月形樺戸博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 月形樺戸博物館
Kabatohakubutukan 2006 0813.JPG
旧樺戸集治監本庁舎
月形樺戸博物館の位置(北海道内)
月形樺戸博物館
月形樺戸博物館の位置
施設情報
正式名称 月形樺戸博物館[1]
前身 北海道行刑資料館
専門分野 刑務所
事業主体 月形町
管理運営 月形町
開館 1972年
所在地 061-0500
北海道樺戸郡月形町字月形1219番地
位置 北緯43度20分20.8秒 東経141度40分8.3秒 / 北緯43.339111度 東経141.668972度 / 43.339111; 141.668972
公式サイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM

月形樺戸博物館(つきがたかばとはくぶつかん)は、北海道樺戸郡月形町にある月形町立の博物館。

概要[編集]

かつて、明治時代の1882年から大正時代の1919年にかけて、39年間に月形町に樺戸集治監があり、国事犯や一般刑事犯を収容していた[2][3]

残っていた樺戸集治監本庁舎は、1972年まで、月形町役場として利用されたが、博物館である『北海道行刑資料館』となった[4]1996年に、『月形樺戸博物館』と名称変更し、前後して二階建ての本館が建てられる。

建物[編集]

  • 樺戸集治監本庁舎
  • 本館
  • 農業研修館

営業[編集]

2012年

  • 4月1日~11月30日[5]

交通アクセス[編集]

沿革[編集]

  • 1881年9月3日、樺戸集治監が開庁となる[6]。初代典獄(刑務所長)は、月形潔である[2]
  • 1886年、月形樺戸博物館の一部となっている樺戸集治監本庁舎が竣工する[2][7]
  • 1919年1月20日、樺戸集治監が廃止になるが[8]、本部建物は、月形村役場となる。
  • 1967年、月形町役場として使用されている旧・樺戸集治監本部が、北海道百年記念遺跡に指定される[8]
  • 1972年、月形町役場が移転し、本部建物が、『北海道行刑資料館』となる[7][8]
  • 1996年、『北海道行刑資料館』が、『月形樺戸博物館』に名称変更となる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]