卍 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Quicksand
著者 谷崎潤一郎
イラスト 装幀:中川修造
発行日 1931年4月
発行元 改造社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 和装本
公式サイト [1]
コード NCID BA51547926
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

』(まんじ)は、谷崎潤一郎の長編小説。両性愛の女性と関係を結ぶ男女の愛欲の物語。2組の男女の関係が交錯する「卍」模様の倒錯的な愛が大阪弁によって描かれている[1]

雑誌『改造』の1928年(昭和3年)3月号から翌1929年(昭和4年)4月号、6月号から10月号、12月号、1930年(昭和5年)1月号と4月号に断続的に連載された[1]。単行本は1931年(昭和6年)4月に改造社より刊行された[2]

あらすじ[編集]

園子による氏名不詳の「先生」に対する告白録という形式で話が進む。美術学校に通い始めた園子はそこで徳光光子という女性と知り合う。数日経って、学校では「2人が同性愛の関係にあるのではないか」という悪意に満ちた噂が広まる。

当初は根も葉も無い噂に過ぎなかったが、会うたびに2人の親密度は増して行き同性愛関係を結び、遂に園子の夫に知られて夫婦喧嘩に至る。そうした中、光子の妊娠が判明する。光子と婚約していた綿貫栄次郎が園子の前に現れ、光子との関係を強化するために誓約書を作る。かくして、その誓約書が新聞社に知られてしまい、園子と光子との関係は白日の下に晒されてしまうのだった。

登場人物[編集]

柿内園子
夫がいながら徳光光子と交際している。
柿内孝太郎
園子の夫。妻が光子と交際していることを苦々しく思っていたが、光子と関係を持つようになる。
徳光光子
園子と性的な関係を持っていながら、男性とも戯れる女性。
綿貫栄次郎
光子と婚約していたが、彼女の同性愛の噂によって断念した。性的不能者。

映画化[編集]

ゲーム化[編集]

1983年(昭和58年)の映画化に合わせ、パソコンゲームアダルトゲーム)が開発・販売された。ジャンルはコマンド入力式アドベンチャーゲームで、開発はホット・ビィ、販売はCSKソフトウェアプロダクツ。対応機種はFM-7PC-8800シリーズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「谷崎潤一郎作品案内」(夢ムック 2015, pp. 245-261)
  2. ^ 「主要著作目録」(アルバム谷崎 1985, p. 111)

参考文献[編集]