コウホネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウホネ
Nuphar japonica1.jpg
コウホネ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スイレン目 Nymphaeales
: スイレン科 Nymphaeaceae
: コウホネ属 Nuphar
: コウホネ N. japonicum
学名
Nuphar japonicum

コウホネとはスイレン科の植物の一種。学名Nuphar japonicum

水生の多年生草本。浅い池や沼に自生する。

特徴[編集]

根茎は白くで肥大しており、やや横に這い、多数の葉をつける。葉は水中葉と水上葉がある。いずれも長い葉柄とスイレンの葉の形に近いが、やや細長い葉身をつける。水中葉は薄くてやや透明で、ひらひらしている。冬季には水中葉のみを残す。暖かくなるにつれ、次第に水面に浮く葉をつけ、あるいは一気に水面から抽出して葉をつける。水上葉はやや厚くて深緑、表面につやがある。花期は6月から9月ごろで、長い花茎の先端に1つだけ黄色い花を咲かせる。

生育環境など[編集]

日本、朝鮮半島に分布する。浅い池によく見かけるが、流れの緩い小川に出現することもある。根茎が骨のように見え、コウホネ(河骨、川骨)の名の由来となっている。

庭園の池で観賞用に栽培されることもある。沈水葉をアクアリウムで鑑賞する例もある。

生薬[編集]

根茎を縦割りにしたものは川骨(センコツ)といい[1]、日本薬局方に収録された生薬である。調栄湯(ちょうえいとう)、治打撲一方(ちだぼくいっぽう)という解熱、鎮痛を目的とした漢方方剤に配合される[2]

近縁種など[編集]

コウホネ属は北半球の温帯を中心に20種ほどが知られ、日本では4種およびいくつかの変種が知られる。しかし変異の幅も広く、その区別はなかなか難しい。分類上の扱いにも問題があるようである。ひとつの区別にコウホネは水上葉を水面から抽出するが、他の種は水上葉を水面に浮かべる、というのがあるが、コウホネも水面に葉を浮かべることがあり、条件によっては水上に出ない例もある。

脚注[編集]

  1. ^ 伊沢凡人、会田民雄「カラー版薬草図鑑」(家の光協会)108P
  2. ^ カラー版薬草図鑑 108P