南浦紹明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
南浦紹明
1235年 - 1309年
南浦紹明像 狩野永岳
諡号 円通大応国師
生地 駿河国安倍郡
宗派 臨済宗
寺院 建穂寺建長寺興徳寺崇福寺万寿寺
蘭渓道隆虚堂智愚
弟子 宗峰妙超恭翁運良
著作 無相大師遺誡

南浦 紹明(なんぽ しょうみょう、嘉禎元年(1235年) - 延慶元年12月29日1309年2月9日))は、鎌倉時代臨済宗。出自については不詳であるが、駿河国安倍郡の出身。紹明(「しょうみょう」とも「じょうみん」ともよむ)、道号南浦。勅諡号は円通大応国師

生涯[ソースを編集]

幼くして故郷駿河国の建穂寺に学び、1249年建長元年)鎌倉建長寺蘭渓道隆に参禅した。1259年正元元年)に渡って、虚堂智愚の法を継いだ。1267年文永4年)日本に帰国して建長寺に戻り、その後は1270年文永7年)筑前国興徳寺、1272年(文永9年)、博多崇福寺の住持をつとめた。1304年嘉元2年)後宇多上皇の招きにより上洛し万寿寺に入る。1307年徳治2年)鎌倉に戻り建長寺の住持となったが、1309年(延慶元年)に75歳で死去した。門下には宗峰妙超(大燈国師)、恭翁運良などがいる。

没後の延慶2年(1309年)、後宇多上皇から「円通大応」の国師号が贈られたが、これは日本における禅僧に対する国師号の最初である。南浦紹明(大応国師)から宗峰妙超(大灯国師)を経て関山慧玄へ続く法系を「応灯関」といい、現在、日本臨済宗はみなこの法系に属する。

伝記・著作[ソースを編集]

  • 荒木見悟著・訳 『禅入門3 大応 語録』 講談社、1994年(平成6年)
     初版(上版は一部改訂) 『日本の禅語録.第3巻 大応』 同、1978年(昭和53年)
     選書判(抄録版) 『禅の古典2 大応国師語録』 同、1982年(昭和57年)