山本玄峰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山本 玄峰
1866年3月14日 - 1961年6月3日
岡本芳吉(俗名)
法名 玄峰
般若窟
生地 和歌山県東牟婁郡四村
没地 静岡県三島市
宗旨 臨済宗
宗派 妙心寺派
寺院 龍沢寺
山本太玄
弟子 中川宗淵田中清玄
著作 無門関提唱』
山本玄峰の胸像(雪蹊寺

山本 玄峰(やまもと げんぽう、慶応2年1月28日1866年3月14日) - 昭和36年(1961年6月3日)は、和歌山県本宮町生まれの禅僧昭和において多くの著名人が参禅に訪れた静岡県三島市龍沢寺住職として有名。鈴木貫太郎に終戦を勧め、戦後も象徴天皇制を鋭く示唆する。

生涯[編集]

和歌山県東牟婁郡四村(現・田辺市本宮町)の湯の峰温泉旅館・芳野屋(現・あづまや旅館)で生まれた。産まれた後旅館の前にに入れて捨てられていた乳児を、渡瀬の岡本善蔵・とみえ夫妻が拾い、養子にして岡本芳吉と名付けた。幼少期は暴れん坊で勘が鋭かったため、「感応丸」と呼ばれた。

十代前半の頃から流しなど肉体労働に従事し、17歳の頃に結婚して岡本家を継いだが、1887年に目を患い失明(わずかに光は感ずることができたという)したため、弟に家督を譲って四国八十八箇所の霊場巡りに旅立つ。素足で巡礼をしていたという逸話がある。7回目の遍路の途上高知県雪蹊寺の門前で行き倒れとなったところを山本太玄和尚に助けられ、寺男として働き始める。その勤勉振りを買った太玄和尚に入門を勧められて修行を始め、後にその養子になった後、雪蹊寺の住職となる。

その後、全国をまわって修行を続け、龍沢寺松蔭寺瑞雲寺など白隠慧鶴の古刹を再興した。1926年からアメリカイギリスドイツインドなど諸外国への訪問を開始する。帰国後に推薦を受けて臨済宗妙心寺派の管長となり、後に龍沢寺の住職となる。

1945年終戦の詔勅にある「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言を進言したり、天皇を国家の「象徴」と定義する(象徴天皇制)よう発案するなど、鈴木貫太郎首相などの相談役なども努めた。

1961年6月3日静岡県三島市の龍沢寺自坊で96歳をもって断食、遷化した。葬儀には外遊中の池田勇人首相の名代として大平正芳官房長官などが列席した。

弟子に中川宗淵田中清玄がいる。

多くは文字を知らなかったとされるが豪傑として知られ、その姿を見た剣の達人は「あの人は斬れない。衣と体がひとつになっている。ああいう人は斬れない」と周囲に洩らしたという話がある。

著作[編集]

 玄峰本人の録音版で「大法輪仏教文庫カセット」でも刊行された。品切れ
評伝・回想
  • 高木蒼梧編 『玄峰老師』 (大法輪閣、2009年)
  • 帯金充利 『再来 山本玄峰伝』 (大法輪閣、2002年)
  • 玉置弁吉 『回想山本玄峰』  (春秋社、1974年、新版1986年)
  • ※『田中清玄自伝』に回想がある。インタビュアーは大須賀瑞夫
文藝春秋、1993年、ちくま文庫 2008年)

外部リンク[編集]