月形樺戸博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 月形樺戸博物館
Kabatohakubutukan 2006 0813.JPG
旧樺戸集治監本庁舎
月形樺戸博物館の位置(北海道内)
月形樺戸博物館
月形樺戸博物館の位置
施設情報
正式名称 月形樺戸博物館[1]
前身 北海道行刑資料館
専門分野 刑務所
事業主体 月形町
管理運営 月形町
開館 1972年
所在地 061-0500
北海道樺戸郡月形町字月形1219番地
位置 北緯43度20分20.8秒 東経141度40分8.3秒 / 北緯43.339111度 東経141.668972度 / 43.339111; 141.668972座標: 北緯43度20分20.8秒 東経141度40分8.3秒 / 北緯43.339111度 東経141.668972度 / 43.339111; 141.668972
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM

月形樺戸博物館(つきがたかばとはくぶつかん)は、北海道樺戸郡月形町にある月形町立の博物館。

概要[編集]

かつて、明治時代の1882年から大正時代の1919年にかけて、39年間に月形町に樺戸集治監があり、国事犯や一般刑事犯を収容していた[2][3]

残っていた樺戸集治監本庁舎は、1972年まで、月形町役場として利用されたが、博物館である『北海道行刑資料館』となった[4]1996年に、『月形樺戸博物館』と名称変更し、前後して二階建ての本館が建てられる。

建物[編集]

  • 樺戸集治監本庁舎
  • 本館
  • 農業研修館

営業[編集]

2012年

  • 4月1日~11月30日[5]

交通アクセス[編集]

沿革[編集]

  • 1881年9月3日、樺戸集治監が開庁となる[6]。初代典獄(刑務所長)は、月形潔である[2]
  • 1886年、月形樺戸博物館の一部となっている樺戸集治監本庁舎が竣工する[2][7]
  • 1887年01月、樺戸監獄署に改称[8][9]
  • 1890年07月、樺戸集治監に改称[8][10]
  • 1891年07月、北海道集治監に改組[11]。樺戸を本監とし、空知釧路網走を分監とした。
  • 1903年04月、樺戸監獄に改組[12]
  • 1919年1月20日、樺戸監獄が廃止になるが[13]、本部建物は、月形村役場となる。
  • 1967年、月形町役場として使用されている旧・樺戸集治監本部が、北海道百年記念遺跡に指定される[13]
  • 1972年、月形町役場が移転し、本部建物が、『北海道行刑資料館』となる[7][13]
  • 1996年、『北海道行刑資料館』が、『月形樺戸博物館』に名称変更となる。
  • 2001年田園空間博物館樺戸地区(つきがたエリア)整備事業開始[14]、本館がコア施設に指定される。

脚注[編集]

  1. ^ 月形樺戸博物館条例
  2. ^ a b c 高橋賢司 (2012年4月1日). “駅 人 話 石狩月形駅”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  3. ^ 北海道バリアフリー 月形樺戸博物館
  4. ^ エキナビ 月形樺戸刑務所
  5. ^ 月形樺戸博物館がリニューアルオープン 月形町役場
  6. ^ 1881(明治14)年9月3日。樺戸集治監開庁 月形歴史物語 月形町
  7. ^ a b 1972年、北海道行刑資料館の誕生 月形町
  8. ^ a b 片岡優子「釧路集治監教誨師時代の原胤昭」、『関西学院大学社会学部紀要』第101号、関西学院大学、2006年10月ISSN 04529456NAID 1100064847232018年7月24日閲覧。“1887年1月4日北海道庁令第1号をもって、樺戸・空知・釧路(1885年9月開庁)の三集治監を樺戸監獄署、空知監獄署、釧路監獄署と改称した。1890年7月23日に、三監獄を旧称に復し、樺戸集治監、空知集治監、釧路集治監と称するようになった。”
  9. ^ 彙報(司法警察及び監獄) 」、『官報』第1066号、1887年1月22日、 4頁、2018年7月24日閲覧。
  10. ^ 彙報(司法警察及び監獄) 」、『官報』第2125号、1890年7月30日、 4頁、2018年7月24日閲覧。
  11. ^ 明治24年内務省告示第35号」、『官報』第2425号、1891年7月30日、 1頁、2018年7月24日閲覧。
  12. ^ 明治36年勅令第35号」、『官報』第5913号、1903年3月23日、 4-6頁、2018年7月24日閲覧。
  13. ^ a b c 歴史|月形町・月形観光協会
  14. ^ 横田勉「監獄都市の発生と消長に関する考察 : 月形町と三笠市を例として」、『Sauvage:北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院院生論集』第5号、北海道大学、2009年3月10日NAID 1200012069072018年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]