上磯郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北海道上磯郡の位置(1.知内町 2.木古内町 黄:明治期 薄緑:後に他郡から編入した区域)

上磯郡(かみいそぐん)は、北海道渡島国渡島総合振興局

人口8,878人、面積418.62km²、人口密度21.2人/km²。(2017年3月31日、住民基本台帳人口)

以下の2町を含む。

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、木古内町および北斗市の一部(追分、久根別、中野通、清川、野崎、戸切地以南)を加えた区域にあたる。知内町は明治14年(1881年)に福島郡から編入された区域である。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

室町時代までに道南十二館のうち中野館・茂別館が築かれていた。茂別館は応仁の乱のちょうど10年前の1457年康正3年、長禄元年)に起きたコシャマインの戦いの際も、落城しなかった館のひとつである。七重浜では松前藩祖・武田信広公がコシャマイン親子を討取り、その後戦いは散発したものの蜂起は平定された。

江戸時代の上磯郡域は和人地となっていた。陸上交通は、津軽郡松前亀田郡箱館を結ぶ奥州街道松前道)が東西に走り、木古内から檜山郡の上ノ国までは木古内山道が通じていた。寛永18年には木古内村に真宗大谷派函館別院の前身の阿弥陀堂が建立されたが、これは宝永7年亀田郡の箱館(函館)に移転している。

上磯郡は当初松前藩領とされていたが、江戸時代後期文化4年、上磯郡域を含む渡島国域が天領とされた。文政4年いったん松前藩領となり、安政元年には野崎に戸切地陣屋が築かれたが、安政2年、上磯郡域は再び天領とされ松前藩が警固を行った。戊辰戦争箱館戦争)終結直後の1869年8月15日大宝律令国郡里制を踏襲して上磯郡が置かれた。

郡発足以降の沿革[編集]

北海道一・二級町村制施行時の上磯郡の町村(7.上磯村 8.木古内村 9.茂別村 10.知内村 桃:北斗市 青:区域が発足時と同じ町村)

参考文献[編集]

関連項目[編集]