白隠慧鶴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白隠
1686年1月19日 - 1769年1月18日
円窓内自画像 永青文庫蔵 明和元年(1764年)白隠80歳の自画像
諡号 神機独妙禅師
正宗国師
生地 駿河国
没地  
宗派 臨済宗
道鏡慧端
著作 夜船閑話
坐禅和讃
白隠慧鶴筆『達磨図』。「直指人心(じきしにんしん)、見性成佛(けんしょうじょうぶつ)」とある

白隠 慧鶴(はくいん えかく、1686年1月19日貞享2年12月25日) - 1769年1月18日明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期禅僧である。は神機独妙禅師、正宗国師。

生涯[編集]

駿河国原宿(現・静岡県沼津市原)にあった長沢家の三男として生まれた白隠は、15歳で出家して諸国を行脚して修行を重ね、24歳の時に鐘の音を聞いて見性体験するも増長して、信濃長野県飯山正受老人(道鏡慧端)にあなぐら禅坊主と厳しい指弾され、その指導を受けて修行を続け、老婆に箒で叩き回されて次の階梯の悟りを得る。のちに禅修行のやり過ぎで禅病となるも、白幽子という仙人より「内観の秘法」を授かって回復した。その白幽子の机上には只『中庸』『老子』『金剛般若経』のみが置かれていたという。更に修行を進め、42歳の時にコオロギの声を聴いて仏法の悟りを完成した。

この経験から禅を行うと起こる禅病を治す治療法を考案し、多くの若い修行僧を救った。 「内観の秘法」は気功でいう気海丹田式の功法に相当するものであり、またこれは天台小止観と同じとも言っている。 他にも「軟酥の法」を教授している。

また他の宗門を兼ねて修道すべきではないと戒めている。これは他の宗門を排除するためではなく、それぞれの宗門を修めることがそれぞれに成道することに繋がると捉えているからである。 浄土門は浄土門として認め、真正念仏の人という話もしている。 また妙法蓮華の話もしている。

地元に帰って布教を続け、曹洞宗黄檗宗と比較して衰退していた臨済宗を復興させ、「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とまで謳われた。 現在も、臨済宗十四派は全て白隠を中興としているため、彼の著した「坐禅和讃」を坐禅の折に読誦する。

現在、墓は原の松蔭寺にあって、県指定史跡となり、彼の描いた禅画も多数保存されている。

略歴[編集]

思想[編集]

彼は初めて悟りの後の修行(悟後の修行)の重要性を説き、生涯に三六回の悟りを開いたと自称した。その飽くなき求道精神は「大悟十八度、小悟数知らず」という言葉に表象され、現代に伝わっている。また、これまでの語録を再編して公案を洗練させ、体系化した。中でも自ら考案した「隻手音声」と最初の見性体験をした「趙州無字」の問いを、公案の最初の入り口に置き、以後の修行者に必ず参究するようにさせた。

また、菩提心(四弘誓願)の大切さを説いた。菩提心の無き修行者は「魔道に落ちる」と、自身の著作に綴っている。彼は生涯において、この四弘誓願を貫き通し、民衆の教化および弟子を育てた。

禅画と墨蹟[編集]

白隠はまた、広く民衆への布教に務め、その過程で禅の教えを表した絵を数多く描いたことでも知られる。その総数は定かではないが、1万点かそれ以上とも言われる[2]。絵はおそらく独学と思われるが、製作年がわかる最も早い作である「達磨図」(個人蔵、享保4年(1719年))ではすでに巧みな画技を見せている。しかし、技巧を拒否するような白隠独自の表現が、縦220cm以上にも及ぶ大作「達磨図」(豊橋市正宗寺、寛延4年(1751年))あたりから見え始める。

代表作の一つ「大燈国師像」(永青文庫蔵)では、両手のデッサンは狂い、両足の位置もおかしく、身を包む衣や笠は平板で稚拙な線の寄せ集めで、紙面には下書きや描き直しの跡が残る。しかし、これらの写実性を欠く描写が厳しく恐ろしい顔貌表現と併置されることで、現実の肉体を超越した精神の限りない気高さを表象している。このような拙によって巧を超え、醜を転じて聖となす、殆ど絵画の反則技とも言える技法は、後の曾我蕭白などに強い感銘を与えたと想像できる[3]。これに近い評は白隠の墨蹟にも存在する。書家の石川九楊は、「書法の失調」を捉え、「書でなくなることによって書である」という逆説によって成り立っている書ならざる書と評している[4]

白隠の書画の代表的コレクターに、細川護立山本発次郎がおり、前者のコレクション永青文庫に収められ、後者は大阪市立近代美術館建設準備室寄贈されている。

主要な著作[編集]

漢文で書かれた禅の専門書[編集]

  • 『槐安国語』(かいあんこくご) 五巻
  • 『荊叢毒蘂』(けいそうどくずい) 九巻
  • 『寒山詩闡堤記聞』(かんざんしせんだいきもん) 三巻
  • 『息耕録開演普説』(そくこうろくかいえんふせつ)
  • 『宝鑑貽照』(ほうかんたいしょう)
  • 『毒語心経』(どくごしんきょう)
  • 『寒林貽宝』(かんりんたいほう)

漢文口調の文語体のもの[編集]

  • 『夜船閑話』(やせんかんな) 二巻
  • 『遠羅天釜』(おらてがま) 五篇
  • 『壁生草』(( いつまでぐさ ) 二巻
  • 『八重葎』(やえむぐら) 二巻
  • 『藪柑子』(やぶこうじ)
  • 『辺鄙以知吾』(へびいちご)
  • 『於仁安佐美』(おにあざみ)

仮名文字や、歌物語風の法話・小唄[編集]

  • 坐禅和讃』(ざぜんわさん)
  • 『子守唄』
  • 『おたふ女郎粉引歌』
  • 『大道ちょぼくれ』
  • 『草取歌』
  • 『御代の腹鼓』(みよのはらつづみ)
  • 『謎謎』

脚注[編集]

  1. ^ 秋月龍珉『白隠禅師』河出書房新社、2013年
  2. ^ ユーモラスで深いメッセージが込められた、白隠の書画に注目! 「白隠展 HAKUIN 禅画に込められたメッセージ」 - OZmall 2012年12月23日
  3. ^ 佐藤康宏「江戸美術の畸人たち」、『美術史論叢』東京大学大学院人文社会系研究科・文学部美術史研究室、24号、2008年 22-23頁。
  4. ^ 石川九楊 「書ならざる書 白隠「巌頭和尚語」」『日本書史』 名古屋大学出版会、2001年、495-501頁。ISBN 4-8158-0405-2

参考文献[編集]

  • 秋月龍珉『白隠禅師』河出書房新社、2013年。
  • 佐藤康宏「江戸美術の畸人たち」、『美術史論叢』東京大学大学院人文社会系研究科・文学部美術史研究室、24号、2008年。
  • 石川九楊『日本書史』名古屋大学出版会、2001年。
  • 直木公彦『白隠禅師――健康法と逸話』日本教文社、1975年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]