風致地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

風致地区(ふうちちく)とは、1919年大正8年)に制定された都市計画法において、都市内外の自然美を維持保存するために創設された制度である。指定された地区においては、建設物の建築や樹木の伐採などに一定の制限が加えられる。「風致」とは、「おもむき、あじわい、風趣」の意[1]

概要[編集]

制度としては、1926年大正15年)に、東京の明治神宮周辺地区が初の風致地区に指定され[2][3]、その考え方や、指定基準、運用方法等が整備された。また、同年に設立された都市美協会が翌1927年昭和2年)提案した「都市の風致及び美観の件」などで徐々に浸透が進み、1930年昭和5年)には京都府東京府(当時)で風致地区の指定がなされ、その後、全国各地に広がりをみせた。

戦中、戦後から高度成長期にかけては停滞期が続いたが、鎌倉市による古都保存運動を契機に成立した古都保存法1966年)、建設省通知による風致地区基準の明示(1970年)、文化財保護法改正(1975年)など法的整備に加え、住民運動の高まりもあって、風致地区条例を制定する地方自治体が再び増えてきた。

1980年代以降は、「まちづくり」、「環境問題」等もふまえ、より広がりのある景観条例制定の動きが進んでおり、特に、2004年平成16年)制定された景観法は景観条例の法的裏付けとなるものであり、今後の風致地区の展開にも影響を与えるものと見られる。

問題[編集]

法律や条令によって、建築など一連の土木行為や、樹木の伐採植樹などに、様々な制限が加えられるため、土地や建築物などの有効活用を図りたい地権者やデベロッパーらと、風致賛成側の住民および自治体側らの間で、軋轢が発生することもある。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑
  2. ^ 「緑確保の総合的な方針」学識経験者等検討委員会 (2009年12月) (pdf), 「緑確保の総合的な方針」学識経験者等検討委員会報告書, 東京都都市整備局, p. 49, http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/seisaku/midori_kakuho/houkoku.pdf 2015年6月2日閲覧。 
  3. ^ 国土交通省都市局 (2014年3月31日), “風致地区の指定状況” (pdf), 都市緑化データベース (国土交通省都市局): p. 3, http://www.mlit.go.jp/crd/park/joho/database/toshiryokuchi/download/pdf/fuuchi.pdf 2015年6月2日閲覧。 
  4. ^ http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/kouen/fuuti/ 東京都建設局

関連項目[編集]