軍艦奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

軍艦奉行(ぐんかんぶぎょう)は、江戸時代末期(幕末)に江戸幕府により設置された役職名の事である。

安政6年(1859年)に設置される。幕府海軍を統括し、軍艦の製造・購入や操錬技術者の育成などを管轄する。万延元年(1860年)には咸臨丸を出航させる。

歴代[編集]

参考[編集]