根室振興局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 根室振興局(旧・根室支庁
根室振興局 管内のデータ
Nemuro subpref 2010 Hokkaido.PNG
自治体コード 01690-0
発足 2010年4月1日
根室支庁から改組)
面積 8,534.22 km²
(2009年10月1日)
北方領土の面積を含む)
世帯数 34,192世帯
(2010年3月31日 住民基本台帳
(北方領土を除く)
総人口 76,532
(2017年3月31日 住民基本台帳)
(北方領土を除く)
隣接している
振興局管内
釧路総合振興局(根室市、別海町、中標津町で接する)
オホーツク総合振興局(羅臼町、標津町、中標津町で接する)
根室振興局(旧・根室支庁)
所在地 〒087-8588
根室市常盤町3丁目28番地
根室振興局
外部リンク 根室振興局

根室振興局(ねむろしんこうきょく)は、北海道振興局のひとつ。振興局所在地は根室市2010年平成22年)4月1日根室支庁に代わって発足した。

歴史[編集]

所管[編集]

従来の根室支庁と同一である。

14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、釧路支庁より改組される道東総合振興局(どうとうそうごうしんこうきょく)の下部組織として設置される予定であったが、「格下げ」に対する反発が生じたことから2009年(平成21年)3月に条例を改正。根室を始めとする5振興局については、総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされる一方で、「広域で所管することが望ましい業務」に関しては、隣接する釧路総合振興局が根室振興局の管内においても事務に当たることが出来るものとされた。

なお、北海道庁では、本庁で行っている北方領土返還運動に関する業務を根室振興局へ全面的に移管することを提案している。

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷[編集]

以下は、根室振興局管内における都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市の DID 人口が1万人以上)の変遷である。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
根室市 根室 都市圏
42880人
根室 都市圏
36912人
根室 都市圏
34934人
根室 都市圏
33150人
根室 都市圏
31202人
根室 都市圏
29201人
根室市
別海町 - - - - - - 別海町
中標津町 中標津 都市圏
21187人
中標津 都市圏
21900人
中標津 都市圏
22326人
中標津 都市圏
23179人
中標津 都市圏
23792人
- 中標津町
標津町 - - - - - - 標津町
羅臼町 - - - - - - 羅臼町

地理[編集]

根室振興局の自治体
1.根室市 / 2. 別海町 / 3. 中標津町 / 4. 標津町 / 5. 羅臼町 / 6. 色丹村 / 7. 泊村 / 8. 留夜別村 / 9. 留別村 / 10. 紗那村 / 11. 蘂取村
北方領土
A.歯舞群島 / B. 色丹島 / C. 国後島 / D. 択捉島

人口[編集]

Demography01690.svg
根室振興局と全国の年齢別人口分布(2005年) 根室振興局の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 根室振興局
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
根室振興局(に相当する地域)の人口の推移
1970年 97,513人
1975年 98,854人
1980年 99,131人
1985年 96,525人
1990年 92,224人
1995年 89,367人
2000年 86,493人
2005年 84,057人
2010年 80,569人
2015年 76,621人
総務省統計局 国勢調査より

外部リンク[編集]