勝精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勝 精
かつ くわし
伯爵
Kuwashi Katsu.jpg
出生 1888年8月23日
死去 (1932-07-11) 1932年7月11日(43歳没)
配偶者 勝伊代子
子女 朽木道子筧善子石野静子佐々木中子藤田当子勝芳孝
父親 徳川慶喜(父)、勝小鹿(養父)
母親 新村信(母)
テンプレートを表示

勝 精(かつ くわし、1888年明治21年〉8月23日 - 1932年昭和7年〉7月11日)は、日本華族実業家爵位伯爵。旧姓は徳川(とくがわ)。

略歴[編集]

1888年明治21年)8月23日徳川慶喜の十男として誕生。母は新村信。石工の望月宗兵衛のもとに預けられる。1892年(明治25年)2月8日勝海舟は嫡子小鹿が早世したため、徳川慶喜・家達に精との養子縁組を申し入れる。同年2月14日、徳川慶喜は精の養子入りを承諾した。1897年(明治30年)9月、兄とともに精は静岡から東京に移り、学習院初等学科に入学した。

1899年(明治32年)1月20日、精は勝小鹿の娘である伊代子の婿として、勝家に入った。養父海舟の死去に伴い、同年2月8日に家督を相続し、伯爵を授爵する[1]。1902年(明治35年)7月、学習院初等学科を卒業し、慶應義塾に転校する。慶應義塾大学を卒業後、オリエンタル写真工業浅野セメントなどの重役を歴任した。

精は家庭的には一男五女をもうけたが、妻の伊代子が1922年大正11年)5月7日に他界、その後はを作り大っぴらに遊んだという。1932年昭和7年)7月11日に死亡する。死因は当初脳溢血とされたが、後に妾とカルモチンで心中自殺したと報道された[2]。墓所は、東京都台東区谷中墓地であり、実父である徳川慶喜の墓所のすぐ近くである。

子女は道子(子爵朽木綱博[3]夫人)、善子(筧元貞夫人)、静子(子爵石野基恒夫人)、中子(子爵戸田忠和夫人、のち佐々木弘治夫人)、当子(男爵藤田光一夫人)、勝芳孝[4][5]。家督は長男である芳孝が継いで襲爵した[6]

人物[編集]

写真やビリヤード、特に銃猟投網など多趣味で知られ交友関係も広く、独自に自動ドアを発明するなど、華族としては型破りの性格であったという。当時、発売されたばかりのオートバイハーレーダビッドソン)に興味を持ち、小さな鉄工所を屋敷内に設け、1923年(大正12年)に1000ccの排気量を持つ国産オートバイ「ジャイアント号」を製作させた。後に鉄工所のメンバーは目黒製作所(後に川崎重工業に吸収)を設立したことから、現在のカワサキ車の起源を造った一人とも言われている。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 海舟の死後、伊代子が家督を相続し、勝家は女戸主となったため、爵位返上となっていた。伊代子は1月28日に隠居し、精が家督を相続したことで、2月8日に改めて伯爵が特授された。
  2. ^ 千田[2005]
  3. ^ 徳川慶喜の五男池田仲博の次男であり、道子の従兄弟に当たる。
  4. ^ 勝部[2009]
  5. ^ 霞会館[1996: 424]
  6. ^ 石井妙子[要曖昧さ回避]現代の家系――勝栄二郎――『勝海舟の子孫説』を追う」、『文藝春秋』第90巻第9号、文藝春秋2002年6月1日、 366頁。
  7. ^ 『官報』第7556号「叙任及辞令」1908年9月1日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年、424頁。
  • 勝部真長『勝海舟』PHP研究所、2009年。
  • 千田稔『明治・大正・昭和華族事件録』新潮社〈新潮文庫〉、2005年。

関連項目[編集]

爵位
先代:
勝安芳
伯爵
勝家第2代
1899年 - 1932年
次代:
勝芳孝