永倉新八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:永倉新八の写真の画像提供をお願いします。2013年9月
 
永倉新八
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 天保10年4月11日1839年5月23日
死没 大正4年(1915年1月5日(75歳没)
改名 栄吉(栄治)→長倉新八→永倉新八→杉村義衛
別名 諱:範之(のりゆき)
あだ名:がむしん
主君 松平容大
松前藩藩士
氏族 永倉氏(長倉氏)→ 杉村氏
父母 長倉勘次
小常、杉村介庵娘きね
磯子(尾上小亀)、杉村義太郎(新選組顛末記著者)
特記
事項
孫は杉村道男、曾孫は杉村悦郎杉村重郎

永倉 新八(ながくら しんぱち、天保10年4月11日1839年5月23日) - 大正4年(1915年1月5日)は、幕末武士松前藩士、新選組隊士)。旧姓は長倉、は載之(のりゆき)。幼名は栄吉、栄治。

松前藩を脱藩後、新選組に入隊し、二番隊組長及び撃剣師範を務めた。明治期に杉村義衛と改名し、樺戸集治監の撃剣師範を務めた。

来歴[編集]

松前藩江戸定府取次役(150)・長倉勘次の次男として、同藩上屋敷江戸下谷三味線堀、現・東京都台東区小島2丁目)にて生まれる。弘化3年(1846年)、岡田利章(3代目岡田十松)の神道無念流剣術道場撃剣館」に入門。4年目に師が亡くなり、以後、岡田助右衛門に教わり15歳で切紙。安政3年(1856年)、18歳で本目録。元服して新八と称する。同年、剣術好きが昂じて[1]脱藩し、永倉を称して江戸本所亀沢町の百合元昇三の道場で剣を学ぶ。その後、市川宇八郎(芳賀宜道)と剣術修行の旅に出る。江戸に戻ると、伊庭秀業の門人・坪内主馬に見込まれて師範代を務め、その後、近藤勇の道場・天然理心流試衛館」の食客となる。

近藤らと共に浪士組に参加。新選組結成後は、二番組組長や撃剣師範を務めるなど中枢を成した。元治元年(1864年)の池田屋事件では、近藤や沖田総司らと共に池田屋に突入。沖田が病に倒れ、藤堂平助が負傷して離脱、永倉も左手親指に深い傷を負った中、防具がボロボロになり刀が折れるまで戦った。事件後、新選組の勇名は天下に轟いた。その後、近藤に我儘な振る舞いが目立つようになると、これを遺憾とした永倉や斎藤一原田左之助島田魁尾関政一郎葛山武八郎は、脱退覚悟で近藤の非行五ヶ条会津藩主・松平容保へ訴え出る等、近藤勇・土方歳三との路線対立を見せる。後、幕府から見廻組格703人扶持京都見廻組隊士と同格の地位)に取り立てられた。油小路事件では、原田らと共に御陵衛士を暗殺。

慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでは、決死隊を募って刀一つで突撃する豪胆さを見せた。江戸に退却後、新選組改め甲陽鎮撫隊として新政府軍と甲州勝沼にて戦うが敗れ、江戸へ戻った後は近藤らと袂を分かつ。その後、靖兵隊(靖共隊)を結成し、北関東にて抗戦するが、米沢藩滞留中に会津藩降伏を知って江戸へ帰還し、その後、松前藩士(150石)として帰参が認められる。明治4年(1871年)、家老・下国東七郎のとりなしで藩医杉村介庵(松柏)の娘・きねと結婚して婿養子として松前に渡る。

明治6年1873年、家督を相続して杉村治備(後に義衛)と改名する。その後は北海道小樽へ移る。警察官僚月形潔の招きで、明治15年(1882年)から4年間、樺戸集治監刑務所)の剣術師範を務め、看守に剣術を指導する[2]。退職後は東京牛込にて剣術道場を開く。明治32年(1899年)、妻と子供が小樽市内で薬局を開いていたため、再度小樽へ転居。明治38年(1905年)から小樽市緑1丁目(旧小樽少年科学館付近)に転居。明治42年(1909年7月、小樽市花園町に住む。東北帝国大学農科大学(現・北海道大学)の剣道部を指導する。

大正4年(1915年1月5日虫歯を原因とする骨膜炎敗血症を発症し、小樽にて死去。享年77。分骨され、墓は東京都北区滝野川寿徳寺境外墓地。字は蜂須賀正昭侯。

著述[編集]

明治時代に永倉は『浪士文久報国記事』、『七ケ所手負場所顕ス』を記す。『小樽新聞』記者吉島力の取材にも協力し、『新選組顛末記』を残した。これによって、「新選組は悪の人斬り集団、悪の使者」という従来の固定観念が崩れ、新選組再評価の契機となった。

エピソード[編集]

  • 新選組の組長格の中でも屈指の剣腕を誇り、阿部十郎は後年、「一に永倉、二に沖田、三に斎藤の順」と語っている。「龍飛剣」と称する下段の構えから上へ敵の剣を擦り上げながら下へ切り落とす技を得意としていた。
  • 我武者羅な性格だったので、「我武者羅」と「新八」を合わせ「がむしん」と呼ばれていた。
  • 芹沢鴨と同じ神道無念流免許皆伝で、芹沢とも親しく交わっている。
  • 非行五ヶ条を訴え出た時の永倉らの主張は、近藤勇を局長と認めるが、家臣ではなく同志だとする主張が込められている。近藤が増長した原因として、武田観柳斎に、隊士は家臣として局長を慕っていると吹き込まれたためともいわれる。
  • 鳥羽・伏見の戦い以後、大坂、江戸などでは土方歳三が不在時には隊長代務(このとき近藤は負傷しており、土方が実質的に隊長)をこなすなど、土方からの信頼も厚かった。
  • 新選組時代、島原亀屋の芸妓・小常を妻としたが、娘・磯子を産んだ後に死別する。磯子は永倉が退京する際に小常の姉に預けられ、明治33年(1900年)に関西の女役者・尾上小亀となり、のち再会も果たす。
  • 明治27年(1894年)の日清戦争開戦時、55歳の永倉は抜刀隊に志願したものの、「お気持ちだけ」と断られた。これに対し「元新選組の手を借りたとあっては、薩摩の連中も面目丸つぶれというわけかい」と自嘲したという。
  • 晩年は映画を好み、孫を連れてよく映画館に通ったとされる。「近藤、土方は若くして死んでしまったが、自分は命永らえたおかげで、このような文明の不思議を見ることができた」と感慨の旨を語っていたという。
  • ある時、映画館の出口で地元のヤクザにからまれたが、鋭い眼力と一喝で退散させた[3]手拭で戦った、を持っていた、道端の棒切れを拾って構えた、という説もある)。
  • 小樽市花園町の住居は、現在の小樽市役所玄関左の小樽聯合衛生組合事務所跡にあった。
  • 数少ない新選組の生き残りとして新選組の顕彰につとめ、新撰組に好意的だった松本良順と共に東京都北区滝野川に近藤、土方の墓(寿徳寺境外墓地)を建立している。
  • 新選組時代に負った傷の由来を『七ケ所手負場所顕ス』として書き上げた。晩年、酒に酔うとふんどし一枚になり、銃創を叩きながら、「お国のために働いた体だ。わしの誇りだ」と声を上げていた。
  • 竹刀の音を聞かないと飯が喉に通らない」、「自分は剣術の他に能はない」と言い、晩年まで剣の稽古・指導に携わった。
  • 最晩年に、永倉の噂を聞きつけた東北帝国大学農科大学(現北海道大学)の剣道部員が、永倉に指導を依頼した。家族は高齢を理由に反対したが、永倉は「を教えるだけ」と言って指導に出かけた。そして稽古中に体を痛めてしまい、馬車に乗せられ学生に抱きかかえられて自宅に帰ってきたという[4]

参考文献[編集]

  • 『新選組 永倉新八外伝』杉村悦郎 2003年新人物往来社
  • 『新選組・永倉新八のすべて』新人物往来社編 2004年、新人物往来社
  • 『歴史読本』永倉新八と『新撰組顛末記』の謎 2005年9月号 新人物往来社(各種遺品文書の写真や翻刻あり)。
  • 『子孫が語る永倉新八』杉村悦郎 2009年、新人物往来社
  • 『剣の達人111人データファイル』 新人物往来社

演じた俳優[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『剣の達人111人データファイル』(新人物往来社
  2. ^ 建物は現在、月形樺戸博物館となっている。
  3. ^ 複数の暴漢を睨んだだけで追い払ったことは、池波正太郎が、杉村道男(永倉の孫)にインタビューした時のエピソードとして語られている(池波正太郎『戦国と幕末』角川書店刊 196ページ)
  4. ^ 札幌市北区役所ホームページ みてきて北区
  5. ^ “歴代仮面ライダーが新選組に!歴史番組でイケメン隊士登場!”. シネマトゥデイ. (2016年5月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0083155 2016年5月31日閲覧。