京都見廻組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都見廻組(きょうとみまわりぐみ)は、江戸時代末期幕臣によって結成された京都治安維持組織

概要[編集]

元治元年(1864年)、江戸幕府京都守護職会津藩主の松平容保の配下として、蒔田廣孝松平康正京都見廻役に任命した。蒔田・松平がそれぞれに配下の組を持ち、それぞれの官職名から相模守組(蒔田)と出雲守組(松平)と称され、各200名ほどの隊士を指揮した。隊長である与頭は旗本、隊員は御家人であった。詰所は二条城の側に置かれたとされる。与頭、与頭勤方、肝煎、見廻組、見廻組並、見廻組御雇、見廻組並御雇などの職階があった。

見廻組は新選組と同じく、反幕府勢力を取り締まる警察活動に従事したが、見廻組は主に御所二条城周辺の官庁街を管轄とし、新選組は祇園三条などの町人街・歓楽街を管轄とした。そのためか、新選組と共同戦線をとることはあまり無かったようである。身分の違いにより反目することもあったという。

大政奉還後、相模組与頭の佐々木只三郎、組士・渡辺吉太郎高橋安二郎桂早之助土肥仲蔵桜井大三郎今井信郎渡辺篤らが坂本龍馬中岡慎太郎の暗殺(近江屋事件)に関与したとされる。

慶応3年12月14日1868年1月8日)、新遊撃隊に改称されたが、12月25日1月19日)、見廻組に名称を戻し戊辰戦争に参加、慶応4年3月18日(1868年4月10日)、狙撃隊に改称された。戊辰戦争で降伏した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]