御前浜橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御前浜橋全景 奥は西宮大橋。

御前浜橋(おまえはまばし)とは、兵庫県西宮市の跳開式可動橋

概要[編集]

西宮大橋より御前浜橋を望む

兵庫県西宮市の西波止町と西宮浜を結ぶ跳開式の橋である。西宮浜と本土を結ぶ橋にはほかに西宮大橋があるが、同橋は航路を確保するために桁下が高いため、歩行者や自転車の通行の便を図るために桁下を下げ、さらに船舶交通にも配慮した跳ね橋として1999年6月に開通した[1]

通過する船がなくても定期的に開閉を行うが、地元住民から「定期的に動かす手間が無駄であり、また通行の迷惑ともなる」として住民監査請求2004年に出された[2]。2020年現在も土曜日、日曜日、祝日に1日4回、橋は跳ね上がるが、2019年に跳ね橋の機構を必要とする船舶の通過数は0だった[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 市からの伝言板 御前浜橋の建設の経過と現状について 西宮市政ニュース、2005年12月10日(1241号)。
  2. ^ 「御前浜橋にかかる西宮市職員措置請求」の監査結果について(通知) (PDF) 、西宮市監査委員、平成16年5月24日
  3. ^ 「跳ね橋、一日4回開くが」”. MBS (2020年8月18日). 2020年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度43分17.7秒 東経135度20分4.3秒 / 北緯34.721583度 東経135.334528度 / 34.721583; 135.334528