グイド・フルベッキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベック
Guido Herman Fridolin Verbeck.jpg
グイド・フルベッキ
生誕 1830年1月23日
オランダユトレヒト州ゼイスト
死没 (1898-03-10) 1898年3月10日(満68歳没)
日本東京府東京市赤坂区
職業 宣教師法学者神学者聖書翻訳者教育者
配偶者 マリア・マンヨン

グイド・ヘルマン・フリドリン・フェルベックGuido Herman Fridolin Verbeck、あるいはVerbeek[1]1830年1月23日 - 1898年3月10日)は、オランダ出身[2]で、アメリカ合衆国に移民し、日本に宣教師として派遣され活躍した法学者神学者宣教師

日本で発音されやすいようフルベッキと称したことから、現在に至るまでこのように表記されている。

生涯[編集]

初期[編集]

1830年にオランダ、ユトレヒト州ザイストで資産家の父カールと教育者の母アンナとの間に8人兄弟の6番目の子供として生まれた[3][4]。フルベッキ家は代々モラヴィア派に属していたので、フルベッキはモラヴィア派の学校に通い、同派の学校でオランダ語、英語、ドイツ語、フランス語を習得している。また、同派で洗礼を受けた。ただしザイスト市の資料では、家族全員がルター派として登録されている[5]。フルベッキはモラヴィア派の影響で、宗派的な対立には寛容であったとされる[5]。少年時代、中国宣教師のカール・ギュツラフにより東洋宣教の話を聞き、海外伝道に興味を持っていた。モラヴィア派の学校を卒業後、ユトレヒト工業学校に進学し、工学を学んだ。

アメリカ移住[編集]

1852年9月2日、22歳のフルベッキはニューヨーク州オーバン市にいた義理の兄弟の招きでアメリカに渡り、ウィスコンシン州の鋳物工場で働くようになる。1年後にニューヨークに移動、更にアーカンソー州でエンジニアとして働くことを選び、橋や機械類をデザインした。同じ時期に南部の奴隷たちの状態を見て心を痛め、またハリエット・ビーチャー・ストウの兄弟であったヘンリー・ウォード・ビーチャーの教えにも心を動かされる。その後1854年の夏にコレラにかかり重症となるが、完治した暁には宣教者になることを誓った。奇跡的に回復したフルベッキは1855年にニューヨーク市にある長老派のオーバン神学校に入学した。神学生の時に、サミュエル・ロビンス・ブラウンの牧会するサンド・ビーチ教会で奉仕をした。これをきっかけに、ブラウンと共に日本に宣教することになる。

1859年オーバン神学校を卒業する時に、ブラウン、シモンズと一緒に米国オランダ改革派教会の宣教師に選ばれた。直後の3月22日長老教会で按手礼を受けるが、翌日改革教会に転籍して、正式に米国オランダ改革派教会の宣教師に任命された。4月18日にマリア・マンヨンと結婚し、5月7日にサプライズ号で、ブラウン、シモンズと共に日本へ向けてニューヨーク港より出版した。

長崎時代[編集]

上海に一時寄港した後、ブラウンとシモンズは先に神奈川に渡り、上海に妻マリアを残して11月7日に、日本語習得のために長崎に一人で上陸した。フルベッキは長崎の第一印象を「ヨーロッパでもアメリカでも、このような美しい光景を見たことはない」と記している。長崎では聖公会ジョン・リギンズチャニング・ウィリアムズに迎えられ、崇徳寺広徳庵に同居した[6]。その後、12月19日に妻マリアを上海より呼び寄せた。1860年1月26日には長女を授かり、エンマ・ジャポニカと命名するが、生後2週間で死去する。

長崎では、開国後も依然としてキリシタン禁制の高札が掲げられており、宣教師として活動することができなかった。しばらくは私塾で英語などを教え生計を立てていた。1862年には、自宅でバイブルクラスを開いた。また1861年から1862年にかけては佐賀藩大隈重信副島種臣がフルベッキの元を訪れ、英語の講義を受けている。1863年(文久3年)の生麦事件をきっかけとした薩英戦争の時は上海に避難して、1864年に長崎に戻った。また大隈重信副島種臣はこの頃から、フルベッキから英語の個人授業を受けている[7][8]。大隈はフルベッキの授業によってキリスト教に興味を抱いたと述懐している[9]

1864年(元治元年)には、長崎奉行より幕府が長崎につくった長崎英語伝習所(フルベッキが在籍した当時は洋学所→済美館→広運館などと呼ばれた)の英語講師への招聘があり、フルベッキはお雇い教師として幕府に雇われることになった。済美館の教え子には何礼之平井希昌がおり、また大山巌も学生の一人であったといわれている[10]。なお、上野彦馬が撮影したフルベッキの写真(済美館の生徒と共に写る集合写真)が長崎歴史文化博物館に残されている。何礼之はその後私塾を開き、前島密陸奥宗光高峰譲吉安保清康山口尚芳らを輩出した[11]。何礼之私塾の塾生はフルベッキのアドバイスや援助も受けていた[12]

慶応3年11月、佐賀藩前藩主の鍋島直正等と親交があった関係で、佐賀藩がフルベッキを雇用することになった[13]。しかし佐賀藩が外国人の立ち入りを認めなかったため、フルベッキのために長崎に藩校「蕃学稽古所(慶応4年8月25日以降は致遠館)」[14]が設立された[13]。英語、政治、経済などについて講義をしている。また、オランダで工科学校を卒業した経歴から工学関係にも詳しく、本木昌造活字印刷術にも貢献している。同年には佐賀藩家老の村田若狭と弟綾部恭に洗礼を授け、1868年には仏僧清水宮内に洗礼を授けた[15]伊藤博文はフルベッキの門弟だったといわれることもあるが、伊藤は長崎に長期滞在したこともなく、直接の関わり合いを示す文書は残っていない[16]。しかし伊藤はフルベッキが滞在していた大徳寺に宿泊したことがあり、フルベッキの弟子である何礼之の弟子、芳川顕正を大徳寺に呼び寄せて英語を学んでいたことから、両者の間に何らかの接触があったと見られている[17]。またほかに相良知安山口尚芳本野盛亨らを輩出している[18]

慶応3年から4年にかけては薩摩藩土佐藩によるフルベッキの引き抜きが行われようとしたが、大隈らが1000両の給金を支払うよう藩にかけあったことで決着している[18]。明治元年には岩倉具視の子、岩倉具定岩倉具経が門弟となり、致遠館で学んだ[19]

東京時代[編集]

上京前のフルベッキと致遠館の学生(フルベッキ群像写真)(上野彦馬撮影)。この写真は昭和49年に島田隆資によって慶応元年の幕末の志士たちの集合写真であるという説が唱えられるようになったが、現在では明治元年頃に撮影された写真と見られている[16]

1869年(明治2年)2月13日に、フルベッキは突然明治政府より、大学設立のために江戸に出仕するように通達を受ける。到着したばかりの後任宣教師ヘンリー・スタウトに伝道を引き継ぎ、江戸に向かった。江戸では、法律の改革論議の顧問と大学の設立の仕事だった。

1868年6月にフルベッキは大隈重信に、日本の近代化についての進言(ブリーフ・スケッチ)を行った。それを大隈が翻訳し、岩倉具視に見せたところ、1871年11月に欧米視察のために使節団を派遣することになった(岩倉使節団)。直前までフルベッキが岩倉に助言を与えていた。1877年には、日本政府より勲三等旭日章を授与された。

1868年に復興した開成学校(旧幕府開成所)の教師を務めながら、学校の整備を行い、1869年12月には大学南校と改称した(1873年には再び開成学校)。

大学南校在職中の1870年10月から1873年まで教頭を務め、規則や教育内容の充実に努めた。大学南校在職中の1871年(明治4年)10月5日、明治天皇より学術の功績への感謝と更なる発展への期待を希望する旨の勅語を賜わる。1872年には、福井藩明新館で教師をしていたウィリアム・エリオット・グリフィスを呼び寄せて、化学の教授をさせた。ダビッド・モルレーが文部省より督務館として召還されたときには大変信頼し、高橋是清に家を探させた。

1873年(明治6年)に政府左院において翻訳顧問となり、1875年(明治8年)から1877年(明治10年)まで元老院に職を奉じた。この間の1874年(明治7年)にラトガース大学より神学博士の学位を授与された。しかし、宣教師としての活動に意欲を見せるようになり、1877年(明治10年)9月に官職を退き、東京一致神学校華族学校学習院)の講師を務めた。

1878年7月には一時アメリカに帰国するが、翌1879年には宣教師として再来日する。

1886年(明治19年)明治学院の開学時には、理事と神学部教授に選ばれて、旧約聖書注解説教学の教授を務めている。1888年には明治学院理事長を務める。

1884年には高崎や高知に、1885年には板垣退助と共に高知市に渡り、伝道活動をした。また、長崎にもたびたび伝道旅行をした。1883年4月大阪で開かれた宣教師会議で「日本におけるプロテスタント宣教の歴史」について講演した。1878年には日本基督一致教会中会で旧約聖書翻訳委員に選ばれ、文語訳聖書詩篇などの翻訳に携わった。1888年2月の旧約聖書翻訳完成祝賀会では、フルベッキが聖書翻訳の沿革について講演した。

死去[編集]

1898年(明治31年)3月10日昼頃、フルベッキは赤坂葵町の自宅で心臓麻痺のために急死した。葬儀は、3月13日に芝日本基督教会で行われ、ディビッド・タムソン宣教師が司式し、ジェームス・ハミルトン・バラが説教をした。遺体は青山墓地に埋葬されている。

子孫[編集]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 基督教不廃物論(高橋五郎訳、1888年、東京聖教書類会社)

脚注[編集]

  1. ^ オランダではVerbeekでフェアビークと呼ばれていた。アメリカ移住のとき、アメリカ人が発音しやすいようにVerbeckと変えた(村瀬寿代 2003, pp. 56)。一方で青山墓地のフルベッキの墓碑銘はVerbeekと刻されている(村瀬寿代 2003, pp. 71)。
  2. ^ フルベッキはオランダに長い間帰国しなかったのでオランダ国籍を喪失した。友人グリフィスも著書で彼を「国籍のない人」と言っている。
  3. ^ フルベッキ家は裕福なアムステルダムの商人で、ドイツ人とオランダ人の名家の婚姻によって生まれた家である。(『長老・改革教会宣教師来日辞典』187ページ)
  4. ^ 村瀬寿代 2003, pp. 56.
  5. ^ a b 村瀬寿代 2003, pp. 57.
  6. ^ 守部喜雅2009,pp.179-180.
  7. ^ 村瀬寿代 2001, pp. 30.
  8. ^ 村瀬寿代 2001, pp. 33.
  9. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 69.
  10. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 70.
  11. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 76.
  12. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 76-77.
  13. ^ a b 村瀬寿代 2001, pp. 31.
  14. ^ 舎長副島種臣、その補佐が大隈重信
  15. ^ 守部喜雅(2009年)、180ページ
  16. ^ a b 村瀬寿代 2000, pp. 81.
  17. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 83.
  18. ^ a b 村瀬寿代 2001, pp. 32.
  19. ^ 村瀬寿代 2000, pp. 87.

参考文献[編集]

  • 高谷道男編訳 『フルベッキ書簡集』 新教出版社、1978年
  • 大橋昭夫、平野日出雄著 『明治維新とあるお雇い外国人 フルベッキの生涯』 新人物往来社、1988年
  • 村瀬寿代「長崎におけるフルベッキの人脈」、『桃山学院大学キリスト教論集』第36巻、桃山学院大学、2000年、 63-94頁、 NAID 110000215333
  • 村瀬寿代「フルベッキ研究の新たな可能性」、『桃山学院大学キリスト教論集』第37巻、桃山学院大学、2001年、 19-43頁、 NAID 110000215336
  • 村瀬寿代「フルベッキの背景:オランダ,アメリカの調査を中心に」、『桃山学院大学キリスト教論集』第39巻、桃山学院大学、2003年、 63-94頁、 NAID 110000215246
  • W.E.グリフィス著、村瀬寿代訳編 『新訳考証 日本のフルベッキ:無国籍の宣教師フルベッキの生涯』 洋学堂書店、2003年
  • 中島耕二、辻直人大西晴樹 『長老・改革教会来日宣教師事典』(日本キリスト教史双書) 新教出版社、2003年
  • 馬場章編 『上野彦馬歴史写真集成』 渡辺出版、2006年
  • 加治将一 『幕末維新の暗号-群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか』 祥伝社、2007年
  • 世界の秘教研究会編著 『秘密結社の暗号FILE 決定版』 学習研究社、2009年
  • 守部喜雅 『日本宣教の夜明け』(マナブックス) いのちのことば社、2009年
  • 守部喜雅 『聖書を学んだサムライたち』(フォレストブックス) いのちのことば社、2010年
  • 片桐勧 『明治お雇い外国人とその弟子たち』 新人物往来社、2011年
  • 斎藤充功 『「フルベッキ群像写真」と明治天皇"すり替え"説のトリック』 ミリオン出版社、2012年
  • 加治将一 『ビジュアル版 幕末維新の暗号』 祥伝社、2012年
  • 落合莞爾 『明治維新の極秘計画』 成甲書房、2012年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]