壬生浪士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

壬生浪士(みぶろうし)あるいは精忠浪士(せいちゅうろうし)は、新選組の前身集団。

文久3年(1863年清河八郎が京へ率いた浪士組を壬生にある、新徳寺に代表を集め、尊皇攘夷を目的とする反幕勢力に変化させようとの策略を演説した。 これに同意した者は新徴組として江戸へ帰る事となる。これに同意しなかった近藤勇芹沢鴨らはその場に残り、新選組を結成するに至る。構成内容は以下参照。新選組となる以前の壬生浪士たちは身なりの貧しさから、「みぼろ」(壬生浪=みぶろ・みぶろう)と一部の京の人たちに揶揄されていた。また、女性隊士がいたという説もある。

初期構成員[編集]

創設メンバー24名。日付は死亡年月日。および死因。

芹沢一派

  • 芹沢鴨文久3年(1863年)9月16日あるいは18日、土方らに奇襲を受け、討死。粛清。
  • 新見錦:文久3年(1863年)月日不明、切腹。本名新家粂太郎で、同年9月15日長州にて死亡したという説もあり。
  • 田中伊織:文久3年(1863年)9月13日、暗殺される。
  • 平山五郎:芹沢と共に粛清された。
  • 平間重助:芹沢暗殺後、逐電。その後は不明。
  • 野口健司:文久3年(1863年)12月27日、切腹。
  • 佐伯又三郎:文久3年(1863年)8月10日、長州の間者として芹沢に殺害される。(諸説あり)

試衛館一派(近藤一派)

殿内・家里・根岸一派

その他隊士[編集]

初期構成以降から新選組と名前が変わるまでに入隊した隊士。

文久3年(1863年)5月頃まで

文久3年(1863年)5月25日以降

  • 尾形俊太郎……慶応4年(1868年)の会津戦争の際に行方不明。後、故郷の熊本に戻り大正2年(1913年)に死去。
  • 山崎丞……慶応4年(1868年)1月13日、鳥羽・伏見の戦いの傷により、江戸に向かう船内で死去。
  • 谷三十郎……慶応2年(1866年)4月1日、頓死。
  • 尾崎弥兵衛……慶応元年(1865年)11月17日、病死。
  • 河合耆三郎……慶応2年(1866年)2月12日、隊内の金銭を無くしてしまい、切腹。
  • 酒井兵庫……元治元年(1864年)の池田屋事件以降、慶応元年(1865年)7月頃に脱走し、斬殺。

1863年8月18日まで

  • 松永主計……文久3年(1863年)9月26日、長州の間者であった事が露見し、脱走。
  • 奥沢栄助……元治元年(1864年)6月5日、池田屋事件の際に討死。
  • 楠小十郎……元治元年(1864年)9月26日、長州の間者であった事が露見し、原田に殺害される。
  • 土方対馬……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 阿部慎蔵……慶応3年(1867年)に御陵衛士として脱退。明治40年(1907年)1月6日、死去。
  • 森六郎……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 山野八十八……箱館戦争前に離隊。明治43年(1910年)、死去。
  • 蟻通勘吾……明治2年(1869年)5月11日、箱館戦争の際、戦死。
  • 宿院良蔵……慶応4年(1868年)1月6日、橋本の戦いで戦死。
  • 尾関雅次郎……明治25年(1892年2月28日、死去。
  • 馬越三郎……池田屋事件以前に、武田観柳斎の男色に困り、土方に訴え、脱退。
  • 松崎静馬……八月十八日の政変に参加。以後、不明。
  • 篠塚峯蔵……池田屋事件に参加。江戸への隊士募集の際、留守を預かる。
  • 藤本彦之助……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 御倉伊勢武……文久3年(1863年)9月26日、長州の間者であった事が露見し、斎藤に殺害される。
  • 伊藤与八郎……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 柳田三二郎……慶応元年(1865年)7月までの在隊。以後、脱走?
  • 上田金吾……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 和田隼人……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 越後三郎……文久3年(1863年)、長州の間者であった事が露見し、脱走。
  • 中村久馬……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 菅野六郎……元治元年(1864年)6月までに脱走?
  • 荒木田左馬之助……文久3年(1863年)9月26日、長州の間者であった事が露見し、永倉に殺害される。