古田紹欽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古田 紹欽(ふるた しょうきん、1911年5月22日 - 2001年1月31日)は仏教を思想面から研究した日本仏教学者(文学博士)。

岐阜県山県郡下伊自良村大森(現在の山県市大森)に生まれる。父の死後に東光寺、後に慈恩寺で生活し、東京大学文学部印度哲学梵文学科に進学する。卒業後は鈴木大拙に師事した。

の思想的研究を進め、特に禅僧の問答集である語録の研究に専念した。北海道大学教授を経て、日本大学教授を歴任し、鈴木大拙の没後は財団法人松ヶ岡文庫の文庫長を継いだ。

他に出光美術館、日本宗教学会、日本印度学仏教学会の理事を歴任した。師・鈴木大拙の『全集』や「回想・伝記」を始め、禅宗の関連出版で久松真一柳田聖山鎌田茂雄と並び、編集委員を多く務めた。

略歴[編集]

  • 1911年 岐阜県山県郡伊自良村に誕生
  • 1936年 東京大学文学部印度哲学梵文学科を卒業
  • 北海道大学教授に就任
  • 日本大学教授(文理学部哲学科)に就任
  • 1966年 松ヶ岡文庫長(鎌倉東慶寺そば)に就任
  • 2001年 示寂

受賞歴[編集]

主な著作[編集]

著作集[編集]

  • 『古田紹欽著作集』 (全14巻、講談社、1980-81年)
    • 1 日本仏教思想史
    • 2 禅宗史研究
    • 3 日本の禅思想
    • 4 正法眼蔵の研究
    • 5 近世の禅者
    • 6 禅僧の生死
    • 7 禅と日本文化
    • 8 禅茶の世界
    • 9 禅と芸術
    • 10 仏教と文学
    • 11 求道者の心
    • 12 禅と浄土
    • 13 人間と宗教 
    • 14 百道庵閑話

論文[編集]

記念論集[編集]

  • 『仏教の歴史的展開に見る諸形態 - 古田紹欽博士古稀記念論集 - 』(創文社1981年)、詳しい紹介がある。

外部リンク[編集]