久松真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

久松 真一(ひさまつ しんいち、1889年6月5日 - 1980年2月27日)は、日本の哲学者仏教学者。旧姓は大野。号は抱石庵。

生涯[編集]

岐阜県岐阜市出身。1912年京都帝国大学哲学科に入学。西田幾多郎の哲学、鈴木大拙の禅学に影響を受け、東洋哲学、仏教、日本思想を研究した。1919年臨済宗大学(現・花園大学)教授、1929年龍谷大学教授を兼ねる。1941年京都大学心茶会設立。戦後1946年京都帝国大学教授、京都大学教授を務め、1953年に大学定年後、京都市立美術大学教授を務めた。1974年に岐阜市長良福光に移居。1980年に同地にて没。FAS協会代表を務める。

著書[編集]

  • 『東洋的無』弘文堂、1939 のち講談社学術文庫
  • 『起信の課題』弘文堂書房、1947
  • 『茶の精神』弘文堂(アテネ文庫)1948 「茶道の哲学」講談社学術文庫
  • 『絶対主体道』弘文堂書房、1948
  • 『人間の真実存』法藏館・新書、1951
  • 『本當の自己にめざめる』花園大學出版部、1951
  • 『禅と美術』墨美社、1958
  • 久松真一著作集』全8巻 理想社、1969-80
  • 『総不可道 FAS禅 久松抱石先生提唱』後近代体究所、1980
  • 『無神論』法藏館、1981
  • 『墨海 久松真一の書』一燈園燈影舎、1982
  • 『わびの茶道』一灯園灯影舎、1987
  • 『久松真一仏教講義』全4巻 法藏館、1990-91
  • 『久松真一著作集』第9巻 増補 法藏館、1996

共編著[編集]

  • 『禅の本質と人間の真理』西谷啓治共編 創文社、1969
  • 『鈴木大拙 人と思想』山口益・古田紹欽共編 岩波書店、1971
  • 『覚の宗教』八木誠一対談 春秋社、1980

論文[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]