大森曹玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1953年

大森 曹玄(おおもり そうげん、明治37年(1904年) - 平成6年(1994年8月18日)は、臨済宗禅僧。また、直心影流剣術第15代・山田次朗吉の弟子でもあり、直心影流剣術の「法定」の指導も行った[1]山岡鉄舟ゆかりの高歩院の住職を務め、鉄舟についての著書もある。

経歴[編集]

著書[編集]

共著[編集]

編著・訳[編集]

  • 『禅宗四部録訓註』其中堂、1962 
  • 『碧巌録』 克勤  柏樹社,1976.
  • 『 毒語注心経』 白隠 著述 東嶺注解 春秋社,1981.7.

脚注[編集]

  1. ^ 大森曹玄と寺山葛常による法定動画

外部リンク[編集]

先代:
山田無文
花園大学学長
1978-1982
次代:
立花大亀