八木邸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八木邸
八木邸.jpg
入口
所在地 京都市中京区壬生梛ノ宮町24
位置 北緯35度0分7.34秒
東経135度44分37.71秒
類型 農家
建築年 1804年(長屋門),1809年(母屋)
文化財 京都市指定有形文化財
所在施設・区域 新選組 壬生屯所旧跡
テンプレートを表示

八木邸(やぎてい)は京都市中京区壬生にある郷士八木家の邸宅で、幕末新選組の屯所として使われた。

2018年現在も八木源之丞の子孫が継承している[1]一方、歴史的建築物として一般に公開されている[2]芹沢鴨が暗殺された際に付いたとされる刀傷など、新選組にかかわる遺構がある。

歴史[編集]

八木家の始祖は八木又兵衛。壬生村の郷士。越前の戦国大名・朝倉義景の子[3]。八木家のウェブサイトでは、「但馬国で八木安高により起こった」としている[4]源頼朝より今の家紋(三つ木瓜)を拝領したと伝わる[4]室町時代の壬生に移ったとする[4]

八木邸のある壬生の地は水が豊かで農耕に適した土地であり、京都でも有数の農業地帯であった[5]。八木邸は小高い場所に建てられた。幕末には江戸浪士の宿所となる[4]

文久3年(1863年)2月23日、浪士組として上洛した近藤勇と試衛館一門の7名、及び芹沢鴨新見錦平山五郎平山重助野口健司らが投宿した[6]。その後、浪士組の江戸への引き上げの際に残った芹沢鴨、近藤勇ら13名はそのまま八木邸に残り、同年3月16日「松平肥後守御領新撰組宿」と八木家右門柱に表札が掲げられる。同年9月18日芹沢鴨、平山五郎ら4名が八木邸奥座敷にて暗殺される[7]

昭和58年(1983年)6月1日、京都市指定有形文化財に指定される。

観覧情報[編集]

  • 営業期間:9時~17時 休業は不定
  • 現在の八木家は和菓子店を営み、見学者には「屯所餅」が出される[2]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当主のご挨拶 - 八木家ウェブサイト(2018年9月26日閲覧)
  2. ^ a b 見学のご案内 - 八木家ウェブサイト(2018年9月26日閲覧)
  3. ^ 八木喜久男,p20
  4. ^ a b c d 八木家の歴史 - 八木家ウェブサイト(2018年9月26日閲覧)
  5. ^ 八木喜久男,p58
  6. ^ 歴史春秋社,p18
  7. ^ 八木喜久男,p92

参考文献[編集]

  • 八木喜久男『八木家と新撰組』角川書店、2006年
  • 『会津藩と新撰組』歴史春秋社、2003年

外部リンク[編集]