市来琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市来 琴いちき こと天保3年(1832年) - 大正2年(1913年))は、薩摩藩市来正之丞の妻。薩摩藩士西郷吉兵衛隆盛の長女。

父の存命中には正之丞に嫁いでいたようだが、嘉永5年(1852年)祖父・父母が相次いで亡くなり、翌々年には兄善兵衛(西郷隆盛)、長弟吉次郎とともに西郷家の家計を支えた。また母の実家の椎原家に並んで市来家は、西郷家にとって親密な縁戚であり、両氏への西郷隆盛の書簡が多々残っている。

弘化4年(1847年)長男嘉納次、嘉永2年(1849年)次男政直安政3年(1856年勘六を生んでいる。正之丞は明治7年に病死している。

登場作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ “18年大河「西郷どん」盟友・大久保利通に瑛太、ヒロインは黒木華”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年3月27日). http://eiga.com/news/20170327/20/ 2017年3月27日閲覧。