平田精耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平田 精耕(ひらた せいこう、1924年8月26日[1] - 2008年1月9日[2])は、僧、元臨済宗天龍寺派管長・天龍寺住職花園大学名誉教授

略歴[編集]

京都府生まれ。京都大学文学部哲学科卒。本田義英インド哲学久松真一仏教学を学ぶ。1950年天龍僧堂に掛錫、関牧翁に参じる。71年天龍僧堂師家、花園大学教授、92年退任、名誉教授。89年禅文化研究所理事長・所長。91年2月牧翁老死去により天龍寺派管長・天龍寺住職[3]。平成20(2008)年1月9日死去。83歳。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『現代の解脱 自由と禅』(光風社書店,1978年)
  • 『禅からの発想 自由自在に生きる』(主婦の友社・Tomo選書,1979年)
  • 無門関を読む』(柏樹社,1982年)
  • 『禅で生まれ変わる 現代人が失った人間の心をみつめる』(立風書房,1984年)
  • 『提唱臨済録』(柏樹社,1984年)
  • 『活人禅 心を自在にし、生きる力をひきだす』(PHP研究所,1985年)のち文庫
  • 『もっとも楽に自分を生きる あなたがぶつかる難題108問答』(青春出版社プレイブックス,1987年)
  • 『禅語事典 より良き人生への二百五十のことば』(PHP研究所,1988年)
  • 『禅がよくわかる本』(PHP研究所,1989年)
  • 『Zen(禅)に学ぶ人間学』(集英社,1989年)
  • 『一切は空 般若心経金剛般若経』(集英社文庫,1991年)
  • 『雪月花つれづれ』(禅文化研究所,1992年)

共著など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平田精耕コトバンク
  2. ^ 天龍寺派管長の平田精耕さん死去asahi.com
  3. ^ 著者紹介紀伊國屋書店