香櫨園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香櫨園(こうろえん)とは、兵庫県西宮市夙川中・下流域の地域名である。西宮七園の一つに数えられる。

名称は1907年明治40年)に香野蔵治櫨山喜一が夙川西岸の羽衣町、霞町、松園町、相生町、雲井町、殿山町周辺地域(現在の阪急神戸本線夙川駅西側)に開設した香櫨園遊園地に由来する。当時関西最大だったこの遊園地は、開園後2年で外国人経営の土地会社サミエル商会の手に渡り、1913年大正2年)に廃園。一部の施設は河口へ移った。

1920年(大正9年)に阪神急行電鉄が開通して高級住宅地となった。阪神電鉄が遊園地経営に関与していたために、阪神香櫨園駅は移転後の遊園地の付近にある。そのため、阪急は住宅分譲に「香櫨園」の名を使うことはできなかったため、阪急沿線では住宅名に「夙川」と付けるのが普通である。

海岸はかつて香櫨園海水浴場として親しまれた御前浜。同地には西宮砲台(国の史跡)があり、その東は西宮マリーナである。

西宮市大谷記念美術館辰馬考古資料館菊池貝類館などの博物館、美術館が立地している。

参考文献[編集]

  • 『兵庫県大百科事典 上巻』 神戸新聞出版センター(編集・制作)、神戸新聞出版センター、1983年