立花大亀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
立花 大亀
1899年12月22日 - (2005-08-25) 2005年8月25日(105歳没)
大亀宗雄
生地 日本の旗 日本 大阪府堺市
宗旨 臨済宗
宗派 臨済宗大徳寺派
寺院 大徳寺徳善寺南宗寺
清隠道厳
著作 「度胸の据え方」、「利休に帰れ」、「死ぬるも生れるも同じじゃ」他
テンプレートを表示

立花 大亀(たちばな だいき、明治32年(1899年12月22日 - 平成17年(2005年8月25日)は、日本の臨済宗禅僧茶人書家

概略[編集]

明治32年(1899年12月22日大阪府生まれ。菩提寺檀家総代の家に育つ。堺市立実業補習学校卒。

大正10年(1921年)、生まれ育った堺市南宗寺得度し、禅僧として歩み始める。大徳寺塔頭徳禅寺住職を経て、昭和28年(1953年)に大徳寺派宗務総長、さらに管長代務者に就任。昭和43年(1968年)5月、大徳寺511世住持となる。以後、大徳寺最高顧問。昭和48年(1973年)、大徳寺山内に如意庵再興。昭和55年(1980年)、奈良大宇陀に松源院再建。昭和57年(1982年)4月から平成6年(1986年)3月まで、花園大学の学長を務めた[1]

茶道に精通し、茶人書家としても知られていた。また、池田勇人元首相をはじめ、福田赳夫元首相、松下幸之助ら多くの政財界人と交流。禅の教えを元にアドバイスし、「政界の指南役」と言われていた。

平成17年(2005年8月25日、急性肺炎のため死去[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『茶禅論』岡田重次、1939年。 
  • 『人生問答 立花大亀対談集』経済春秋社、1956年。 
  • 『鐘の声』経済春秋社、1957年。 
  • 『人生問答 立花大亀対談集 続』経済春秋社、1960年。 
  • 『人生問答 立花大亀対談集 第3集』経済春秋社、1960年。 
  • 『遊行』経済春秋社、1960年1月。 
  • 『度胸の据え方』実業之日本社、1961年。 
  • 『人として生きる』徳間書店、1970年。 
  • 『禅者のことば』徳間書店、1972年。 
  • 『おのれを生かし人を生かす』主婦の友社、1980年1月。 
  • 『利休に帰れ いま茶の心を問う』主婦の友社、1983年4月。ISBN 4079172826 
  • 『死ぬるも生れるも同じじゃ』PHP研究所、1983年8月。ISBN 4569211186 
  • 『利休の佗び茶』主婦の友社、1989年4月。ISBN 4079297246 
  • 『大亀禅話 1』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 2』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 3』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 4』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 5』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 6』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 7』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 8』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 9』如意庵、2007年8月。 
  • 『大亀禅話 10』如意庵、2007年8月。 
  • 『利休に帰れ いま茶の心を問う』(新装)里文出版、2010年3月。ISBN 9784898063491 
  • 『なぜ、いま禅なのか 「足る」を知れ!』里文出版、2011年4月。ISBN 9784898063699 
  • 『利休の茶を問う』世界文化社、2012年6月。ISBN 9784418125074 

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 建学の精神 花園大学
  2. ^ 「政界の指南役」と言われた禅宗界の長老、死去

外部リンク[編集]

先代
大森曹玄
花園大学学長
1982-1986
次代
盛永宗興