軍艦操練所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軍艦操練所(ぐんかんそうれんじょ)とは、江戸幕府幕末に海軍士官の養成のために築地に設置した教育機関である。築地軍艦操練所とも呼ぶ。

沿革[編集]

黒船来航後に幕府海軍の建設に乗り出した江戸幕府は、最初の本格的な海軍教育機関として、1855年(安政2年)に長崎海軍伝習所を設置した。そして、長崎に続いて、江戸の築地にあった講武所のなかにも海軍教育部門を設けることにした。1857年(安政4年)に、永井尚志以下の長崎海軍伝習所の学生の一部が蒸気船「観光丸」で江戸に移動し、講武所内に軍艦教授所が開かれた[1]

その後、軍艦教授所は、軍艦操練所と改称した。しばらくは長崎海軍伝習所と並立していたが、江戸から遠い長崎に伝習所を維持する財政負担の大きさや、西洋式軍事技術の導入に消極的な井伊直弼大老就任により[2]、1859年(安政6年)に長崎海軍伝習所は閉鎖された。そのため、軍艦操練所は以後の幕府海軍教育の中核施設となった。当初の教育対象は幕臣に限定されていたが、万延年間(1860-1861年)には諸藩からの学生も受け入れるようになった。1864年元治元年)に付近で発生した火災が延焼して、施設の大半を失った。勝海舟はこれを期に神戸海軍操練所を整備しようと画策したが、小栗忠順らが速やかに築地軍艦操練所を再建したため、従来の方針が維持された[1]

軍艦操練所はさらに軍艦所と改称され、1866年慶応2年)には教育だけでなく幕府海軍の行政機関としての機能も追加されて、最終的に海軍所となった[1]1867年(慶応3年)に再度の火災に遭って焼失し、築地から浜御殿へと移転した。新たにイギリスのトレーシー顧問団による教育が行われる予定であったが、大政奉還王政復古に伴う幕府瓦解により、実現しないままに終わった[3]

教育体制[編集]

長崎海軍伝習所と比べると、長崎ではオランダ軍事顧問団が教官を務めたのに対し、軍艦操練所では基本的に日本人教官による教育が行われた点が異なっている。軍艦操練所の教授陣は長崎海軍伝習所の卒業生が中心で、小野友五郎荒井郁之助肥田浜五郎佐々倉桐太郎、勝海舟などが挙げられる。ジョン万次郎も教授を務めた時期がある。慶応年間になってイギリス軍事顧問団による教育が計画され、トレーシー中佐以下12人のイギリス海軍軍人が招聘されたが、前述のように幕府瓦解により実現せずに終わった[3]

練習艦として、蒸気船「観光丸」「咸臨丸」「朝陽丸」や帆船「鵬翔丸」「昌平丸」「君沢形」などが使用された。「咸臨丸」による万延元年遣米使節派遣に際しては、勝海舟ほかの軍艦操練所教授方・教授方手伝らが幹部として乗艦している[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 藤井(1991年)、150-151頁。
  2. ^ 松浦(1968年)、64頁。
  3. ^ a b 藤井(1991年)、155頁。
  4. ^ 松浦(1968年)、66-67頁。

参考文献[編集]

  • 藤井哲博 『長崎海軍伝習所―十九世紀東西文化の接点』 中央公論社〈中公新書〉、1991年。
  • 松浦玲 『勝海舟』 中央公論社〈中公新書〉、1968年。

外部リンク[編集]