伊吹吾郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いぶき ごろう
伊吹 吾郎
本名 伊吹 勝敏(いぶき かつとし)
別名義 伊吹 吾朗
生年月日 1946年1月2日(70歳)
出生地 日本の旗 日本北海道爾志郡熊石町(現・二海郡八雲町
身長 175cm
血液型 O
職業 俳優司会者
ジャンル テレビドラマ映画演劇
活動期間 1966年 -
活動内容 1966年東宝ニューフェイス
1968年:フリーになりデビュー
1969年:『無用ノ介
1979年:『必殺仕事人
1983年:『水戸黄門
2012年:『マハトマパンチ
配偶者 あり
著名な家族 伊吹康太郎(長男)
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
『無用ノ介』 / 『必殺仕事人』 / 『水戸黄門』
バラエティ
『マハトマパンチ』

伊吹 吾郎(いぶき ごろう、1946年1月2日 - )は、日本俳優司会者北海道爾志郡熊石村(現・二海郡八雲町)出身。身長175cm、やぎ座、血液型O型。本名:伊吹 勝敏(いぶき かつとし)。北海道釧路工業高等学校卒業、国士舘大学工学部中退。オフィス斬所属。長男は俳優の伊吹康太郎

来歴[編集]

1965年日本映画テレビ演劇学院に入所、1966年第7期生東宝ニューフェイス入り、東宝俳優養成所に入所[1]1968年にフリーとなり、テレビドラマ『さむらい』でデビュー。

1969年さいとうたかを劇画を原作とするテレビ時代劇『無用ノ介』(日本テレビ)のオーディションを受け、主役に抜擢。映画では1969年から1980年まで東映作品に数多く出演しており、この時期の主な出演作として『仁義なき戦いシリーズ』(東映)などがある。『必殺仕事人』(ABC)、『花と狼』(フジテレビ)などのテレビドラマに出演したほか、「土曜ワイド劇場」(テレビ朝日)の人気シリーズだった天知茂主演の「江戸川乱歩の美女シリーズ」では怪盗ルパン二世こと黄金仮面を演じ、『妖精の美女/江戸川乱歩の黄金仮面』(シリーズ第6作、1978年)と『江戸川乱歩の黄金仮面II/桜の国の美女』(シリーズ第11作、1980年)の2作品に出演した。このシリーズに同じ犯人の役で連続出演したのは、伊吹だけである。

水戸黄門』(TBS)では、1983年第14部から2000年第28部までの17年間、渥美格之進役でレギュラー出演。同番組ではレギュラー抜擢以前の1969年の第1部(第26話)からたびたびゲスト出演(1,000回SP、水戸黄門最終回スペシャルにも出演)。なお、出演当時には「吾朗」名義を用いていた。

『水戸黄門』のレギュラー降板後はバラエティ番組にも進出しているが、「真面目で堅物」というイメージ通りの人柄や不慣れなことを逆手にとり、「ぎこちない作り笑顔で、台本の進行コメントやカメラ前に出されるカンニングペーパーを、大仰な芝居口調で読むMCぶり」や「フリートークでの悪戦苦闘ぶり」が人気を呼んだ。中でも2007年4月から放送された『環境野郎Dチーム』(フジテレビ)では、Dチームリーダー兼MCとして「ブッキー」の愛称で親しまれた。

2009年には「スーパー戦隊シリーズ」の『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日)に、日下部彦馬役でレギュラー出演。同作品でドラマ主演デビューとなる松坂桃李は、伊吹について「最初に写真で見た時は怖い人だと思っていたが、面白くて優しい、すごいいい人」と語っている[2]。また、同作品については伊吹も後年に「出演をきっかけに、さまざまな世代に自分を知ってもらえるようになった」と語っている[3]。寄ってくるのは中高齢者ばかりだったが『侍戦隊シンケンジャー』の放送中、伊吹が外食をしていると子供が寄って来て「外道衆(敵)に負けないで!」と応援され伊吹は驚いたという[4]

人物[編集]

極度の汗っかき[5]。大の好き[6]

一番の趣味はフラメンコギター演奏で、フラメンコギターを眺めながら酒を飲んだり、新しいギターを買った夜は興奮して眠れないほどのギター好きだという。また、演奏のために右手の爪だけマニキュアを毎日5度塗りし、保護しているが、「『水戸黄門』で右手で印籠を出すために綺麗にしている」「おネエではないのか?」と勘違いされたことがある。『水戸黄門』の印籠を出すシーンでは「ギター用に伸ばしている小指の爪を見せないために小指を隠している」と言われることもあるが、伊吹本人は爪を伸ばしておらず、ビデオ撮影になって爪を硬くするために塗った接着剤やマニキュアが目立つようになったからと述べている[1]。しかし、マニキュアの件や、スキンシップとしての男性共演者らへのボディタッチと、オネエ疑惑が浮上したことがあったが、これについて本人は「疑われる要素はある」と言っているが「その気は無い」と言っている[7]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 任侠修業篇(2004年、GPミュージアム
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 名門継承篇(2004年、GPミュージアム)
  • 実録・籠寅三代目 合田幸一 関西二十日会篇(2004年、GPミュージアム)
  • 帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕(2010年、東映) - 日下部彦馬 役

舞台[編集]

インターネットドラマ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • 救心製薬「救心」
  • KDDIDION
  • 第一三共ヘルスケア 新三共胃腸薬プラス → 第一三共胃腸薬プラス
  • サントリー BOSSレインボーマウンテン『宇宙人ジョーンズ・鵜飼い』篇
  • サントリー「-196℃ストロングゼロ『畑でグルメ取材』編」
  • ビルディンググループ ※「言えない言えない」のフレーズで有名
  • 第一生命「順風ライフ パワーメディカル」(2013年4月 - ) ※「Dセイバー」の最年長・セイバー・シニアを担当

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石橋春海 「ヒーローを探して 伊吹吾郎インタビュー」『’60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、121-123頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  2. ^ 侍戦隊シンケンジャーDVD2巻「伊達侍絵巻」
  3. ^ 『にじいろジーン』(2015年11月14日放送回)の番組概要ページ - gooテレビ番組(関東版)
  4. ^ 『にじいろジーン』(2015年11月14日放送回)の番組中での発言
  5. ^ TVでた蔵 2014年8月31日放送 7:00 - 7:30 フジテレビ ボクらの時代”. ワイヤーアクション (2014年8月31日). 2015年9月13日閲覧。
  6. ^ 〜どうぶつ冒険バラエティ〜 ワンダ! 2011年11月11日(金)”. テレビ東京 (2011年11月11日). 2015年9月13日閲覧。
  7. ^ TVでた蔵 2014年12月19日放送 19:00 - 19:56 TBS 爆報!THE フライデー”. ワイヤーアクション (2014年12月19日). 2015年9月13日閲覧。
  8. ^ 2012年3月1日北海道新聞夕刊芸能面(「格さん」伊吹吾郎が初司会 来月からSTV 日曜午前に自社制作生バラエティ)及びSTVどさんこワイド』放送より
  9. ^ 2012年から北海道のメインパーソナリティー

外部リンク[編集]