和田岬砲台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田岬砲台

和田岬砲台(わだみさきほうだい)は、神戸市兵庫区にある砲台跡。国指定の史跡である。

和田岬の先端近く、三菱重工業敷地内に残る。勝海舟の設計で1863年文久3年)着工、1864年(元治元年)完成。工費二万五千両。当時徳川幕府は同時に神戸の川崎舞子和田岬西宮香櫨園今津淡路島松帆に同型の砲台を建設したが、現存するのは和田岬香櫨園西宮砲台)のみ。実戦には使用せずに終わる。「臼砲台」「石堡塔」と呼ばれていた。

現在は三菱重工業神戸造船所内にあるため、一般公開時以外は予約が必要である。

歴史[編集]

  • 1863年(文久3年) 勝海舟の設計により徳川幕府が建設、嘉納次郎作が工事請負、着工。
  • 1864年(元治元年) 完成。
  • 1921年(大正11年) 兵庫県史跡第1号に指定[1]
  • 1925年(大正15年) 屋根及び内部の大修理実施。
  • 2009年(平成21年) 内部・外部周辺大修理[2]
  • 2014年(平成26年) 平成の大修理が完了。

構造[編集]

外郭部は塩飽諸島御影石による石造、内部は神戸布引鉄拐山ケヤキ材を使用した木造2階建て。当時は周囲に星型土塁が築かれていた。また内部には砲身冷却用の井戸がある。高さは約6間、周囲約21間。

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 和田岬砲台”. 三菱重工. 2013年2月25日閲覧。
  2. ^ 史跡和田岬砲台「平成の大修理」の開始”. 神戸市 (2009年12月3日). 2009年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度39分8.5秒 東経135度11分5.6秒