樺戸郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北海道樺戸郡の位置(1.月形町 2.浦臼町 3.新十津川町)

樺戸郡(かばとぐん)は、北海道石狩国空知総合振興局管内の

人口11,717人、面積747.7km²、人口密度15.7人/km²。(2018年9月30日、住民基本台帳人口)

以下の3町を含む。

概要[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足して以来、郡域は上記3町のまま変更されていない。

「樺戸」の名称は現在の須部都川と石狩川の合流点一帯を指す名称で[1]アイヌの人々が根茎を食料としていたコウホネを指すアイヌ語の「カパト(kapato)」によるものである[2]

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

江戸時代の樺戸郡域は西蝦夷地に属し松前藩領となっていた。江戸時代後期になると、国防上の理由から文化4年樺戸郡域は天領とされた。

文化5年には留萌支配人山田屋文右衛門によって雨竜越が開削されている。この道は留萌からニセバルマ、エタイベツを経て樺戸郡と雨竜郡の境界にあたるシラリカに出る約25里(98.2km)の道で、樺太警固を行っていた会津藩兵も通行している。

文政4年には一旦松前藩領に復したものの、安政2年再び天領となり庄内藩が警固を行った。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年大宝律令国郡里制を踏襲して樺戸郡が置かれた。

郡発足以降の沿革[編集]

北海道一・二級町村制施行時の樺戸郡の町村(16.新十津川村 17.月形村 18.浦臼村 青:区域が発足時と同じ町村)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 近世の蝦夷地と須部都太(スベツブト)”. 月形町. 月形歴史物語. 月形町. 2018年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月30日閲覧。
  2. ^ アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 1 北海道
  • 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(2008年1月21日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)

関連項目[編集]