狗子仏性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狗子仏性(くしぶっしょう)は、の代表的な公案のひとつ。 『従容録』第十八則では「趙州狗子」。「趙州無字」とも言う。

無門関[編集]

無門関』による

一人の趙州和尚に問うた。

「狗子に還って仏性有りや無しや」(大意:にも仏性があるでしょうか?)

趙州和尚は答えた。

「無」

五燈会元[編集]

なお、中国代の禅書『五燈会元』(ごとうえげん)の第4には、この続きが書かれている。

僧はまた問うた。

「上は諸仏より下は螻蟻に至るまで皆仏性あり、狗子甚麼として却て無きや」 (大意:あらゆるものに仏性はあるとされるのに、なぜ犬にはないのでしょうか?)

趙州和尚はまた答えた。

「尹(かれ)に業識性の在るが為なり」 (大意:欲しい、惜しい、憎いなどの煩悩があるからだ。)

僧は更に問うた。

「既に是れ仏性、什麼としてか這箇の皮袋裏に撞入するや」 (大意:仏性があるならなぜ犬は畜生の姿のままなのでしょうか?)

趙州和尚は更に答えた。

「他の知って故らに犯すが為なり」 (大意:自他ともに仏性があることを知りながら、悪行を為すが故である。)

東洋思想[編集]

原典の『従容録』では、単純に「犬に仏性は無い」という答えである。

しかしこれを公案として観ずると、この答えは「有(ある)」「無(ない)」という単純な二元論を超越した維摩経における不二法門に通ずる絶対的な無(Null)であると解される。これによって後の諸家は、趙州の「無」の一言で自身の仏性を露見させ現じた、とする。

この解釈によって、狗子仏性の公案は東洋思想を代表するひとつ、また禅問答の典型として、世界の思想界に知られることになった。