佐藤政養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
佐藤政養

佐藤 政養(さとう まさやす、文政4年12月1821年) - 明治10年(1877年8月2日)は、江戸時代末期(幕末)から明治初期の蘭学者、鉄道技術者。通称は与之助。号は李山。

経歴[編集]

出羽国飽海郡升川村(→直世村升川→現・遊佐町直世升川)の農民佐藤与兵衛の長男。

幼い頃から才気煥発で、弘化元年(1844年)に出羽庄内藩の選抜で江戸に上り、広木貫助砲術を、勝海舟蘭学を、伊藤鳳山に漢籍を、佐藤恒俊彫刻を学んだ。安政4年(1857年)、長崎海軍伝習所の生徒として長崎に至り、安政6年(1859年)秋に来日したグイド・フルベッキに測量や軍艦操練を学ぶ。同年に庄内藩組外徒士格、江戸幕府軍艦操練所蘭書翻訳方として役付きとなった。

文久2年(1862年)に大坂台場詰鉄砲奉行、元治元年(1864年)に神戸海軍操練所を司り、14代将軍徳川家茂の大坂港視察に帯同した。また幕閣に神奈川に代わる横浜開港を建議した。

明治維新後は民部省の初代鉄道助となり、日本初の鉄道路線となる新橋 - 横浜間の鉄道敷設に尽力した。また、明治3年(1870年)に小野友五郎と共に東海道の調査を行い、中山道の線路敷設を提案した調査報告書を上申、この案が中山道幹線敷設に繋がった。

明治9年(1876年)5月、病気により依願免官し翌10年(1877年)8月2日に55歳で死去。墓所は東京都港区青山霊園にある。

昭和39年(1964年)、国鉄吹浦駅前に銅像が建てられ、それ以来、鉄道の日である毎年10月14日に地元では顕彰祭を行っている。

関係史料[編集]

  • 参考文献『日本国有鉄道百年史 2』口絵に佐藤の写真と文書が紹介されており、「鉄道助佐藤政養が高級技術者として新橋・横浜間および大阪・神戸間の鉄道建設に従事していたとき書き残した意見書類は、当時の鉄道建設事情を知るうえに貴重な資料である。この佐藤政養文書(8巻)は、昭和38年鉄道記念物に指定され、現在交通博物館に保存されている」と記されている。

参考文献[編集]

  • 『日本国有鉄道百年史 第2巻』日本国有鉄道、1970年。
  • 『明治過去帳』大植四郎(編)、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 『洋学史事典』日蘭学会(編)、雄松堂出版、1984年。
  • 『新編 庄内人名辞典』庄内人名辞典刊行会(編刊)、1986年。
  • 『坂本龍馬』松浦玲、岩波書店<岩波新書1159>、2008年。
  • 国内初の鉄道開設に尽力 佐藤政養の功績学ぶ 山形・遊佐 (河北新報 2010年10月16日)
  • 『飽海郡誌. 巻之10』(国立国会図書館デジタル化資料)
  • 鉄道史学会編『鉄道史人物事典』日本経済評論社、2013年、214-215頁
  • 丸山健夫 『筆算をひろめた男-幕末明治の算数物語』 臨川書店 平成27年(2015年) ISBN 978-4-653-04225-9