網走市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あばしりし
網走市
130713 Hokkaido Museum of Northern Peoples Abashiri Hokkaido Japan02s3.jpg
Flag of Abashiri, Hokkaido.svg Symbol of Abashiri Hokkaido.svg
市旗
1968年7月29日制定)
市章
1940年3月22日制定)
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 オホーツク総合振興局
団体コード 01211-4
面積 471.00km2
総人口 37,026
住民基本台帳人口、2016年6月30日)
人口密度 78.6人/km2
隣接自治体 北見市網走郡大空町斜里郡小清水町
市の木 カツラ
市の花 エゾムラサキツツジ
網走市役所
市長 水谷洋一
所在地 093-8555
北海道網走市南6条東4丁目
Abashiri City Hall.jpg
外部リンク 網走市公式サイト

日本地域区画地図補助 01540.svg

網走市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

北緯44度01分11秒東経144度15分31秒
 表示 ウィキプロジェクト
向陽ヶ丘から眺めた網走市街(2010年6月)

網走市(あばしりし)は、北海道にあるオホーツク総合振興局所在地。

「網走」という地名は「ア・パ・シリ」(我らが見つけた土地)や「アパ・シリ」(入り口の地)、「チバ・シリ」(幣場のある島)などの諸説があって定まっていないが[注 1]、いずれにせよ「アパシリ」というアイヌ語を漢字にあてたものとされている[1]

地理[編集]

オホーツク総合振興局東部に位置し、オホーツク海に面している。丘陵地が多く、市街地は網走川河口付近とその南側に続く海岸段丘上の平地にある[2]。北西部に能取湖、中部に網走湖、東部に濤沸湖があり、内陸部は森や農村地帯が広がり、市域は「網走国定公園」の一部となっている[3]。美岬にあるヤチダモの木は「森の巨人たち百選」に選定され[4]、濤沸湖は2005年(平成17年)に「ラムサール条約湿地」に登録された[5]。能取湖や濤沸湖のサンゴ草(アッケシソウ)群落は秋になる湖岸を真っ赤に染め、卯原内のサンゴ草群生地は「日本紅葉の名所100選」に選定されている。

地勢は、網走川右岸の一部にある沖積土地帯を除きほとんど泥炭地で構成される平野で、網走湖は南から網走川が流れ込み、女満別川などを集めて北東部から再び網走川としてオホーツク海に流れている[6]。網走湖は網走川で、濤沸湖は北浜地区で海と繋がっているため汽水湖となっている[6]。濤沸湖の西にある藻琴湖周辺は三角州性低地を形成している[6]。また、市北西部にはオホーツク海に通じる海跡湖の能取湖があり、砂礫台地と岩石台地に囲まれている[6]。市街地南部は岩石台地で形成されている[6]

  • 山:三眺山、天都山(207m)、大観山
  • 河川:卯原内川、網走川、車止内川、藻琴川、浦士別川
  • 湖沼:能取湖、リヤウシ湖、網走湖、藻琴湖、濤沸湖
  • 岬:能取岬
  • ダム:卯原内ダム

気候[編集]

1年を通じて晴天が多く、年間降水量・降雪量は少ない[7]。海に面するため寒暖差も少なく、北海道としては比較的温暖な気候になっている[7]。1981年から2010年までの平年値は、年平均6.5℃、年平均降水量は787.6㎜となっている[7]

オホーツク海型気候の特色があり、夏の季節風は弱く台風による被害はあまり見られないが、オホーツク海高気圧の北東風が作物の生育に影響を及ぼすことがある[8]。冬には例年1月中旬から3月下旬まで流氷が到来する[8]

一番暑い8月でも最高平均気温は25℃以下となっているが、日中は30℃を越える真夏日となることもある[9]。それでも夜は20℃以下まで気温が下がる[9]。冬の夜はまれに気温が-15℃以下になることもあるが、オホーツク海沿岸は内陸部と比べて冷え込みは穏やかな地域になっている[9]

網走は、気象庁により都市化の影響が少ない観測地点として北海道の観測地点では根室、寿都とともに日本の平均気温算出地点に選ばれているが[10]、温暖化が著しく特に冬季の平均気温が急激に上昇している。これには諸説があり、流氷の減少との関連性や観測露場における「日だまり効果」を指摘している説もある[11]

網走(網走地方気象台・1981 - 2010年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 11.8
(53.2)
11.1
(52)
19.7
(67.5)
31.9
(89.4)
32.6
(90.7)
34.0
(93.2)
37.0
(98.6)
37.6
(99.7)
32.2
(90)
27.7
(81.9)
21.7
(71.1)
17.6
(63.7)
37.6
(99.7)
平均最高気温 °C (°F) −2.4
(27.7)
−2.5
(27.5)
1.6
(34.9)
8.9
(48)
14.2
(57.6)
17.2
(63)
20.8
(69.4)
23.4
(74.1)
20.2
(68.4)
14.8
(58.6)
7.4
(45.3)
0.7
(33.3)
10.36
(50.65)
日平均気温 °C (°F) −5.5
(22.1)
−6.0
(21.2)
−1.9
(28.6)
4.4
(39.9)
9.4
(48.9)
13.1
(55.6)
17.1
(62.8)
19.6
(67.3)
16.3
(61.3)
10.6
(51.1)
3.7
(38.7)
−2.4
(27.7)
6.5
(43.7)
平均最低気温 °C (°F) −9.4
(15.1)
−10.1
(13.8)
−5.5
(22.1)
0.4
(32.7)
5.4
(41.7)
9.8
(49.6)
14.0
(57.2)
16.6
(61.9)
12.9
(55.2)
6.6
(43.9)
0.1
(32.2)
−5.9
(21.4)
2.91
(37.23)
最低気温記録 °C (°F) −29.2
(−20.6)
−25.7
(−14.3)
−23.2
(−9.8)
−12.4
(9.7)
−5.4
(22.3)
0.1
(32.2)
2.8
(37)
5.9
(42.6)
3.3
(37.9)
−4.6
(23.7)
−11.3
(11.7)
−18.0
(−0.4)
−29.2
(−20.6)
降水量 mm (inch) 54.5
(2.146)
36.0
(1.417)
43.5
(1.713)
52.1
(2.051)
61.6
(2.425)
53.5
(2.106)
87.4
(3.441)
101.0
(3.976)
108.2
(4.26)
70.3
(2.768)
60.0
(2.362)
59.4
(2.339)
787.5
(31.004)
降雪量 cm (inch) 105
(41.3)
81
(31.9)
66
(26)
21
(8.3)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
18
(7.1)
85
(33.5)
378
(148.9)
平均月間日照時間 114.3 139.4 172.4 177.8 189.0 174.0 168.7 172.1 165.2 160.1 121.3 115.0 1,869.3
出典: 気象庁[12]
網走(網走地方気象台・1961 - 1990年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −3.2
(26.2)
−3.6
(25.5)
0.8
(33.4)
8.5
(47.3)
14.3
(57.7)
16.9
(62.4)
21.0
(69.8)
22.8
(73)
19.8
(67.6)
14.2
(57.6)
6.8
(44.2)
0.7
(33.3)
9.9
(49.8)
日平均気温 °C (°F) −6.5
(20.3)
−7.2
(19)
−2.7
(27.1)
4.1
(39.4)
9.4
(48.9)
12.8
(55)
17.1
(62.8)
19.1
(66.4)
15.7
(60.3)
10.0
(50)
3.2
(37.8)
−2.5
(27.5)
6.0
(42.8)
平均最低気温 °C (°F) −10.3
(13.5)
−11.4
(11.5)
−6.4
(20.5)
0.2
(32.4)
5.3
(41.5)
9.3
(48.7)
13.9
(57)
16.0
(60.8)
12.2
(54)
6.1
(43)
−0.3
(31.5)
−5.9
(21.4)
2.4
(36.3)
出典: 理科年表

人口[編集]

Demography01211.svg
網走市と全国の年齢別人口分布(2005年) 網走市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 網走市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
網走市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 43,904人
1975年 43,825人
1980年 44,777人
1985年 44,283人
1990年 44,416人
1995年 44,176人
2000年 43,395人
2005年 42,045人
2010年 41,006人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

網走地方における人類の生活がはじまったのは約2万年前からであるとされている[13]。北海道で続縄文時代となっていた5世紀ころ、オホーツク海沿岸ではオホーツク文化が起こり擦文時代が終わる13世紀ころまで約800年続き、樺太千島列島にもあったとされている[14]。少数民族のニヴフによって樺太南部ではじまったとされ[14]、北方民族の生活スタイルを継承して北東アジアの影響を受けている[14]。オホーツク文化後期(9世紀から13世紀ころ)になると擦文文化の影響を受け、両方の文化が融合したトビニタイ文化が生まれ[14]、それまでの海岸居住に留まらず、内陸部への居住も見られるようになった[14]。なお、道北では9世紀ころにオホーツク文化が擦文文化に吸収されたとしている[14]。最寄貝塚(モヨロ貝塚)はオホーツク文化最大の遺跡として国の「史跡」に指定されている。

ウィルタは樺太の先住民族で「オロッコ」と呼ばれ、ニヴフは「ギリヤーク」とも呼ばれていたが[14]、それぞれ独自の言語を持っており、アイヌとも近い関係にあった[14]。終戦後、日本領土であったサハリン(樺太)にいて日本国籍を持ち旧日本軍に徴用された両民族の一部の人達は日本へ強制送還された。その先の1つが網走市であった[14]。ミス網走といえる網走市の「流氷パタラ」のパタラとは、ウィルタ語に由来しており、「お嬢さん」の意味がある[14]

年表[編集]

「あばしりの年譜」「網走市統計書 平成26年版 年表」参照[15][16]

  • 1798年寛政10年)
    • 谷口青山の「自高島至舎利沿岸二十三図」の第二十二図にアバシリ沿岸および番屋が描かれる。
  • 1812年文化9年)
    • 藤野喜兵衛、アバシリ川河口右岸に弁天社を創祀(祭神は弁才天、のちに町民が譲り受けて厳島神社となる)。
  • 1857年安政4年)
    • 網走初のストーブ(宗谷製)、毛布、コーヒー使用。
  • 1858年(安政5年)
    • 松浦武四郎がアバシリ川を溯り『戊午日誌』(西部安婆之利日誌)を著わす。
  • 1864年元治元年)
    • 藤野家、アバシリ川河口右岸に稲荷社を創祀(明治28年にオショップに移築)。
  • 1869年明治2年)
  • 1871年(明治4年)
    • アイヌがすべて平民に編入され、身分上の差別撤廃。
  • 1872年(明治5年)
  • 1873年(明治6年)
  • 1875年(明治8年)
    • 漢字をあてて、網走村となる。
  • 1876年(明治9年)
    • アイヌに苗字を与えて待遇上の差別を取り除き、特別保護を廃止。
  • 1880年(明治13年)
    • 網走郡役所開庁。
  • 1881年(明治14年)
    • 網走村網走川河口部右岸に市街地を区画し「北見町」と命名、宅地の払い下げ開始。
  • 1882年(明治15年)
    • 町田孫六が川向の橋のたもとを開墾し、網走で初めて専業農家を始める(馬鈴薯、大根、麻など)。
  • 1884年(明治17年)
    • 宮部金吾、クルマトマナイに漆樹林発見(安政6年前後に宮崎三右衛門によって会津]から移植されたものと推定)[注 2]
  • 1890年(明治23年)
    • 釧路監獄署網走囚徒外役所(網走刑務所の前身)開設。
  • 1891年(明治24年)
    • 釧路集治監網走分監設置。後に北海道集治監網走分監となる。収容者の強制労働により北見方面への道路開通。
  • 1897年(明治30年)
  • 1902年(明治35年)
    • 網走郡網走村、北見町、勇仁村(いさに)、新栗履村(にくりばけ)を合併し2級町村制施行、網走郡網走町となる[注 3]
  • 1906年(明治39年)
    • 私設網走新聞雑誌従覧所開設(翌年に網走図書館と改称)。
  • 1908年(明治41年)
  • 1910年(明治43年)
    • クルマトマナイ の造園工事で応永の年号がある板碑発見[注 2]
  • 1912年大正元年)
    • 網走 - 野付牛間の鉄道開通し、網走駅開設。
  • 1913年(大正2年)
  • 1915年(大正4年)
  • 1917年(大正6年)
    • 能取岬灯台完成。
  • 1921年(大正10年)
  • 1922年(大正11年)
  • 1925年(大正14年)
    • 網走支庁長渡辺勘一が「天都山」(てんとさん)命名。釧網本線の網走 - 斜里間開通。
  • 1926年(大正15年)
    • 大字北見町(全域)、大字網走村(一部)の旧町村名を廃し、市街地に条・丁目制施行(北見町→南1~8条東・西、南9~11条東、網走村(一部)→南4~14条西)。
  • 1931年昭和6年)
    • 女満別町との境界線を変更。
  • 1936年(昭和11年)
  • 1938年(昭和13年)
    • 網走町の字名・字界・地番・南北条・東西丁目を一斉改正(網走村→南1~2条東、南3~4条東・西、南5~7条西、南8~10条東・西、南11~14条西、北1条東、大曲、天都山、潮見、鱒浦、八坂、栄、呼人、東網走、豊里、中園、稲富、昭和、藻琴、山里、丸万、駒場、台町、桂町、新町、東藻琴、末広、山園、福富、千草、勇仁村→藻琴、鱒浦、豊里、昭和、中園、新栗履村→山里、稲富、中里、昭和、藻琴、東藻琴、西倉、末広、山園、福富、千草、大進、濤沸村→浦士別、栄、清浦、音根内、実豊、丸万、北浜、山里、稲富、明生、新富、大進、東藻琴、末広、山園、娜寄村→丸万、北浜、明生、新富、大進、藻琴村→浦士別、栄、音根内、丸万、北浜、豊郷、昭和、山里、中里、稲富、大進、西倉、東藻琴、末広、明生、新富、山園、能取村→能取、平和、二見ヶ岡、美岬、卯原内、最寄村→二見ヶ岡、喜多山、越歳、三眺、二ツ岩、明治、向陽、卯原内、美岬、緑町、北1~12条東・西。※太字は1947年に東藻琴村として分割された字)。
  • 1942年(昭和17年)
  • 1945年(昭和20年)
  • 1947年(昭和22年)
    • 市制施行、網走市となる。東藻琴村分村。戦後初の統一地方選挙で中川イセ(本名:いせよ)が、初の女性議員として網走市議会議員当選。
  • 1949年(昭和24年)
    • 網走消防本部・消防署開庁式。網走漁業協同組合設立。
  • 1956年(昭和31年)
  • 1958年(昭和33年)
  • 1960年(昭和35年)
    • 網走熱帯植物園開園(1971年閉園)。
  • 1963年(昭和38年)
    • 水没遺跡の網走湖底遺跡で日本国内初の潜水発掘調査が行われる。日本国内では20世紀最後となる皆既日食観測。北海道冷凍魚肉協会(現在の全国すり身協会)設立[17]
  • 1966年(昭和41年)
    • 『第1回オホーツク流氷まつり』開催。モヨロ貝塚館開館。
  • 1967年(昭和42年)
  • 1972年(昭和47年)
  • 1974年(昭和49年)
    • 北海道網走養護学校開校。
  • 1978年(昭和53年)
  • 1979年(昭和54年)
    • 天都山展望台開設。
  • 1980年(昭和55年)
    • 能取漁港開港。
  • 1983年(昭和58年)
  • 1985年(昭和60年)
  • 1986年(昭和61年)
    • カナダポートアルバーニ市と姉妹都市提携。
  • 1989年平成元年)
  • 1991年(平成3年)
  • 1992年(平成4年)
    • 網走市水産化学センター完成。
  • 1993年(平成5年)
    • 網走市保健センターオープン。
  • 1994年(平成6年)
    • オートキャンプ場「てんとらんど」オープン。
  • 1996年(平成8年)
  • 1998年(平成10年)
    • オホーツクドームオープン。
  • 1999年(平成11年)
    • 網走市農業協同組合が解散し、オホーツク網走農業協同組合と合併。
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
    • レイクサイドパーク・のとろオープン。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)
  • 2007年(平成19年)
    • 3月末時点の人口が、市制施行以来初めて4万人を割り込む(39,983人)。翌月末に4万人台に回復するも2008年3月末に再び4万人を割り込む(39,557人)。
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)
  • 2012年(平成24年)

姉妹都市・友好都市[編集]

「姉妹都市・友好都市」参照[20]

姉妹都市
カナダの旗 ポートアルバーニ市ブリティッシュコロンビア州
1986年(昭和61年)2月9日提携
友好都市
日本の旗 糸満市沖縄県
2001年(平成13年)12月1日盟約
日本の旗 厚木市神奈川県
2005年(平成17年)2月5日盟約
観光物産交流都市
日本の旗 天童市山形県
2004年(平成16年)4月24日協定

行政[編集]

役所[編集]

網走市役所

市長[編集]

歴代市長[21]
氏名 就任年月日 退任年月日
代理 大島光雄(おおしま みつお) 1947年(昭和22年)2月11日 1947年(昭和22年)4月4日
初代 吉田栄吉(よしだ えいきち) 1947年(昭和22年)4月5日 1955年(昭和30年)4月29日
2代 有末三郎(ありすえ さぶろう) 1955年(昭和30年)4月30日 1959年(昭和34年)4月29日
3代 遠藤熊吉(えんどう くまきち) 1959年(昭和34年)4月30日 1963年(昭和38年)12月20日
4代 佐藤忠吉(さとう ちゅうきち) 1964年(昭和39年)2月2日 1974年(昭和49年)10月17日
5代 安藤哲郎(あんどう てつお) 1974年(昭和49年)12月1日 1998年(平成10年)11月30日
6代 大場脩(おおば おさむ) 1998年(平成10年)12月1日 2010年(平成22年)11月30日
7代 水谷洋一(みずたに よういち) 2010年(平成22年)12月1日 現職

市議会[編集]

「網走市議会」参照[22]

議員定数16人
議会
定例会(年4回)
臨時会
委員会
常任委員会(総務経済委員会・文教民生委員会)
特別委員会
議会運営委員会
その他
会派代表者会議
会派代表者会議
議員全員協議会

官公署[編集]

国の機関[編集]

法務省
札幌矯正管区網走刑務所
釧路保護観察所網走駐在官事務所
検察庁釧路地方検察庁網走支部
網走区検察庁
財務省
函館税関釧路税関支署網走出張所
国税庁札幌国税局網走税務署
厚生労働省
北海道労働局網走公共職業安定所(ハローワーク網走)
農林水産省
林野庁北海道森林管理局網走南部森林管理署網走森林事務所
国土交通省
北海道開発局網走開発建設部
網走道路事務所
網走港湾事務所
網走農業事務所
気象庁札幌管区気象台網走地方気象台
海上保安庁第一管区海上保安本部紋別海上保安部網走海上保安署
防衛省
航空自衛隊航空総隊北部航空方面隊網走分屯基地
自衛隊帯広地方協力本部網走地域事務所

道の機関[編集]

北海道オホーツク合同庁舎
オホーツク総合振興局
北海道教育庁オホーツク教育局
北海道網走保健所
網走農業改良普及センター網走支所
網走海区漁業調整委員会
オホーツク総合振興局東部耕地出張所
北海道立向陽ケ丘病院

裁判所[編集]

釧路地方裁判所網走支部
釧路家庭裁判所網走支部
網走簡易裁判所

公的機関[編集]

警察[編集]

網走警察署
中央交番・駒場交番・新町交番・呼人駐在所・卯原内駐在所・藻琴駐在所

消防[編集]

網走地区消防組合
消防本部・網走消防署
南出張所

電気・水道[編集]

北海道電力網走営業所
網走市水道部
網走浄化センター(下水道)

病院[編集]

網走厚生病院
網走中央病院
網走脳神経外科・リハビリテーション病院
こが病院
北海道立向陽ケ丘病院

報道機関[編集]

読売新聞北海道支社網走通信部
朝日新聞北海道支社網走通信局
北海道新聞社網走支局
網走タイムズ社(網走タイムズ
北海道建設新聞社網走支局
北海道通信社網走支局

その他[編集]

北海道立総合研究機構水産研究本部
網走水産試験場
さけます・内水面水産試験場道東内水面室(網走市水産科学センター内)

公共施設[編集]

網走市立図書館
網走市保健センター
網走市総合福祉センター
網走市こども発達支援センター『ふわり』
網走女性センター
網走市市民活動センター
網走市食品加工体験センター「みんぐる」
網走市勤労者総合福祉センター(ソレイユ)
網走市勤労青少年ホーム
網走市地域子育て支援センター「ひまわり」
網走市地域子育て支援センター「どんぐり」
網走市水産科学センター
網走青果地方卸売市場
網走市農村環境改善センター
網走市農業総合管理センター
網走市農産物高次加工研究所
網走小麦集出荷施設
網走市営美­岬牧場
網走市廃棄物処分施設
網走市八坂火葬場

スポーツ施設[編集]

網走市の夏は晴れの日が多く、日照時間が長いのが特徴となっている[23]。1988年(昭和63年)に気候やトレーニング環境が評価され、4種目(ボート競技バドミントン体操競技(女子)、陸上競技(長距離))でソウルオリンピックの事前合宿地となったことをきっかけにスポーツ合宿への取り組みがスタートした[24]ラグビーはじめ陸上競技、車いすマラソンバスケットボール野球、ボート競技、バイアスロンスキーなどの合宿が行われているほか[23]北見市と連携して周辺自治体でスポーツ合宿誘致に向けた取り組みを行っている[24]網走スポーツ・トレーニングフィールドは天然芝フィールド7面、全天候型テニスコート16面、野球場、ソフトボール場、アーチェリーー場、投てき競技専用の練習場を備えており[25]、毎年夏には観戦可能なラグビー練習試合『網走ラグビーフェスティバル』を開催している。網走市営陸上競技場では陸上競技の大会『ホクレンディスタンスチャレンジ』を開催しており、2013年(平成25年)には長距離競歩における日本オリンピック委員会(JOC)認定競技別強化センターとなった[26]

網走運動公園
網走市総合体育館
網走市民健康プール
網走市営野球場
網走市営陸上競技場
すぱーく網走(屋内ゲートボール場)
網走運動公園パークゴルフ場
網走市営桂町球技場
網走スポーツ・トレーニングフィールド
フィールドスポーツエリア
テニスコート
アーチェリー場
投てき練習場
オホーツクドーム
網走レークビュースキー場
網走市営スケート場
網走湖ボート場
レイクサイドパーク・のとろ

教育機関[編集]

大学
東京農業大学オホーツクキャンパス
専修学校
北海道立網走高等看護学院
網走文化専門学校
高等学校
北海道網走南ヶ丘高等学校
北海道網走桂陽高等学校
中学校
網走市立第一中学校
網走市立第二中学校
網走市立第三中学校
網走市立第四中学校
網走市立第五中学校
小中学校
網走市立呼人小中学校
小学校
網走市立網走小学校
網走市立中央小学校
網走市立西小学校
網走市立潮見小学校
網走市立南小学校
網走市立西が丘小学校
網走市立東小学校
網走市立白鳥台小学校
保育園
網走市立すずらん保育園
網走市立たんぽぽ保育園
網走市立ひまわり保育園
潮見保育園
幼稚園
網走幼稚園
網走若葉幼稚園
網走藤幼稚園
桂幼稚園
潮見幼稚園
認定こども園 つくしヶ丘幼稚園
特別支援学校
北海道網走養護学校
学校教育以外の施設
網走市能力開発センター
網走自動車学校

経済・産業[編集]

クリオネ通り(2011年9月)

産業別人口は第三次産業の割合が最も高く、次いで第二次産業第一次産業となっている[27]。農業では北海道内有数の畑作地帯となっており[8]、大型機械を導入した営農集団組織により類、馬鈴薯(ジャガイモ)、テンサイを中心とした大規模営農を展開しているほか[8]ダイコンナガイモゴボウなどの野菜類や酪農畜産も行っている[8]。漁業は網走沿岸において沖合底曳網、きちじ延縄、定置網、ホタテ桁、かに固定式刺網、毛がに篭などにより漁業を営んでいる[28]。網走市は日本最北の捕鯨基地でもあり、市内の捕鯨業者が沿岸小型捕鯨業(捕鯨)を行っている[28]。また、市内には湖が複数あることから内水面漁業も行われており、ホタテワカサギシジミシラウオエビなどの漁が営まれている[28]

観光入込客数は年間120万人から180万人で推移しており、宿泊客の割合は26%から30%となっている[29]流氷が滞在する冬期間の入込客数が多いのが特徴となっている[29]

立地企業[編集]

日本ホワイトファーム知床事業所(日本ハムグループ)
インターファーム知床事業所(日本ハムグループ)
日本フードパッカー道東工場(日本ハムグループ)
金印オホーツク工場
金印アグリ
タカハシ(タカハシグループ)
網走ビール
網走バス(旧・名鉄グループ
網走ハイヤー(旧・名鉄グループ)
道東観光開発(旧・名鉄グループ)
網走交通(東急グループ
道東アークス(旧・篠原商店アークスグループ
網走信用金庫
網走タイムズ社
日専連オホーツク網走
ホテル網走湖荘
鶴雅リゾート(鶴雅グループ)
かに本陣友愛荘
デンソー網走テストセンター

組合[編集]

オホーツク網走農業協同組合(JAオホーツク網走)
網走地区森林組合
網走漁業協同組合
西網走漁業協同組合
北見漁船保険組合
網走地方卸売市場買受人組合
網走地区左官組合

商業施設[編集]

ショッピングセンター
ライトコーポレーション
駒場ショッピンクタウン アルサキット[30]
スーパーマーケット
篠原商店アークスグループ
ファースト駒場店
BASIC橋北店
BASIC駒場店
北雄ラッキー
シティあばしり店
生活協同組合コープさっぽろ
あばしり店

金融機関[編集]

網走信用金庫本店(2010年4月)
北洋銀行網走支店
北海道銀行網走支店
網走信用金庫本店・市役所出張所・駅前支店・駒場支店・潮見支店
釧路信用組合網走支店
北海道労働金庫網走支店
JAバンク北海道(北海道信用農業協同組合連合会)JAオホーツク網走本店・北浜支店・卯原内支店
JFマリンバンク北海道(北海道信用漁業協同組合連合会)網走・西網走
営業終了した金融機関
北海道相互銀行(旧札幌銀行)網走支店:1982年(昭和57年)8月7日をもって北見支店に統合。
北海道拓殖銀行網走支店:1998年(平成10年)11月10日をもって営業終了。北洋銀行に業務継承・統合。
網走信用組合:2002年(平成14年)7月5日をもって営業終了。釧路信用組合に業務継承。
北陸銀行網走支店:2005年(平成17年)4月15日をもって営業終了。北海道銀行網走支店に業務継承。

郵便[編集]

網走郵便局(2010年4月)
網走郵便局(集配局)
浦士別郵便局(2015年に集配業務を網走郵便局に移管し、無集配郵便局に)
網走南四条郵便局
網走駒場郵便局
大曲郵便局
網走駅前郵便局
網走北六条郵便局
卯原内郵便局
呼人郵便局
藻琴郵便局
北浜郵便局
鱒浦郵便局
網走つくしケ丘簡易郵便局
桂町簡易郵便局
網走潮見簡易郵便局
二ツ岩簡易郵便局

宅配便[編集]

ヤマト運輸道東主管支店網走南センター・網走北センター
佐川急便網走営業所

交通[編集]

網走駅(2011年9月)
網走バス本社・網走ターミナル(2011年9月)
道の駅流氷街道網走(2011年9月)
網走流氷観光砕氷船「おーろら2」(2012年3月)

鉄道[編集]

JR logo (hokkaido).svg北海道
石北本線呼人駅 - 網走駅
釧網本線:網走駅 - 桂台駅 - 鱒浦駅 - 藻琴駅 - 北浜駅
廃止となった路線
日本国有鉄道(国鉄)
湧網線:網走駅 - 大曲仮乗降場 - 二見ヶ岡駅 - 二見中央仮乗降場 - 卯原内駅 - 北見平和駅 - 中能取仮乗降場 - 能取駅
東藻琴村営軌道

バス[編集]

路線バス
網走バス
市内各線
郊外線(美幌線・小清水線・斜里線・女満別空港線・常呂線・サロマ湖栄浦線・知床エアポートライナー(斜里バスとの共同運行))
網走観光交通
網走線
定期観光バス
網走バス
観光施設めぐり
砕氷船にノロッコ号(2月のみ運行)
都市間バス
網走バス・北海道中央バス北海道北見バス(共同運行)
網走・女満別・美幌・北見 - 札幌「ドリーミントオホーツク号」

タクシー[編集]

網走ハイヤー
網走北交ハイヤー

道路[編集]

市内を通る一部道路は、シーニックバイウェイの「東オホーツクシーニックバイウェイ」になっている[31]

一般国道
国道39号国道240号国道243号との重用区間
国道238号国道239号国道242号との重用区間)
国道244号国道391号との重用区間)
国道334号
都道府県道
北海道道23号網走停車場線
北海道道76号網走公園線
北海道道102号網走川湯線
北海道道104号網走端野線
北海道道246号小清水女満別線
北海道道248号嘉多山美幌線
北海道道467号栄浜小清水線
北海道道490号中園網走停車場線
北海道道591号嘉多山卯原内停車場線
北海道道683号大観山公園線
北海道道767号明生北浜線
北海道道1010号能取三眺線
北海道道1083号網走港線
北海道道1087号網走常呂自転車道線自転車専用道路
道の駅
流氷街道網走

観光船[編集]

道東観光開発
網走流氷観光砕氷船

史跡・文化財・観光・祭事・催事[編集]

「史跡・文化財」参照[32]

史跡・文化財[編集]

史跡(国指定)
桂ヶ岡砦跡[33]
最寄貝塚(モヨロ貝塚[34]
名勝(国指定)
天都山[35]
重要文化財(国指定)
旧網走監獄庁舎、舎房及び中央見張所、教誨堂(博物館網走監獄[36][37][38]
旧網走刑務所二見ケ岡刑務支所(二見ケ岡農場)庁舎、舎房、教誨堂及び食堂、鍵鎖附着所、炊場(博物館網走監獄)[36][37][38]
有形文化財(国登録)
博物館網走監獄煉瓦造独居房
博物館網走監獄鏡橋入口哨舎
博物館網走監獄鏡橋出口哨舎
博物館網走監獄西門哨舎
博物館網走監獄裏門
博物館網走監獄裏門哨舎
有形文化財(市指定)
永専寺山門
鱒浦稲荷神社絵馬
網走神社絵馬
天然記念物(市指定)
ポンモイ柱状節理[注 6]

文化・観光施設[編集]

博物館網走監獄
北海道立北方民族博物館
オホーツク流氷館
オホーツク・文化交流施設(エコセンター2000)
網走市民会館
網走市立美術館
網走市立郷土博物館
流氷硝子館
みなと観光交流センター(道の駅流氷街道網走
モヨロ貝塚館
濤沸湖水鳥・湿地センター

景観・公園[編集]

流氷(例年1月中旬から3月下旬)
水芭蕉(ミズバショウ)(例年4月中旬から5月上旬)
サンゴ草(アッケシソウ)(例年9月)
天都山
網走湖
能取湖
能取岬
帽子岩
二ツ岩
濤沸湖
感動の径ビューポイントパーキング
あばしりフロックス公園
北海道立オホーツク公園
フラワーガーデン「はな・てんと」
呼人探鳥遊歩道
網走市大曲湖畔園地
三眺河畔公園
桂ヶ岡公園
しおさい公園

その他[編集]

網走湖畔温泉
稲富温泉
オホーツク温泉
網走市鉄道記念館
網走神社
呼人神社
永専寺
弘道寺(北海道三十三観音霊場24番札所)

祭り・イベント[編集]

北の新大陸発見! あったか網走(1月から3月)
あばしりオホーツク流氷まつり(2月)
オホーツク屋台村(2月中旬)
オホーツクあばしりツーデーマーチ(6月)
インターナショナルオホーツクサイクリング(7月)
あばしりオホーツク夏まつり(7月)
あばしり七福神まつり(9月)
能取湖さんご草祭り(9月)
「はな・てんと」まつり(9月)
オホーツク網走フィルムフェスティバル(11月)[39]

名産・特産[編集]

1960年(昭和35年)に網走市の道立水産試験場で「無塩冷凍すり身」の技術が開発されたため[40]、網走はすり身発祥の地になっている[41]スケトウダラ、オホーツクサーモン(カラフトマス)、キンキワカサギシラウオシジミクジラは網走の代表的な魚介類「網走の活き粋き7珍」になっている[42]。ほかには地ビールの「網走ビール」、ブランド和牛の「オホーツクあばしり和牛」などがある。

ご当地グルメとしては、オホーツクサーモンと塩だけで熟成、ろ過した天然の調味料「白魚醤油」に漬け込んだザンギ(から揚げ)を使用した「オホーツク網走ザンギ丼[43]、オホーツクの魚介類と網走発祥のすり身をオホーツク土器に見立てた特製の鍋で食べる「モヨロ鍋[44]、オホーツク産のホタテ干貝柱を使用した「オホーツク干貝柱塩ラーメン[45]、「オホーツク流氷カリー」がある。

民芸品では、アイヌ語で「木の小さな子または人形」という意味で「幸運のお守り」として作られてきた「ニポポ[46]、北方系少数民族ウィルタの伝統紋様「イルガ」をモチーフにした「サハリンイルガ」がある[47]

網走市マスコットキャラクター「ニポネ」[編集]

2012年(平成24年)、一般公募によって誕生したゆるキャラ[48]。網走を代表するニポポクリオネがモチーフとなっている[48]。胸には「網走市の花」であるエゾムラサキツツジのバッジを付けており、頭には北方系の民族をイメージしたハチマキを巻いている[48]

網走市が舞台(ロケ地)となった作品[編集]

「網走ロケーションガイド」参照[49]

映画
愛と憎しみの彼方へ
『北海の虎』
『新日本珍道中(東日本の巻)』
網走番外地 (日活)
『地の涯に生きるもの』
人間の條件・完結編』
『手錠にかけた恋』
『大氷原』
網走番外地 (東映)』シリーズ
『新網走番外地』シリーズ
男はつらいよ 寅次郎忘れな草
大脱獄
幸福の黄色いハンカチ
きつね
エル・オー・ヴィ・愛・N・G
ゴジラvsキングギドラ
風花
刑務所の中
スパイ・ゾルゲ
子ぎつねヘレン
遠くの空に消えた
狙った恋の落とし方。』(原題『非誠勿擾』)
南極料理人
抱きしめたい
ドラマ
誇りの報酬 第9話』
さすらい刑事旅情編III 第4話』
『徳田刑事シリーズ2 追跡のオホーツク』
法医 歯科学の女 網走オホーツク海…流氷が運んだ白骨死体の謎!』
『西村京太郎スペシャル 日本一周旅号殺人事件』
みにくいアヒルの子 涙の再会スペシャル』
『西村京太郎トラベルミステリー43 北帰行殺人事件』
『西村京太郎トラベルミステリー44 特急『スーパー北斗1号』殺人事件』
牛に願いを Love&Farm
漫画・書籍
船山馨『見知らぬ橋
吉村昭『破獄
司馬遼太郎『街道をゆく38 オホーツク街道』
菊地慶一『ドキュメント 流氷くる!』
弘兼憲史『黄昏流星群11 ―極北に星光る―』
渡辺保裕『ドカコック ドカうまっ!!満腹編』
高倉健「網走番外地」
島倉千代子「流氷音頭」
井上宗孝とシャープ・ファイブ「網走子守唄」
ジェリー藤尾、東京荒川少年少女合唱隊「流氷の町 網走
菅原文太「ニポポ」
坂本冬美「呼人駅」
走裕介「流氷の駅」
ゲーム
北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

人物[編集]

名誉市民[編集]

林好次(元北海道議会議員)
田辺村次(元網走市議会議長)
白井仁太郎(元網走商工会議所会頭)
米村喜男衛(考古学者、理容師。元網走市立郷土博物館館長)
中川イセ(本名中川いせよ。元網走市議会議員)
安藤哲郎(元網走市長)

出身人物[編集]

50音順

政治・経済
麻田信二(学校経営者)
水谷洋一(網走市長)
山崎幹雄(実業家。元地方公務員)
学術・文芸
相庭よた郎(デザイナー、漫画家)
大内東(工学者)
金澤このみ(作曲家、ボイストレーナー、フードコーディネーター)
川田殖(哲学者、倫理学者)
川村湊(文芸評論家)
鴫原正世(教育者)
田中英樹(社会福祉学者)
角宮悦子(歌人)
伝動詩人えいた(瀬川映太)(詩人、社会活動家)
長谷川誠(日本画家)
meeat(イラストレーター)
八重樫あゆみ(写真家)
山本盛雄(写真家)
芸能
岩原敏美(フルート奏者)
小尾元政(声優)
菊池彩(ピアニスト)
木田敦子(箏奏者)
瀬川ももえ(女優)
関口篤(俳優、声優)
中山幸子 (元ミス・ジャパン)
走裕介(演歌歌手)
BEAK(ドラマー。NICOTINEメンバー)
丸田佳奈(医師、タレント)
スポーツ
太田明生(スピードスケート選手)
狩野亮(チェアスキー選手)
北の洋昇(元大相撲力士)
木村庄之助 (32代)(立行司)
桜田一男(元大相撲力士、元プロレスラー)
千田耕平(パワーリフティング選手)
夏見円(元クロスカントリースキー選手)
樋越優一(プロ野球選手)
横山忠夫(元プロ野球選手)
吉野トヨ子(元陸上競技選手)
その他
永山則夫(刑死者、作家)

ゆかりのある人物[編集]

50音順

居串佳一(画家)
石井輝男(映画監督、脚本家)
伊勢谷宣仁(演出家、コーディネーター)
稲嶺誉(元プロ野球選手)
北川ゴルゴロ(日本国内におけるウィルタ(オロッコ)最後のシャーマン)
ダーヒンニェニ・ゲンダーヌ(民族研究家、運動家)
武田時宗(武道家)
東条貞(政治家、ジャーナリスト)
戸川幸夫(小説家)
藤野喜兵衛 (初代)(商人)
三木澄子(児童文学作家)

市民憲章・宣言[編集]

網走市民憲章[編集]

わたしたちは、母なるオホーツクの海に抱かれ、湖と森の美しい自然にかこまれた網走の市民です。

わたしたちには、遠いむかしから風雪にたえぬいて、この地を切り拓いてきた、たくましい先人の心がうけつがれています。

わたしたちは、このまちの市民であることに、かぎりない喜びと誇りをもち、のびゆく網走の良い市民となる願いをこめて、ここに市民憲章を定めます。

1、うみやまの深いみどりをいつまでも美しく、心豊かなまちをつくりましょう。
1、うけついだ文化にまなび、世界の人々と手をつなぎ、新しいオホーツク文化のまちをつくりましょう。
1、たがいにまごころをもってつきあい、老人を大切にし、子どもの夢をそだてるしあわせなまちをつくりましょう。
1、元気で仕事にはげみ、いきがいのあるまちをつくりましょう。
1、みんなが力をあわせ、人のいのちをだいじにする、明るく住みよいまちをつくりましょう。

昭和47年7月17日制定[50]

都市宣言[編集]

「都市宣言」参照[51]

交通安全都市宣言(昭和39年9月30日)
人権擁護都市宣言(昭和48年12月20日)
平和都市宣言(平成3年9月17日)
健康・スポーツ都市宣言(平成21年9月15日)

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 「チバ・シリ」の名称に関して、「チパ」はアイヌ語で祭壇を意味する古語であり、かつて漁に出る時に網走川河口沖にある帽子岩(正式名称「渡良岩」(カムイ・ワタラから転じた))へ、イナウを捧げて祈った場所であった。
  2. ^ a b クルマトマナイとはアイヌ語で「kurmat(=神女)oma(=がいる)nay(=沢)」の意。
  3. ^ ニクリバケはアイヌ語で「ni(=木)kur(=影)pake(=頭)」の意。
  4. ^ ニクルとはアイヌ語で「ni(=木)kur(=影)」の意。
  5. ^ アイヌ語で「tanne(=長い)sirar(=岩)」の意。
  6. ^ 「ポンモイ」とはアイヌ語で「pon(=小さい)moy(=入江)」の意。
出典
  1. ^ 市名の由来と紋章”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ 第2部 網走市の概況 2012, p. 7.
  3. ^ 網走国定公園”. 北海道. 2015年11月5日閲覧。
  4. ^ オホーツクのヤチダモ”. 北海道森林管理局. 2015年11月8日閲覧。
  5. ^ 濤沸湖 (PDF)”. 環境省. 2015年11月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e 第2部 網走市の概況 2012, p. 8.
  7. ^ a b c 第2部 網走市の概況 2012, p. 9.
  8. ^ a b c d e 第11期 網走市農業振興計画 2014, p. 1.
  9. ^ a b c あばしりの概要”. まちづくり. 網走市. 2015年11月6日閲覧。
  10. ^ 日本の平均気温の偏差の算出方法”. 気象庁. 2015年11月6日閲覧。
  11. ^ 近藤純正. “温暖化は進んでいるか(3)”. 近藤純正ホームページ. 2015年11月6日閲覧。
  12. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2013年2月26日閲覧。
  13. ^ 網走市勢要覧資料編(平成26年度) 2014, p. 2.
  14. ^ a b c d e f g h i j オホーツク文化とウィルタとニヴフ”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2008年3月14日). 2015年11月6日閲覧。
  15. ^ 網走市勢要覧資料編(平成26年度) 2014.
  16. ^ 網走市統計書 平成26年版 2014, pp. 152-157.
  17. ^ 全国すり身協会”. 2015年11月6日閲覧。
  18. ^ みなとオアシス網走”. 北海道開発局. 2015年11月11日閲覧。
  19. ^ 健康都市連合日本支部”. 2015年11月11日閲覧。
  20. ^ 姉妹都市・友好都市”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。
  21. ^ 網走市統計書 平成26年版 2014, p. 135.
  22. ^ 網走市議会”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。
  23. ^ a b スポーツ合宿情報”. 網走市. 2015年11月9日閲覧。
  24. ^ a b スポーツツーリズムの展開 (PDF)”. 日本政策投資銀行. pp. 6-10 (2015年2月). 2015年11月9日閲覧。
  25. ^ 網走スポーツ・トレーニングフィールド”. 網走市. 2015年11月9日閲覧。
  26. ^ JOC認定競技別強化センター”. 日本オリンピック委員会(JOC). 2015年11月9日閲覧。
  27. ^ 平成26年度版 商工労働観光概要 2014, p. 2.
  28. ^ a b c 平成25年版 水産統計 2013, p. 1.
  29. ^ a b 網走市観光振興計画 2014, pp. 2-3.
  30. ^ 都道府県別・政令指定都市別・市町村別SC (PDF)”. 日本ショッピングセンター協会. 2015年11月5日閲覧。
  31. ^ 東オホーツクシーニックバイウェイ”. シーニックバイウェイ北海道. 2015年10月27日閲覧。
  32. ^ 史跡・文化財”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。
  33. ^ 桂ヶ岡砦跡 - 文化遺産オンライン(文化庁
  34. ^ 最寄貝塚 - 文化遺産オンライン(文化庁
  35. ^ 天都山 - 文化遺産オンライン(文化庁
  36. ^ a b “国宝・重要文化財(建築物)の指定について” (PDF) (プレスリリース), 文化庁, (2015年10月16日), p. 4, http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/pdf/2015101601.pdf 2016年4月19日閲覧。 
  37. ^ a b 平成28年2月9日をもって正式に旧網走監獄、網走刑務所建造物2件8棟が国より重要文化財の指定を受けました。”. 新・監獄日誌. 網走監獄保存財団 (2016年2月10日). 2016年4月19日閲覧。
  38. ^ a b “重文指定の実感わく”. 経済の伝書鳩 (伝書鳩). (2016年2月26日). http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=92151 2016年4月19日閲覧。 
  39. ^ オホーツク網走フィルムフェスティバル”. 2015年11月7日閲覧。
  40. ^ タラの冷凍すり身”. 網走市. 2015年11月7日閲覧。
  41. ^ すり身発祥地は網走”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2010年1月15日). 2015年11月7日閲覧。
  42. ^ これぞオホーツク。これぞ網走の活き粋き7珍。”. 旅なび!網走. 網走市. 2015年11月7日閲覧。
  43. ^ オホーツク網走ザンギ丼”. 網走市観光協会. 2015年11月7日閲覧。
  44. ^ 網走モヨロ鍋”. 網走市観光協会. 2015年11月7日閲覧。
  45. ^ オホーツク干貝柱塩ラーメン公式ホームページ”. 2015年11月7日閲覧。
  46. ^ 網走のあちこちで見かけるこけしのような「ニポポ」って何?”. 北海道ファンマガジン. PNG Office (2009年1月26日). 2015年11月7日閲覧。
  47. ^ サハリンイルガ”. 網走市観光協会. 2015年11月7日閲覧。
  48. ^ a b c あばしりのゆるキャラ ニポネ”. 網走市観光協会. 2015年11月9日閲覧。
  49. ^ 網走ロケーションガイド”. 2015年11月7日閲覧。
  50. ^ 網走市民憲章”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。
  51. ^ 都市宣言”. 網走市. 2015年11月5日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
網走市公式サイト
網走市役所 - Facebook
北海道_網走市 (@abashirisi) - Twitter
産業
網走商工会議所
網走商工会議所 -Abashiri Chamber of Commerce and Industry - Facebook
網走物産協会
観光
旅なび!網走
旅なび!網走(網走市観光課) (@tabi_abashiri) - Twitter
流氷なび (@ryuhyonavi) - Twitter
おいしい街網走 網走市観光協会
網走市観光協会 - Facebook
イースト北海道ドットコム - ひがし北海道観光事業開発協議会/北海道観光振興機構
ひがし北海道スタイル - Facebook
easthokkaido(ひがし北海道チャンネル) - 公式YouTubeチャンネル