西郷吉二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
西郷 吉二郎
時代 江戸時代末期(幕末
生誕 天保4年(1833年
死没 慶応4年8月14日1868年9月29日
改名 幼名:金次郎
別名 :隆廣
戒名 義勇軒猛道忠逸居士
官位従五位
幕府 江戸幕府
薩摩藩
父母 父:西郷吉兵衛、母:政佐
兄弟 隆盛吉二郎、安、従道小兵衛
先妻:マス(有馬九之丞の娘)
後妻:園(仁礼平蔵の妹)
ミツ(足立幾彦の妻)、隆準
テンプレートを表示

西郷 吉二郎(さいごう きちじろう)は、幕末に活躍した薩摩藩士で、西郷吉兵衛の次男。西郷隆盛の弟で西郷従道の兄。吉二郎は通称で、隆廣

来歴[編集]

1833年天保4年) 西郷吉兵衛次男として薩摩国鹿児島城下の加治屋町に生まれる。1843年(天保14年)8月15日 藩主に初めてお目見え。1852年嘉永5年)9月27日 父の吉兵衛死去。1853年(嘉永6年)2月9日 兄の隆永(のちの西郷隆盛)が家督相続。1854年安政元年) 東郷仲五郎(のちの東郷平八郎)に習字を教える。1857年(安政4年) 当時、御勘定所書役を務めていた。1862年文久2年) 藩から弟の西郷小兵衛とともに遠慮を、もうひとりの弟、信吾(のちの西郷従道)は謹慎処分を命じられる。

1868年慶応4年)番兵2番隊監軍となり、越後国に出兵。1868年(慶応4年)8月14日 戊辰戦争中、越後国五十嵐川付近(現在の新潟県三条市)での戦傷がもとで戦死[1]。葬所は越後高田。

1869年明治2年)11月11日、吉二郎遺族に扶持米70俵を30年限り下賜される。

1916年(大正5年)12月28日、従五位を追贈された[2]

親族[編集]

  • 父:西郷吉兵衛
  • 母:政佐
  • 妻:マス(有馬九之丞の娘。慶応元年(1865年)10月16日死去。法名は玉質貞艶大姉。西郷小兵衛妻とは別人)
  • 後妻:園(仁礼平蔵の妹。明治29年(1896年)11月13日死去。)
  • 子女:1男1女(ミツ《足立幾彦の妻、母は有馬氏》、西郷隆準《父を家祖として明治3年(1870年)閏10月14日に西郷隆盛家より分家す、母は有馬氏。隆盛の長男菊次郎と伯林留学。式部官正六位。》)

余談[編集]

  • 吉二郎は兄の隆盛が沖永良部島流刑中に、沖永良部島の土持政照に手紙を送っており、山田尚二著「西郷吉二郎の、土持政照あて書間」(「敬天愛人」別刷)に掲載された。
  • 吉二郎は江戸に滞在することの多い兄に代わり、西郷家の家政を取り仕切っていたという。兄の名代で藩の記録所に「差出」を提出したりした。
  • 文久2年(1862年)、隆盛が2回目に配流された沖永良部島は終身流刑地で、配流時には知行や家財が没収されたという。西郷家も例外ではなかったが、石高41石余りはこの時までに処分済みだったので影響しなかったという。むしろ、この件で吉二郎をはじめとする兄弟全員が失職したことのほうが響いたという。
  • 隆盛は常に「自分が国家のために、聊かご奉公ができたのは、吉二郎が自分に代わって兄たる責務を果たしてくれたからの事で、自分は年齢の上からの兄で、実際の兄は吉二郎だ」と述懐していたという。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 戊辰戦争役記念碑”. 三条市. 2013年5月19日閲覧。
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.42

参考文献[編集]

  • 宮下満郎「西郷家系図の紹介」(「敬天愛人」第23号別刷、西郷南州顕彰会が出版)、鹿児島県立図書館
  • 「角川日本姓氏歴史人物大辞典49 鹿児島県姓氏家系大辞典」
  • 宮下満郎「庄内と薩摩」(「敬天愛人」第14号別刷、西郷南州顕彰会)
  • 山田尚二「詳説西郷隆盛年譜」(「敬天愛人」第10号特別版別刷、西郷南州顕彰会)
  • 小笠原長生「聖将東郷全傳」
  • 西郷従徳「西郷吉二郎大人」鹿児島県立図書館蔵

登場作品[編集]

テレビドラマ

外部リンク[編集]