無門関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無門関(むもんかん、無門關)は、中国宋代無門慧開によって編集された公案集である。

無門関には48もの公案が無門慧開によって様々な語録から選ばれ、それぞれに頌と評唱が付けられ、看話禅では必ず使用されるテキストであり、特に最初の「趙州狗子(狗子仏性、趙州無字)」の公案は、「犬にも仏性はあるか」に対し、「無」と答えた、というだけの内容であるが、禅者が最初に与えられる課題であり、これを解くのに3年はかかるといわれているほどの難問である。 中世においてはそれほど注目されなかったものの、江戸期に脚光を浴びるようになり、現在においても盛んに提唱されている。

羊頭を懸けて狗肉を売る羊頭狗肉)」の句は本書による。

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]