年)9月の江戸への帰郷の際にも永倉新八尾形俊太郎と共に帯同している[2]

その後、幕府が最新のフランス式兵制を取り入れると武田の甲州流軍学は時代遅れとなり、隊内で武田の地位は揺らいだ[2]

慶応2年(1866年)頃より倒幕思想に傾倒し伊東甲子太郎との接触を図ったが近藤に拒絶されたこと[1]、および伊東の側からも新選組からの御陵衛士分離の際に近藤との間でお互いの隊士の相互受け入れを禁止する約定を結んでいたことから武田の受け入れを拒絶されたこと[2]で近藤に除隊を願い出[1]、同年9月末から10月初旬に認められ新選組を脱退した[1]

しかしその後京都で密かに倒幕活動を行っていたことが露見、慶応3年(1867年)6月22日、京都郊外の鴨川銭取橋竹田街道)にて暗殺された[2][1]。武田の暗殺には斎藤一が関与したと伝わるが、当時斉藤は御陵衛士間者として参加していたため有り得ないとされる[1]

エピソード[編集]

子母澤寛の「新選組物語」によれば「隊内美男五人衆」に含まれるほどの美男であり、同じ隊士であった16歳の馬越三郎にしつこく男色を迫ったことで困った馬越は土方歳三に窮状を訴えたとされる[3]。また馬越は武田暗殺後に武田の倒幕活動を密告したとの噂が立ったことで隊内での居心地が悪くなり、土方が郷里の阿波徳島へ帰した、ともされている[4]

関連作品[編集]

映画

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 歴史群像2010, p. 260.
  2. ^ a b c d e f 山村2011.
  3. ^ a b c 鈴木2007, p. 132.
  4. ^ 鈴木2007, p. 133.

参考文献[編集]

関連項目[編集]