空知支庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 空知支庁(現・空知総合振興局
空知支庁
2010年4月1日 空知総合振興局に改組)
Sorachi subpref Hokkaido.png
自治体コード 01420-6
改組 空知支庁 → 空知総合振興局
面積 6,558.22 km²
2009年10月1日)
世帯数 148,615世帯
2005年10月1日 国勢調査
総人口 365,594
(2005年10月1日 国勢調査)
隣接していた支庁 石狩支庁上川支庁留萌支庁胆振支庁
空知総合振興局(旧・空知支庁)
所在地 〒068-8558
岩見沢市8条西5丁目
外部リンク 空知総合振興局
空知総合振興局庁舎

空知支庁(そらちしちょう)は、かつて北海道に存在した支庁のひとつ。支庁名は石狩国空知郡に由来する。支庁所在地は岩見沢市2010年平成22年)4月1日空知総合振興局に改組。

歴史[編集]

  • 江戸時代の空知郡域は西蝦夷地に属し松前藩領となっていた。
  • 1897年明治30年) - 空知支庁設置
  • 1899年(明治32年) - 富良野村(現在の上富良野町中富良野町富良野市南富良野町)を上川支庁へ移管
  • 2006年(平成18年)3月27日 - 岩見沢市に栗沢町、北村を編入。
  • 2008年(平成20年)6月28日 - 北海道議会において、留萌支庁を上川支庁に編入する等、14支庁を9地域に再編し、名称を支庁から地域振興局に改める旨の条例案が可決された。この条例では、石狩振興局道央総合振興局(旧空知支庁より改組)の下に置かれることになっていた。
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 他の総合振興局への編入対象となった支庁の反発を受け、北海道議会で条例の改正案が可決。これに伴い、振興局は総合振興局と同等の扱い(地方自治法上の支庁)へ改められるとともに、広域で所管することが望ましい業務に関しては隣接する総合振興局の所掌事務とすることが出来るとされた。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 空知支庁が廃止され、空知総合振興局が発足。同時に、旧空知支庁に属した幌加内町が上川総合振興局に編入される[1]


地理[編集]

道内における空知支庁の位置

南北に長い領域を貫くJR函館本線道央自動車道国道12号を軸に多数の鉄道幹線道路が接続しており、枝分かれした樹木のような形の交通網を形成している。中でも、鉄道と幹線道路の両方で接続路線を有する岩見沢市(JR室蘭本線国道234号)・滝川市(JR根室本線国道38号国道451号)・深川市(JR留萌本線国道233号/深川留萌自動車道国道275号)の3市は交通の要衝として、広域的にも重要な位置づけとなっている。

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷[編集]

以下は、旧・空知支庁(現・空知総合振興局)管内における都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市の DID 人口が1万人以上)の変遷である。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
深川市 深川 都市圏
35376人
深川 都市圏
30652人
深川 都市圏
28770人
深川 都市圏
35079人
深川 都市圏
32784人
深川 都市圏
29901人
深川市
妹背牛町 - - - 妹背牛町
秩父別町 - - - 秩父別町
北竜町 - - - - - - 北竜町
沼田町 - - - - - - 沼田町
雨竜町 - - - - - - 雨竜町
新十津川町 滝川 都市圏
60610人
滝川 都市圏
96034人
滝川 都市圏
92022人
滝川 都市圏
94421人
滝川 都市圏
90141人
滝川 都市圏
96779人
新十津川町
滝川市 滝川市
奈井江町 - 奈井江町
上砂川町 - 上砂川町
砂川市 砂川 都市圏
25355人
- 砂川市
歌志内市 - - - 歌志内市
赤平市 赤平 都市圏
25467人
赤平 都市圏
19407人
- - - 赤平市
芦別市 - 芦別 都市圏
25078人
芦別 都市圏
22931人
芦別 都市圏
21026人
- - 芦別市
浦臼町 - - - - - - 浦臼町
月形町 - - - - - - 月形町
美唄市 美唄 都市圏
38550人
美唄 都市圏
35165人
美唄 都市圏
33434人
美唄 都市圏
31181人
美唄 都市圏
29083人
美唄 都市圏
26034人
美唄市
三笠市 岩見沢 都市圏
111714人
岩見沢 都市圏
105884人
岩見沢 都市圏
108027人
岩見沢 都市圏
109857人
岩見沢 都市圏
105604人
岩見沢 都市圏
100366人
三笠市
岩見沢市 岩見沢市
栗沢町
北村 - -
夕張市 夕張 都市圏
41715人
- - - - - 夕張市
栗山町 - - - - - - 栗山町
由仁町 - - - - - - 由仁町
長沼町 - - - - - - 長沼町
南幌町 - - 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 札幌 都市圏 南幌町

地域[編集]

空知支庁の自治体
1. 夕張市 / 2. 岩見沢市 / 3. 美唄市 / 4. 芦別市 / 5. 赤平市 / 6. 三笠市 / 7. 滝川市 / 8. 砂川市 / 9. 歌志内市 / 10. 深川市 / 11. 南幌町 / 12. 奈井江町 / 13. 上砂川町 / 14. 由仁町 / 15. 長沼町 / 16. 栗山町 / 17. 月形町 / 18. 浦臼町 / 19. 新十津川町 / 20. 妹背牛町 / 21. 秩父別町 / 22. 雨竜町 / 23. 北竜町 / 24. 沼田町 / 25. 幌加内町

空知地方は全域が石狩国の領域に属するが、南北に長い領域を持つため、さらに細分して南空知・中空知・北空知と区分することがある。

北空知
中空知
南空知


その他[編集]

  • 北海道の地域の分類としては道央エリアに属するとみなすことが多いが、北空知地方(雨竜町を含む場合もある)については、場合によっては道北エリアとみなす場合がある。例えば運輸支局の管轄は赤平市・滝川市・新十津川町以南と深川市・妹背牛町・雨竜町以北で分かれており(南が札幌、北が旭川)、自動車のナンバーもこれに合わせて「札幌」「旭川」となる。またNHKも、滝川市以南が札幌放送局エリアなのに対し、深川市以北は旭川放送局エリアとなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]